第二楽章 2017 ココ ファーム ワイナリー 赤ワイン tp 安い,大人気

■ワイナリー資料より抜粋■ 『2017第二楽章』 は マスカット・べーリーA種 の赤ワインです。 佐野市赤見と田島町の新しい畑テラスヴィンヤード、 二つの畑の完熟を待って収穫したぶどう からつくりました。 このブドウを野生酵母で発酵させ熟成させて、 無清澄 、 無濾過 で瓶詰めしました。 豊かな花の香り 、 スパイス 、 果実味 など、この葡萄の特徴がよく表われたワインになりました。 澱が舞わぬよう、グラスにゆっくりと注ぎ、お楽しみください。 色々な楽曲の第二楽章に、 たおやかな名曲 が多いことを思い出して頂けるような赤ワインです。 INFORMATIONNameThe Second Movement Coco Farm & Wineryブドウ品種マスカット・ベーリーA生産者名ココ ファーム ワイナリー産地日本/栃木県/足利市RegionJapan/Tochigi/Ashikaga内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 第二楽章 2017 ココ ファーム ワイナリー 赤ワイン tp 安い,大人気

プリマベーラ シャルドネ 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン S 限定セール,正規品

■ワイナリーHPより抜粋■ 柑橘系 や 青リンゴ の香り、 フルーツ感のあふれるさわやかな白ワイン シャルドネのフレッシュな果実味や酸を素直に引き出し、 プリマベーラ(新緑) のようなさわやかな白ワインを造り上げました。 柑橘系の青リンゴの香り が清々しく、ボディ感は中程度の素直でバランスのよいワインです。 生産本数: 3,232本 長野県原産地呼称管理制度認定ワイン INFORMATIONNamePrimavera Chardonney Villa d'Est Wineryブドウ品種シャルドネ生産者名ヴィラデスト ワイナリー産地日本/長野県/東御市RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! プリマベーラ シャルドネ 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン S 限定セール,正規品

キスヴィン シラー ロゼ 2017 ロゼワイン S 送料無料,セール

■ワイナリー資料より抜粋■ ヴィンテージ: 2017 生産本数: 47 ケース(12 本入り) 栽培地: 山梨県甲州市塩山地区 品種: シラー 土壌: 粘土質 平均樹齢: 15 年 栽培: 棚仕立 一文字短梢 収穫日: 2017 年9 月9・10・11 日 発酵: ステンレスタンク発酵 マロラクティック発酵なし 熟成: 約3 ヶ月間 瓶詰: 2017 年12 月 内容量: 750ml アルコール: 12.5% 栽培責任者: 荻原康弘 醸造責任者: 斎藤まゆ シラー単一品種のロゼ。2017 年も引き続き はつらつとして品のあるロゼを届けたい という想いで仕上げられており、晴れた浜辺で打ち寄せる波、そこで海を眺めながら飲まれるワインというイメージを持って造られた。 瑞々しい赤や桃色の果実の香り にシラー特有の ほのかなスパイス を纏う。やや穏やかめの酸味、チャーミングかつ芯の通ったボディ。 滑らかで丸いアルコール感 。 上質なタンニン の抽出が余韻となって続く。 豚肉のロースト、真鯛のグリルなど少し焼き目のある料理とおすすめ。カリッとした焦げ目にピタリと寄り添う。 INFORMATIONNameKisvin Syrah Roseブドウ品種シラー生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山梨県/甲州市塩山RegionJapan/Yamanashi/Koshu Enzan内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン シラー ロゼ 2017 ロゼワイン S 送料無料,セール

花 大阪カベルネ ソーヴィニヨン 仲村わいん工房720ml 赤ワイン 定番人気

『癖になる味わい!』 こちらも、 『日本でこんなカベルネ・ソーヴィニヨンが出来るの?』 と、嬉しい驚きをくれる1本。 マッチョじゃないのに、旨みいっぱいな美味しさは、 癖になる味わいです! 【ブドウ品種】カベルネソーヴィニヨン95%/ミツオ・レッド種5%のブレンド ■ワイン名(原語)/Flower Osaka Cabernet Sauvignon NV Nakamura Wine Factory ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/カベルネソーヴィニヨン95%/ミツオ・レッド種5%のブレンド ■生産者名/仲村わいん工房 ■産地/日本/大阪府 ■原産地呼称/ ■生産年/NV ■内容量/720ml 造り手の努力により、年々魅力的なワインが増えている、日本ワイン。 そんな中でも、私達が、ぜひ皆様にご紹介したかったワインが、入荷しました! そのワインとは、大阪府羽曳野市で自社畑100%のドメーヌ・スタイルでワインを手掛ける、仲村わいん工房のワイン達です! 初めてそのワインを飲んだ時… と、驚きを隠せませんでした。 果実味が充実し、ちゃんと飲み応えがありながら、のど越しよく、まとまりがあり、ついついグラスが進む美味しさだったのです。 さらに、 という、なんとも斬新なワインのネーミングにも、興味がわかない訳がありません(笑) タカムラの所在地と同じ大阪府で、こんな魅力的なワインが生まれている事に、不思議な感覚と嬉しさがこみあげてきました♪ そんな訳で、まずは畑を訪問。 軽トラまでのサイズでしか登れない細い山道を、どんどん登って行った先にたどり着いたのは、見渡す限り自然に囲まれた、山の谷間。 山の空気に満ちた、人里離れた場所でした。 気を付けないと、転びそうな斜面もあるその場所に植えられているのは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとした品種が植えられています。 そして、山を降りて、お邪魔したワイナリーは、名実ともに、ガレージ・ワイナリー(笑) そんなガレージの中は、体の向きを変えて横歩きしないと通れないような場所もある中、手作りの機械などが置かれ、『選果は、ココで。』と、指差された場所は、ただの台でした(笑) でも、ここであの、ついついグラスを重ねたくなるワインが生まれるのです! ある意味、ワイナリーにお邪魔して、ますます謎は深まるばかり…(笑) そうなると、造り手の仲村さんにお会うしかない! その思い叶い、初めてお会いした時から、今までに何度かお会いしていますが、お互い、毎回、ワインの話が、お互い止まりません(笑) 実はこのワイン、大阪だけでなく、 以前、日本を代表する一流ソムリエの方とご一緒した際、仲村さんのワインを飲んだのですが、その際も、ソムリエの方が、大阪のワインと知り、驚かれていました。 そんなワインを、ついに皆様にご紹介する日がやってきました! 飲めば納得の美味しさ、大阪府羽曳野市のドメーヌ、仲村わいん工房です!! 花 大阪カベルネ ソーヴィニヨン 仲村わいん工房720ml 赤ワイン 定番人気

マスカット ベーリーA フレンチ オーク 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ 赤ワイン S セール,豊富な

フレンチオーク樽で! 今回ご紹介するのは、マスカット・ベーリーA3種。 赤は仕込む樽が違います 。 フレンチ オークの方が樽の調和の仕方、表現の感じが控えめですが、 樽熟成を経たからこその味わいの深み、+αのニュアンス を感じます。 修行中にも様々な経験をしたからこそ成し得る、 樽違いキュベ 。 両方気になる方は、お早めに! ■ワイナリー資料より抜粋■ 地区:山梨県韮崎市上ノ山地区 品種: マスカット・ベーリーA 平均樹齢:20年 ブドウ栽培:サステイナブル農法 醸造・熟成: フレンチオーク樽(全房発酵100%)、樹脂タンク(全房発酵20%)で醸した後、 フレンチオーク樽にて樽発酵 、マロラクティック発酵を行った。 二年半樽熟成。瓶内熟成半年。 INFORMATIONNameMuscat Bailey A French Oak Domaine des Tengeijisブドウ品種マスカット ベーリーA生産者名ドメーヌ デ テンゲイジ産地日本/山梨県/韮崎市上ノ山地区RegionJapan/Yamanashi/Nirasaki-shi Uenoyama内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating その名は、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》。 ワインメーカー天花寺(テンゲイジ)弓子さんが満を持してスタートした、ご自身のワイナリーです。 実は天花寺さんとの出会いは、もう10年以上前。とある輸入元さんで働いていらっしゃった時でした。 まだ、日本ワインが注目を浴びる前の事です。 この時既に『ワイン造りに関わりたい。』との志をもっていらっしゃった天花寺さん。ご覧のように、華奢な方なので、ある時、会社を退職、大学で醸造学を学び始めると聞いた時は『本気だったんだ。』と、驚きとともに、陰ながら応援する以外ありませんでした。 その後、『今、あそこで働いているらしい。』など、時々風の噂でその様子を伺うも、そう会える機会もなく、月日は過ぎて行きました。 実は彼女、大学を卒業後、日本のワイナリーで働くなどしたのち、海外でのワイナリー勤務も経験。現地で起きたとある出来事がきっかけが、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》のワインのスタイルを確立する大きなきっかけになったのだそうです。 そして、今回、彼女はそのワインとともに、私たちの前に現れたのです! 『海外のワイナリーで勤務していた際、生産者同士でワインを持ち寄る機会があったんです。 私はやっぱり日本ワイン、マスカット・ベーリーAを皆に飲んでもらおうと思って持参したのですが、マスカット・ベーリーAに出やすいフォクシー・フレーバー(独特の甘い香り)を酷評されたのです。 それが悔しくて、世界に通じるマスカット・ベーリーAを造りたいと強く思うようになりました。 そして、色々試行錯誤を重ねた結果、辿り着いたのがこのスタイルです。』 目の前に置かれたのは、マスカット・ベーリーAキュベ違い3種。 実は上記の説明を伺うまでに『まず試飲を』と勧められ味わったのですが、どのワインも。味わいが充実していながら洗練されたスタイルに驚かされました。 もちろん、フォクシー・フレーバーが表に出ることなく、エレガントさを携えたその美味しさに、日本ワインのさらなる可能性を感じたのは、言うまでもありません! 今、日本ワインの造り手が増えていますが、まだ日本ワインが注目を集める前から『ワイン造りに関わりたい。手掛けたい。』との思いを叶えるために、着実に努力し、そのキャリアと経験を積み重ねて来たからこその結果が、ボトルの中に詰まっていました。 今後別の品種もリリースしていく予定ですが、ブドウ栽培から手がけるドメーヌ・デ・テンゲイジのワインは、まだまだ生産量が少なく、各キュベのご紹介は限られると思います。 『上質であること、環境に優しいこと、それがずっとであること』 そんな思いを形にした、ドメーヌ テンゲイジ、ついに発売です! マスカット ベーリーA フレンチ オーク 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ 赤ワイン S セール,豊富な

キスヴィン甲州スパークリング 2017 泡 白 S 定番,得価

INFORMATIONNameKisvin Koshu Sparklingブドウ品種甲州生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山梨県/甲州RegionJapan/Yamanashi/Koshu内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン甲州スパークリング 2017 泡 白 S 定番,得価

マスカット ベーリーA ロゼ 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ ロゼワイン S お買い得,大得価

伸びやかな魅力♪ こちらはロゼです! ロゼとしては結構色がしっかりしていますが、一口味わえば、 ロゼならではの伸びやかな魅力 にきっと魅了されると思います♪ ■ワイナリー資料より抜粋■ 地区:山梨県韮崎市上ノ山地区 品種: マスカット・ベーリーA 平均樹齢:20年 ブドウ栽培:サステイナブル農法 醸造・熟成: 除梗破砕直後にセニエを行い、ステンレスタンクにて低温発酵。発酵後、フレンチオーク樽にて、マロラクティック発酵を行った。 二年半樽熟成。瓶内熟成半年。 INFORMATIONNameMuscat Bailey A Rose Domaine des Tengeijisブドウ品種マスカット ベーリーA生産者名ドメーヌ デ テンゲイジ産地日本/山梨県/韮崎市上ノ山地区RegionJapan/Yamanashi/Nirasaki-shi Uenoyama内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating その名は、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》。 ワインメーカー天花寺(テンゲイジ)弓子さんが満を持してスタートした、ご自身のワイナリーです。 実は天花寺さんとの出会いは、もう10年以上前。とある輸入元さんで働いていらっしゃった時でした。 まだ、日本ワインが注目を浴びる前の事です。 この時既に『ワイン造りに関わりたい。』との志をもっていらっしゃった天花寺さん。ご覧のように、華奢な方なので、ある時、会社を退職、大学で醸造学を学び始めると聞いた時は『本気だったんだ。』と、驚きとともに、陰ながら応援する以外ありませんでした。 その後、『今、あそこで働いているらしい。』など、時々風の噂でその様子を伺うも、そう会える機会もなく、月日は過ぎて行きました。 実は彼女、大学を卒業後、日本のワイナリーで働くなどしたのち、海外でのワイナリー勤務も経験。現地で起きたとある出来事がきっかけが、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》のワインのスタイルを確立する大きなきっかけになったのだそうです。 そして、今回、彼女はそのワインとともに、私たちの前に現れたのです! 『海外のワイナリーで勤務していた際、生産者同士でワインを持ち寄る機会があったんです。 私はやっぱり日本ワイン、マスカット・ベーリーAを皆に飲んでもらおうと思って持参したのですが、マスカット・ベーリーAに出やすいフォクシー・フレーバー(独特の甘い香り)を酷評されたのです。 それが悔しくて、世界に通じるマスカット・ベーリーAを造りたいと強く思うようになりました。 そして、色々試行錯誤を重ねた結果、辿り着いたのがこのスタイルです。』 目の前に置かれたのは、マスカット・ベーリーAキュベ違い3種。 実は上記の説明を伺うまでに『まず試飲を』と勧められ味わったのですが、どのワインも。味わいが充実していながら洗練されたスタイルに驚かされました。 もちろん、フォクシー・フレーバーが表に出ることなく、エレガントさを携えたその美味しさに、日本ワインのさらなる可能性を感じたのは、言うまでもありません! 今、日本ワインの造り手が増えていますが、まだ日本ワインが注目を集める前から『ワイン造りに関わりたい。手掛けたい。』との思いを叶えるために、着実に努力し、そのキャリアと経験を積み重ねて来たからこその結果が、ボトルの中に詰まっていました。 今後別の品種もリリースしていく予定ですが、ブドウ栽培から手がけるドメーヌ・デ・テンゲイジのワインは、まだまだ生産量が少なく、各キュベのご紹介は限られると思います。 『上質であること、環境に優しいこと、それがずっとであること』 そんな思いを形にした、ドメーヌ テンゲイジ、ついに発売です! マスカット ベーリーA ロゼ 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ ロゼワイン S お買い得,大得価

ヒップホップ ミックス 2018 イエロー マジック ワイナリー 泡 ロゼ S 新品,最新作

■ワイナリー資料より抜粋■ 山形県南陽市産デラウエア を4週間MC【 マセラシオン・カルボニック (破砕した果実と全房を交互にタンク内にてミルフィーユ状に重ね、密封状態のまま自然発酵させる醸し (僕なりのオレンジワイン製法のひとつ) その後搾汁)】させた醪の中にスチューベンを3割ほど投入し混醸醸しを行った(二段仕込み)。 その後瓶内二次発酵させた。この二段仕込みにより、MCの デラウエアの旨味感 と 芳しいスチューベンのベリー香 を引き立てられ、 アルコール12%のしっかり感じられるハジける泡感の「微発泡ワイン」 が楽しめるでしょう。音楽の「HipHop」のように自然に「お尻浮き」が感じられるのが「HipHop」シリーズです。ぼくが長年作り続けてきた 「混醸微発泡辛口ロゼワイン」 は ここ「Yellow Magic Winery」にて 更に進化させていきたい と思っていますので 宜しくお願いします。 原材料:ぶどう(山形県産デラウエア70%/山形県産スチューベン30%) 委託醸造先:(株)グレープリパブリック 750ml アルコール分12% 酸化防止剤未使用 自然酵母 発泡性あり 製造本数2066 本 INFORMATIONNameYellow Magic Winery HipHop Mixブドウ品種デラウェア/スチューベン生産者名イエロー マジック ワイナリー産地山形県RegionYamagata内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《山形県》 遂にあの人が動き出しました! 醸しワインがトレードマーク♪ 滋賀県ヒトミワイナリーで長く活躍後、大阪島之内フジマル醸造所でワインを醸した、岩谷澄人さんご自身のワイナリー、イエローマックワイナリーです!! どこにいても 《岩谷スタイル》 を貫いてきた岩谷さん。山形県に構えたイエローマジックワイナリーでは岩谷色をもっと出していく様子です!! 醸しワインがトレードマークのような岩谷さんなので 《イエロー マジック ワイナリー》 という名も、岩谷さんの事をご存知の方なら、納得の名前ではないでしょうか。 とはいえ、アグレッシブな醸しではなく、一口、もう一口を誘うような味わいはさすがベテランです。 初リリースとなる今年は、買いブドウを委託醸造で仕込んだものということで、白はあの 《グレープ リパブリック》 での仕込とのことです。 植樹も行っているようなので、今後の進化も楽しみですが、やっぱり初ヴィンテージは飲んでおきたいですよね! 発売前にすでにお客様からもお問い合わせがあったほど、根強いファンも多い岩谷さん自らのワイナリー 《イエロー マジック ワイナリー》が遂にスタートです!! ヒップホップ ミックス 2018 イエロー マジック ワイナリー 泡 ロゼ S 新品,最新作

甲州テロワール セレクション穂坂2016勝沼醸造 白ワイン 格安,爆買い

個人的にお気に入り! 創業1937年。日本ワインのメッカ、山梨県勝沼市を代表するワイナリーがリリースする、 『甲州テロワールシリーズ』 のひとつ、穂坂。 穂坂…南向きで日照時間が長く赤ワインで知られた産地で醸す、ふくらみを感じる味わい。 標高500mと高く、南向きで日照時間が長いことから日本の代表的赤ワイン品種『マスカット・ベーリーA』で知られるこの産地。 そこで生み出された 甲州が、なんとも魅力的です! 柑橘やスパイスのニュアンス、味わいは果実本来のふくらみが心地よく、奥行きも感じる味わいは、 スッキリだけに終わらない、甲州のまた違った美味しさ を魅せてくれます! 今や 甲州もテロワールで語る時代です! INFORMATIONNameKoshu Terroire Selection Hosaka Katsunuma Jhozoブドウ品種甲州100%生産者名勝沼醸造産地山梨県/韮崎市/穂坂町RegionYamanashi/Nirasaki/Hosaka内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 甲州テロワール セレクション穂坂2016勝沼醸造 白ワイン 格安,爆買い

ヒップホップ デラ 2018 イエロー マジック ワイナリー 泡 白 S 全国無料,人気

『遂にあの人が動き出しました!』 ■輸入元様資料より抜粋■ 山形県南陽市竹田氏栽培 デラウエア100%使用 。 竹田氏の圃場は 「100年圃場」 であり、代々受継がれている素晴らしい圃場です。綺麗に管理されデラウエアも色付き完璧な状態でした。糖度も23度以上ながら酸度も申し分なく。 今回は 「ホールパンチ」 という搾り方。これは房のまま搾汁機に投入す優しく搾る方法だ。 果梗が壊れず雑味が少ない荷重が得られる のである。自然発酵し発酵終了後 瓶内二次発酵させた。もともとアルコール12%という飲み応えに、 ハジける泡感によりしっかりとした「微発砲ワイン」が楽しめるでしょう 。 音楽の「HipHop」のように 自然に「お尻浮き」が感じられる のが「HipHop」シリーズです。ぼくが長年作り続けてきた 「デラウエア微発砲辛口ワイン」 は ここ 「Yellow Magic Winery」にて更に進化させていきたい と思っていますので 宜しくお願いします。 INFORMATIONNameHipHop DeLa Yellow Magic Wineryブドウ品種山形県産デラウエア生産者名イエロー マジック ワイナリー産地日本/山形県RegionJapan/Yamagata内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《山形県》 遂にあの人が動き出しました! 醸しワインがトレードマーク♪ 滋賀県ヒトミワイナリーで長く活躍後、大阪島之内フジマル醸造所でワインを醸した、岩谷澄人さんご自身のワイナリー、イエローマックワイナリーです!! どこにいても 《岩谷スタイル》 を貫いてきた岩谷さん。山形県に構えたイエローマジックワイナリーでは岩谷色をもっと出していく様子です!! 醸しワインがトレードマークのような岩谷さんなので 《イエロー マジック ワイナリー》 という名も、岩谷さんの事をご存知の方なら、納得の名前ではないでしょうか。 とはいえ、アグレッシブな醸しではなく、一口、もう一口を誘うような味わいはさすがベテランです。 初リリースとなる今年は、買いブドウを委託醸造で仕込んだものということで、白はあの 《グレープ リパブリック》 での仕込とのことです。 植樹も行っているようなので、今後の進化も楽しみですが、やっぱり初ヴィンテージは飲んでおきたいですよね! 発売前にすでにお客様からもお問い合わせがあったほど、根強いファンも多い岩谷さん自らのワイナリー 《イエロー マジック ワイナリー》が遂にスタートです!! ヒップホップ デラ 2018 イエロー マジック ワイナリー 泡 白 S 全国無料,人気

北ののぼ 2013 ココ ファーム ワイナリー 泡 白 格安,爆買い

INFORMATIONNameKita no Novo Coco Farm & Wineryブドウ品種ピノ・ノワール78%/シャルドネ21%生産者名ココ・ファーム・ワイナリー産地日本/北海道/余市(熟成 栃木県足利市)RegionJapan/Hokkaido/Yoichi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 北ののぼ 2013 ココ ファーム ワイナリー 泡 白 格安,爆買い

ファーマーズ カベルネ ソーヴィニヨン シティ ファーム 2017 清澄白河フジマル醸造所 赤ワイン 超激得,爆買い

■裏ラベル産地表記に関してお知らせ■ 『山梨県』とすべきところを『山形県』と表記してしまったため、 上から『山梨県』のシールを張っております。 ご了承のうえ、お買い求めください。■ワイナリー資料より抜粋■ ワインの品質を決めるのはぶどうそのもの 。20年以上、質の高い醸造用ぶどうを造り続けてきた プロフェッショナル集団のCity Farm さんから、初めてカベルネ ソーヴィニョンを分けていただくことができました。 八ヶ岳の裾野、白州の畑で植樹から4年。まだ若木とはいえ、収穫された果実はしっかりと熟して香り高く、どんなワインに育っていくのか楽しみで仕方ありませんでした。 醸造はシンプルに 。100%除梗ののち、自然に発酵が始まるのを待って、毎日やさしいピジャージュ(櫂入れ)を施しました。プレス後は2/3をフレンチオークで、1/3をステンレスタンクで熟成。冬を越し、MLFが終わるのを待ってから、慎重に瓶詰めしました。 カベルネらしい杉や木の皮が、 ブラックベリー や ブルーベリー など森の黒果実と、 ほのかなミルク香 、 カラメル香 とともに感じられます。やや多めのタンニンに、若木らしい酸もあって、 若いうちでも、数年の熟成を経ても楽しめるのでは と期待しています。 質の高いぶどうだからこそ、余計な手を加えずに、でも慎重に。可能な限り農家さんの、 ぶどうの素晴らしい個性 を活かすよう心掛けました。 グラスの向こう側に、美しいぶどう畑と、真剣に向き合う農家さんの姿を感じていただけたら幸いです 。 山梨県産カベルネソーヴィニョン100% アルコール分 12% 生産本数403本 INFORMATIONNameFarmer's Cabernet Sauvignon City Farm Kiyosumishirakawa Fujimaru Wineryブドウ品種山梨県産カベルネ ソーヴィニヨン生産者名清澄白河フジマル醸造所産地日本/山梨県(醸造地 東京)RegionJapan/Yamanashi (brewery : Tokyo)内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 以前ご紹介した、大阪府羽曳野市で、自社畑100%でワイン造りを行う『仲村わいん工房』さんのワイン、大きな反響を頂きました! 時を同じくして、もうひとつ、大阪のワイン でご紹介したいワインが入荷してきました。 フジマル醸造所が手掛ける、ドメーヌ・デ・パピーユのワインです! 『フジマル醸造所』 と聞いて、ピンと来た方もいらっしゃると思います。 そう、大阪に一店舗、東京浅草橋に一店舗、直営レストランを開き、注目を集めているあの醸造所 です。 このワインは、仲村さんの100%自社畑とは逆に、借り受けた畑から造っています。 2010年、大阪を代表するワイナリーのひとつであり、《タコシャン》で知られる、カタシモ・ワイナリーさんの設備を借りて、ワイン造りをスタートし、2011年には、耕作放棄地であった、岩崎谷畑を借り受け、一から再開墾などで徐々に畑を広げ、2013年に、大阪の繁華街、心斎橋からも近い、島之内に、都市型ワイナリー 、『フジマル醸造所』を立ち上げたのです。 ソムリエやワイン販売などのキャリアのある、フジマルさんらしいスタイルで生み出されたこれらのワインは、若くフレッシュな味わいが魅力 。 ■フジマル醸造所からのメッセージ■ 畑ではボルドー液以外は年に2〜3回ほどの防除のみと減農薬 を心がけ、農作業は>すべて手作業 で注意深く行いました。 収穫されたブドウは選果、粒よりし健全な粒のみを使用 。 ワインをお飲みになるお客様の顔を想像しながら、スタッフとボランティアの方々とで力をあわせワインを造りました。本当にたくさんの人に手伝っていただいたおかげで、このワインは出来上がりました。 私たちのワインは酸化防止剤の使用を極力控えているため、温度変化に対して非常に敏感 です。 16〜17度以下で保存していただけるようお願いいたします。 ジューシーな酸味も食欲を呼ぶ美味しさで、自然派ワイン好きを中心に、ファン拡大中です! ファーマーズ カベルネ ソーヴィニヨン シティ ファーム 2017 清澄白河フジマル醸造所 赤ワイン 超激得,爆買い

プリマベーラ メルロー 2017 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン S 人気セール

INFORMATIONNamePrimavera Merlot Villa d'Est Wineryブドウ品種メルロー生産者名ヴィラデスト ワイナリー産地日本/長野県/東御市RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! プリマベーラ メルロー 2017 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン S 人気セール

ヴィニュロンズ リザーヴ メルロー 2016 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン 人気セール,格安

INFORMATIONNameVigneron's Reserve Merlot Villa D'Est Gardenfarm And Wineryブドウ品種メルロー生産者名ヴィラデスト・ワイナリー産地日本/長野県/東御市RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! ヴィニュロンズ リザーヴ メルロー 2016 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン 人気セール,格安

アンフォラ メルロー 2017 グレープ リパブリック 赤ワイン S お買い得,得価

INFORMATIONNameAmphora Merlot Grape Republicブドウ品種山梨県のメルローと山形県のメルローをアンフォラでの醸し発酵後熟成。生産者名グレープ・リパブリック産地日本/山梨県/甲州市RegionJapan/Yamanashi/Koshushi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating アンフォラ メルロー 2017 グレープ リパブリック 赤ワイン S お買い得,得価

タザワ メルロー 2014 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン S 大得価,豊富な

■ワイナリーHPより抜粋■ 無化学農薬栽培の繊細で滑らかなワイン 東御市田沢地区の一部の自社畑で、有機合成農薬や化学肥料、除草剤を使用せずにブドウを栽培し、他の畑のブドウとは別に畑に自生する酵母で発酵を行いました。酸化防止剤(亜硫酸)の使用量も最小限にとどめ、ビン詰前の「ろ過」も行っていません。正統派のヴィニュロンズリザーブとは趣の異なる、 「優しい」個性と魅力が感じられる ワインです。 ■ワイン名(原語)/Tazawa Merlot Villa D'Est Gardenfarm And Winery ■ブドウ品種/メルロー ■生産者名/ヴィラデスト・ワイナリー ■産地/日本/長野県/東御市 ■内容量/750ml 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! タザワ メルロー 2014 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン S 大得価,豊富な

ゴールドがんこ 2017 仲村わいん工房 赤ワイン 数量限定,HOT

《神の雫》に登場!30周年記念バージョン! 『神の雫』 に、あのワインが登場! 大阪が誇る仲村わいん工房 のワインの 《がんこおやじ》30周年記念バージョン です! 仲村わいん工房は、65歳でワイン造りを決意、畑の開墾から全て一人でこつこつと作り上げた《がんこおやじ》がスタート。 現在は、先代の息子さんで、二代目にあたる現ニさんが、 ワイン造りに関しては負けず劣らずの《がんこ》な拘り で手作りの美味しさに拘り、 ◆化学肥料に頼らず、減農薬 ◆ブドウは契約農家を持たない、100%自家栽培 ◆ワイン作りには自家農園葡萄を100%使用 ◆野生酵母による自然な発酵で醸造 をモットーに、 自社畑100%のドメーヌスタイル でワインを手掛けています。 そんな現ニさんが、ワイナリーの創立30周年を記念しリリースした 《ゴールドがんこ 》が『神の雫』に登場! 《焼き鳥レバー》 に合わせるワインとして、《ゴールドがんこ 》を雫がお勧め、ともすると生臭さが目立ってしまうレバーと 見事にマリアージュ♪ 先だって仲村わいん工房のワインを味わった雫が思わず… 『な、なんじゃこりゃー!』 と、そのポテンシャルにビックリした、 仲村わいん工房の手造りワインの美味しさ を、ぜひ味わって下さい!! 『結構ええやろ?』 大阪羽曳野の自社畑のブドウのみで味わい豊かなワインを造り続けている、『仲村ワイン工房』から、見た目もゴージャスなワンランク上の 『ゴールドがんこ』 が入荷です! 『通常のがんこと比べ優れた味わいの方のロットを用いる事で、 一段上の味わいに仕上げています 。』 という、スペシャルセレクション的な位置づけのこの1本、元々限定でリリースしたところ、まろやかで豊かな味わいの美味しさが好評で、定番販売が決まったそうです。 豊かな味わいかつ飲み心地が良いのは、ブドウ作りから拘り、自社畑のブドウのみで醸す、仲村さんのワインの魅力がしっかりと感じられます! 『結構ええやろ?』 と、ちょっと謙遜気味なコメントしかしない、お茶目な仲村さんの、実はかなりの自信作!! お祝いの席にもピッタリです♪ ■ワイナリー資料より抜粋■ カベルネ・ソーヴィニョン主体のブレンド ブレンド構成や価格は、ヴィンテージによって異なります。 現行ヴィンテージ=2017年 INFORMATIONNameGokd Ganko Nakamura Wine Factoryブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン主体/メルロー/マスカット ベーリーA生産者名仲村わいん工房産地日本/大阪府/羽曳野市RegionJapan/Osaka/Habikino内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 造り手の努力により、年々魅力的なワインが増えている、日本ワイン。 そんな中でも、私達が、ぜひ皆様にご紹介したかったワインが、入荷しました! そのワインとは、大阪府羽曳野市で自社畑100%のドメーヌ・スタイルでワインを手掛ける、仲村わいん工房のワイン達です! 初めてそのワインを飲んだ時… と、驚きを隠せませんでした。 果実味が充実し、ちゃんと飲み応えがありながら、のど越しよく、まとまりがあり、ついついグラスが進む美味しさだったのです。 さらに、 という、なんとも斬新なワインのネーミングにも、興味がわかない訳がありません(笑) タカムラの所在地と同じ大阪府で、こんな魅力的なワインが生まれている事に、不思議な感覚と嬉しさがこみあげてきました♪ そんな訳で、まずは畑を訪問。 軽トラまでのサイズでしか登れない細い山道を、どんどん登って行った先にたどり着いたのは、見渡す限り自然に囲まれた、山の谷間。 山の空気に満ちた、人里離れた場所でした。 気を付けないと、転びそうな斜面もあるその場所に植えられているのは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとした品種が植えられています。 そして、山を降りて、お邪魔したワイナリーは、名実ともに、ガレージ・ワイナリー(笑) そんなガレージの中は、体の向きを変えて横歩きしないと通れないような場所もある中、手作りの機械などが置かれ、『選果は、ココで。』と、指差された場所は、ただの台でした(笑) でも、ここであの、ついついグラスを重ねたくなるワインが生まれるのです! ある意味、ワイナリーにお邪魔して、ますます謎は深まるばかり…(笑) そうなると、造り手の仲村さんにお会うしかない! その思い叶い、初めてお会いした時から、今までに何度かお会いしていますが、お互い、毎回、ワインの話が、お互い止まりません(笑) 実はこのワイン、大阪だけでなく、 以前、日本を代表する一流ソムリエの方とご一緒した際、仲村さんのワインを飲んだのですが、その際も、ソムリエの方が、大阪のワインと知り、驚かれていました。 そんなワインを、ついに皆様にご紹介する日がやってきました! 飲めば納得の美味しさ、大阪府羽曳野市のドメーヌ、仲村わいん工房です!! ゴールドがんこ 2017 仲村わいん工房 赤ワイン 数量限定,HOT

ワイン ヴィーナス メルロ&カベルネ ソーヴィニヨン 2016 奥野田ワイナリー 赤ワイン 限定SALE,正規品

■ワイナリーHPより抜粋■ 自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、 12カ月のオーク樽熟成 を経て生み出されたこのワインは、スミレやカシス、 根菜類 などを思わせる深く豊かな果実香と、樽由来の コーヒーやビターチョコレート などの香りが溶け合い、しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせる仕上がりです。 今後の瓶熟成により、香り・味わい共、さらに深みを増してゆくポテンシャルを秘めている、奥野田ワイナリーの フラッグシップワイン です。太陽と大地の恵みをたっぷり受けた 奥行きある味わい をどうぞお楽しみください。 INFORMATIONNameMerlot & Cabernet Barrel Aged Domaine Okunotaブドウ品種自社農園収穫メルロ種50% カベルネ・ソービニヨン種50%生産者名奥野田ワイナリー産地日本/山梨県RegionJapan/Yamanashi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『絶対ご紹介しよう!』 行ってきました、 奥野田ワイナリー! 先日、山梨県のワイナリー訪問をしてきました! その中で、 素敵なワイン を見つけて来ました♪ 『リアルワインガイド誌34号』でも、紹介されている、中村ご夫妻が営む、 奥野田ワイナリー です。 ■『リアルワインガイド34号』より抜粋■ 現在の甲州市塩山牛奥、古くは奥野田と呼ばれた地に拠を構える1989年創立のワイナリー。 明治時代から地域のワイン造りを担ってきた醸造所を発展的に譲り受けた中村雅量さん(1962年生まれ)は、中央葡萄酒で醸造長を務めた後、自分のワインを造るためにこの土地へ。 現在では自社農場(1.5ha)と、信頼できる 契約農家で栽培される ブドウからワインを造っている。 以前、24号で試飲したときの印象は、出来る限り 自然な手法 で造られているだろうワインたちはどれも ナチュラルで果実の力 を感じるものだが、個性的な風味が飲む人を選んでしまうもの。 しかし今回、その気負い感も個性的な風味も見事に消えた、 美しいワイン へと変身していた。特筆すべきは、日本のワインにはあまり感じられない ミネラル がきちんとあること。 そのおかげで全てのワインは見事 につややかで立体的 。 中村さんと奥様の亜貴子さん、ここのワインに惚れ込みサラリーマンから転身した栽培担当の細川順一郎さんの三人でこのワインを造り上げている。 目の前に並んだワインの味わいは、それぞれのブドウの味わいがきれいに生かされ、 ほど良いミネラル感 が心地よいもの。 そして更に、奥様が描かれたラベルが、そのワインのイメージをより伝えてくれるという、なんとも素敵なものでした♪ お話や、お二人の様子からも、中村さんご夫妻が、常にワイナリーの仕事を共有し、考え、未来を一緒に向いている事は明らか。 『絶対ご紹介しよう!』 帰り道、嬉しい出会いに、気持ちが弾んだのは、言うまでもありません♪ そんな奥野田ワイナリーの、 魅力あふれるワイン達 をご紹介します。 大事な方に、お花を贈る変わりに、素敵な花が描かれたこのワインを贈るのも、素敵かも♪ 奥野田ワイナリー、 是非味わってみて下さい! ■奥野田ワイナリーについて■ ココは、元々、地元の人々の共有ワイナリーのような存在だった場所だそうです。当時、 中央葡萄酒の醸造長 という、名誉ある立場にあった中村さんに、そのワイナリーを引き継いでくれないかという話があった事から、 彼の新たな道 が始まりました。 『リアルワインガイド誌』にもあるように、奥野田ワイナリーのワインには、日本のワインにあまり感じる事のない、 ミネラル感 が感じられます。 私も、試飲の際に、同じ感想を持ち、聞いてみたところ、こんな答えが返ってきました。 『私達の畑は、スキーでいえば、上級者コースにあたるような斜面の畑もあります。その分、仕事は大変ですが、土が肥え過ぎる事なく、表土は浅く、その下の石灰質の土壌にまで根が届くため、収量が増えすぎる事なく、ワインに ミネラル感が備わるのです。 』 比較的、平地にある事が多い、山梨の畑。そこでは、土が肥え過ぎて、ブドウが育ち過ぎ、味わいが平坦にならないように、ブドウの樹精を抑える事に意識が向けられる中、彼らの畑は、その逆をいき、収量が自然と抑えられるという利点を持っています。』 その他にも、色々お話を伺ったのですが、どの話も、中村さん自身が、ワイン造りのキャリアの中で、実際に経験し、考え、答えを見つけてきたであろう事が明らかな、説得力のあるものでした。 そして、そんなワイナリーを盛りたてるのが、奥様の亜樹子さん。ラベルは勿論、ワイン造りに関しても、積極的に取り組んでいらっしゃるのが、お話からも明らか! こんな素敵なご夫婦が、共に造り上げているワインです♪ 是非、 その魅力を味わって下さい! ワインにタップリの愛情を注ぐ中村ご夫妻 ワイン ヴィーナス メルロ&カベルネ ソーヴィニヨン 2016 奥野田ワイナリー 赤ワイン 限定SALE,正規品

キスヴィン甲州レゼルヴ 2016 白ワイン 正規品,定番

『NIKKEI STYLE』で! 山梨県甲州市塩山に2013年に誕生し、その後、漫画 『神の雫』 に登場したり、『リアルワインガイド誌』でも度々取り上げられるなど、 注目を浴びている 、キスヴィン・ワイナリー。 今回、醸造家の斎藤まゆさんが日本経済新聞のWEB『NIKKEI STYLE』で… 『破格の国産ワイン 造リ手は早大中退のシングルマザー』 というタイトルで紹介されました! その記事が大きな反響を呼び、代理店さんに 問い合わせが続々! タカムラでも販売中のワインが 早々に完売 してしまいましたが、今回再入荷しました!! 世界最優秀ソムリエ のジェラール・バッセ氏もキスヴィンを訪問し、ツイッターで… 『才能豊かな醸造家』 と、斉藤さんの事を 絶賛♪ 欧州のソムリエからも問い合わせが相次いだというキスヴィンです。 益々 人気に火が付きそうです! ■代理店営業さんのコメント■ 『香りから従来の甲州の域を はるかに上回る品質 であると実感して頂けるかと存じます。 これまで多くのお客様に甲州レゼルヴをブラインドテイスティングして頂きましたが、甲州と答える方はほとんどいらっしゃいません。 また この品質でこの価格は安い! といった声も頂いております。 入荷待ちのお客様も多数いらっしゃいます。』 ■ワイナリー資料より抜粋■ Kisvin 甲州の 上級タイプ 。 しっかりと熟度が上がるのを待って秋の終盤に収穫した甲州の 良質な果汁 を長期熟成型のワインに仕上げた。 樽熟成期間3ヶ月、ふわっと樽をまとわせた絶妙なバランス。アタックのトースト香は上質なフレンチオークから。 可憐な スイカズラの香り は口中で広がり華やか。 辛口の造りを貫き糖分に頼らない厚みを出すことに専念した。 『今飲んで美味しく、寝かせるとさらに美味しい甲州を』 という変わらない理念を表現した。 生産本数: 2,600 本 栽培地: 山梨県甲州市塩山地区 品種: 甲州 土壌: 粘土質 平均樹齢: 21 年 栽培: 棚仕立 一文字短梢 収穫日: 2015年10月23日 11月3日 発酵: ステンレスタンク発酵 マロラクティック発酵あり 熟成: 樽熟成 3 ヶ月間 ステンレスタンク熟成 8 ヶ月間 瓶詰: 2016 年10 月 内容量: 750ml アルコール: 12.5% 栽培責任者: 荻原康弘 醸造責任者: 斎藤まゆ INFORMATIONNameキスヴィン甲州レゼルブブドウ品種甲州生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山梨県/甲州RegionJapan/Yamanashi/Koshu内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン甲州レゼルヴ 2016 白ワイン 正規品,定番

マスカット ベーリーA アメリカン オーク 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ 赤ワイン S 大人気,2019

アメリカンオーク樽で! 今回ご紹介するのは、マスカット・ベーリーA3種。 赤は仕込む樽が違います 。 アメリカン オークの方が より樽の力強さ がありますが、決して際立っているわけでなく、今後さらになじんでいくと感じられるバランスです。 修行中にも様々な経験をしたからこそ成し得る、 樽違いキュベ 。 両方気になる方は、お早めに! ■ワイナリー資料より抜粋■ 地区:山梨県韮崎市上ノ山地区 品種: マスカット・ベーリーA 平均樹齢:20年 ブドウ栽培:サステイナブル農法 醸造・熟成: フレンチオーク樽(全房発酵100%)、樹脂タンク(全房発酵20%)で醸した後、 アメリカンオーク樽にて樽発酵 、マロラクティック発酵を行った。 二年半樽熟成。瓶内熟成半年。 INFORMATIONNameMuscat Bailey A American Oak Domaine des Tengeijisブドウ品種マスカット ベーリーA生産者名ドメーヌ デ テンゲイジ産地日本/山梨県/韮崎市上ノ山地区RegionJapan/Yamanashi/Nirasaki-shi Uenoyama内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating その名は、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》。 ワインメーカー天花寺(テンゲイジ)弓子さんが満を持してスタートした、ご自身のワイナリーです。 実は天花寺さんとの出会いは、もう10年以上前。とある輸入元さんで働いていらっしゃった時でした。 まだ、日本ワインが注目を浴びる前の事です。 この時既に『ワイン造りに関わりたい。』との志をもっていらっしゃった天花寺さん。ご覧のように、華奢な方なので、ある時、会社を退職、大学で醸造学を学び始めると聞いた時は『本気だったんだ。』と、驚きとともに、陰ながら応援する以外ありませんでした。 その後、『今、あそこで働いているらしい。』など、時々風の噂でその様子を伺うも、そう会える機会もなく、月日は過ぎて行きました。 実は彼女、大学を卒業後、日本のワイナリーで働くなどしたのち、海外でのワイナリー勤務も経験。現地で起きたとある出来事がきっかけが、《ドメーヌ・デ・テンゲイジ》のワインのスタイルを確立する大きなきっかけになったのだそうです。 そして、今回、彼女はそのワインとともに、私たちの前に現れたのです! 『海外のワイナリーで勤務していた際、生産者同士でワインを持ち寄る機会があったんです。 私はやっぱり日本ワイン、マスカット・ベーリーAを皆に飲んでもらおうと思って持参したのですが、マスカット・ベーリーAに出やすいフォクシー・フレーバー(独特の甘い香り)を酷評されたのです。 それが悔しくて、世界に通じるマスカット・ベーリーAを造りたいと強く思うようになりました。 そして、色々試行錯誤を重ねた結果、辿り着いたのがこのスタイルです。』 目の前に置かれたのは、マスカット・ベーリーAキュベ違い3種。 実は上記の説明を伺うまでに『まず試飲を』と勧められ味わったのですが、どのワインも。味わいが充実していながら洗練されたスタイルに驚かされました。 もちろん、フォクシー・フレーバーが表に出ることなく、エレガントさを携えたその美味しさに、日本ワインのさらなる可能性を感じたのは、言うまでもありません! 今、日本ワインの造り手が増えていますが、まだ日本ワインが注目を集める前から『ワイン造りに関わりたい。手掛けたい。』との思いを叶えるために、着実に努力し、そのキャリアと経験を積み重ねて来たからこその結果が、ボトルの中に詰まっていました。 今後別の品種もリリースしていく予定ですが、ブドウ栽培から手がけるドメーヌ・デ・テンゲイジのワインは、まだまだ生産量が少なく、各キュベのご紹介は限られると思います。 『上質であること、環境に優しいこと、それがずっとであること』 そんな思いを形にした、ドメーヌ テンゲイジ、ついに発売です! マスカット ベーリーA アメリカン オーク 2015 ドメーヌ デ テンゲイジ 赤ワイン S 大人気,2019

ツヴァイゲルト 2016 ココ ファーム ワイナリー こことあるシリーズ 赤ワイン tp 人気,SALE

■ワイナリー資料より抜粋■ こことあるシリーズ2016ツヴァイゲルト。 北海道余市の二人の栽培家 によって育てられたツヴァイゲルト種の葡萄を、 醸造家ブルース・ガットラブが特別に仕込んだ赤ワイン です。 野生酵母で発酵、爽やかな風土を映し出す豊かなアロマのしなやかな赤ワインです。 (醸造:10R) INFORMATIONNameZweigelt Coco Farm & Wineryブドウ品種ツヴァイゲルト生産者名ココ ファーム ワイナリー(こことあるシリーズ)産地日本/北海道/余市RegionJapan/Hokkaido/Yoichi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ツヴァイゲルト 2016 ココ ファーム ワイナリー こことあるシリーズ 赤ワイン tp 人気,SALE

ワイン ヴィーナス 桜沢シャルドネ 2016 奥野田ワイナリー 白ワイン 人気SALE,2019

■『ワイナリーWebページ』より抜粋■ ワイナリーの東側の急斜面に位置する自社農園桜沢圃場、長門原圃場で収穫した 熟度の高いシャルドネを100% 使って なめらかな味わい の白ワインに仕上げました。 オーク樽発酵後、 バトナージュを繰り返し、およそ半年間のシュールリー 期間を経て生み出されたこのワインは、良く熟した果実由来の柑橘類やハーブ、ミネラルの香りと、 樽由来のバニラやナッツ、キャラメル などの香りが溶け合い、複雑さを醸し出しています。 心地よい酸味と圃場のポテンシャルを感じる豊かな果実味、ほのかな苦味のバランスがとれた、 コクのあるリッチな味わい です。 「Wine Venusシリーズ」は、私たちが運営する 自社農園で大切に育てた葡萄のみ を使って生み出されたワインです。 1996年、「ワイン造りは質の高い葡萄から」という基本に立ち返り、醸造用葡萄を栽培する農業生産法人「夢郷葡萄研究所」を設立しました。徐々に栽培面積を増やし、現在2ヘクタールの農園で栽培に取り組んでおります。 自然農法にこだわり 、複雑な地層を有した圃場から毎年糖度の高い高品質な葡萄がももたらされ、葡萄のポテンシャルを生かしたワイン造りへと反映しております。 INFORMATIONNameSakurazawa Chardonnay Domaine Okunotaブドウ品種2016年自社農園桜沢圃場、長門原圃場収穫シャルドネ100%生産者名奥野田ワイナリー産地日本/山梨県RegionJapan/Yamanashi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『絶対ご紹介しよう!』 行ってきました、 奥野田ワイナリー! 先日、山梨県のワイナリー訪問をしてきました! その中で、 素敵なワイン を見つけて来ました♪ 『リアルワインガイド誌34号』でも、紹介されている、中村ご夫妻が営む、 奥野田ワイナリー です。 ■『リアルワインガイド34号』より抜粋■ 現在の甲州市塩山牛奥、古くは奥野田と呼ばれた地に拠を構える1989年創立のワイナリー。 明治時代から地域のワイン造りを担ってきた醸造所を発展的に譲り受けた中村雅量さん(1962年生まれ)は、中央葡萄酒で醸造長を務めた後、自分のワインを造るためにこの土地へ。 現在では自社農場(1.5ha)と、信頼できる 契約農家で栽培される ブドウからワインを造っている。 以前、24号で試飲したときの印象は、出来る限り 自然な手法 で造られているだろうワインたちはどれも ナチュラルで果実の力 を感じるものだが、個性的な風味が飲む人を選んでしまうもの。 しかし今回、その気負い感も個性的な風味も見事に消えた、 美しいワイン へと変身していた。特筆すべきは、日本のワインにはあまり感じられない ミネラル がきちんとあること。 そのおかげで全てのワインは見事 につややかで立体的 。 中村さんと奥様の亜貴子さん、ここのワインに惚れ込みサラリーマンから転身した栽培担当の細川順一郎さんの三人でこのワインを造り上げている。 目の前に並んだワインの味わいは、それぞれのブドウの味わいがきれいに生かされ、 ほど良いミネラル感 が心地よいもの。 そして更に、奥様が描かれたラベルが、そのワインのイメージをより伝えてくれるという、なんとも素敵なものでした♪ お話や、お二人の様子からも、中村さんご夫妻が、常にワイナリーの仕事を共有し、考え、未来を一緒に向いている事は明らか。 『絶対ご紹介しよう!』 帰り道、嬉しい出会いに、気持ちが弾んだのは、言うまでもありません♪ そんな奥野田ワイナリーの、 魅力あふれるワイン達 をご紹介します。 大事な方に、お花を贈る変わりに、素敵な花が描かれたこのワインを贈るのも、素敵かも♪ 奥野田ワイナリー、 是非味わってみて下さい! ■奥野田ワイナリーについて■ ココは、元々、地元の人々の共有ワイナリーのような存在だった場所だそうです。当時、 中央葡萄酒の醸造長 という、名誉ある立場にあった中村さんに、そのワイナリーを引き継いでくれないかという話があった事から、 彼の新たな道 が始まりました。 『リアルワインガイド誌』にもあるように、奥野田ワイナリーのワインには、日本のワインにあまり感じる事のない、 ミネラル感 が感じられます。 私も、試飲の際に、同じ感想を持ち、聞いてみたところ、こんな答えが返ってきました。 『私達の畑は、スキーでいえば、上級者コースにあたるような斜面の畑もあります。その分、仕事は大変ですが、土が肥え過ぎる事なく、表土は浅く、その下の石灰質の土壌にまで根が届くため、収量が増えすぎる事なく、ワインに ミネラル感が備わるのです。 』 比較的、平地にある事が多い、山梨の畑。そこでは、土が肥え過ぎて、ブドウが育ち過ぎ、味わいが平坦にならないように、ブドウの樹精を抑える事に意識が向けられる中、彼らの畑は、その逆をいき、収量が自然と抑えられるという利点を持っています。』 その他にも、色々お話を伺ったのですが、どの話も、中村さん自身が、ワイン造りのキャリアの中で、実際に経験し、考え、答えを見つけてきたであろう事が明らかな、説得力のあるものでした。 そして、そんなワイナリーを盛りたてるのが、奥様の亜樹子さん。ラベルは勿論、ワイン造りに関しても、積極的に取り組んでいらっしゃるのが、お話からも明らか! こんな素敵なご夫婦が、共に造り上げているワインです♪ 是非、 その魅力を味わって下さい! ワインにタップリの愛情を注ぐ中村ご夫妻 ワイン ヴィーナス 桜沢シャルドネ 2016 奥野田ワイナリー 白ワイン 人気SALE,2019

キスヴィン シャルドネ レゼルヴ 2017 白ワイン tp 高品質,お得

■輸入元資料様より抜粋■ 『特別な人に贈りたくなるような、Kisvin にしかできない輝くシャルドネを』とのお客様の声から生まれたシャルドネレゼルヴ。 トロピカルな雰囲気を持つ塩山千野(えんざん・ちの)地区と硬めの酸が特徴の塩山玉宮(えんざん・たまみや)地区の2 か所のブドウを別々に仕込み、最終的にブレンド。 ワインとよく馴染んだナッティで上質な樽の香り、穏やかな黄金色の液体は滑らかな舌触りをたたえ、飲み干してなお続く余韻が特徴。 早飲みの場合はデカンタージュ、スワリング推奨。 待った者だけに味わえるポテンシャルを秘めており、長期熟成にも期待。 ヴィンテージ: 2017 生産本数: 205 ケース(6 本入り) 栽培地: 山梨県甲州市塩山地区 品種: シャルドネ 土壌: 粘土質 平均樹齢: 12 年 栽培: 棚仕立 一文字短梢 収穫日: 9 月13、14、16、17、18、23、 24、30 日 10 月1 日 発酵: 樽発酵 マロラクティック発酵あり 熟成: 樽熟成含め 11 ヶ月間 瓶詰: 2018 年10 月 内容量: 750ml アルコール: 12.5% 栽培責任者: 荻原康弘 醸造責任者: 斎藤まゆ 開けたての控えめな香りからは、 「まだ起こさないでね」 といわれているかのようでした。奥ゆかしい第一印象から、徐々に 熟れた果実 が顔を出してきて、 ほのかな樽香と相まってまろやかに 感じます。包み込むような酸と中心にあるミネラルが骨格となっていて、 これから先の熟成 が期待される味わいでした。 醸造家の斎藤まゆさんは、フランスはシャブリ地区でも経験を積んだ、いわば シャルドネを知り尽くしていらっしゃるスペシャリスト! ブドウ栽培やワイン醸造において日本の中心的な役割をはたしている産地・山梨県をさらに盛り上げてくれています。 寝かせるとさらに美味しくなりそうな 、素晴らしいシャルドネです。 (2019年1月20日試飲) INFORMATIONNameKisvin Chardonnay Reserveブドウ品種シャルドネ生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山形県/甲州市/塩山地区RegionJapan/Yamagata/Koshushi/Enzan内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン シャルドネ レゼルヴ 2017 白ワイン tp 高品質,お得

キスヴィン シャルドネ 2017 白ワイン 赤字超特価,人気

ヘーゼルナッツや蜂蜜のような樽香が果実味とバランスよく調和。 グレープフルーツ の皮のようなほのかな苦味、 洋ナシ や マンダリンオレンジ などが複雑に絡み合う、厚みのある味わい。 INFORMATIONNameKisvin Chardonnayブドウ品種シャルドネ生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山梨県/甲州RegionJapan/Yamanashi/Koshu内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン シャルドネ 2017 白ワイン 赤字超特価,人気

ピノ ノワール 2016 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン 数量限定,限定セール

INFORMATIONNamePinot Noir Villa d'Este Wineryブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ヴィラデスト・ワイナリー産地日本/長野県/東御市(自社畑)RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! ピノ ノワール 2016 ヴィラデスト ワイナリー 赤ワイン 数量限定,限定セール

ヴィニュロンズ リザーヴ シャルドネ 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン S 新作入荷,新作入荷,HOT

!-- 評価掲載 ここから --> 各国首脳が、伊勢志摩サミットで! 『伊勢志摩サミット』 で、各国首脳が集うディナーで提供された、ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ。 毎回、入荷後、真っ先に完売するこのワインの 2017年ヴィンテージ が入荷しました! 今年は収穫量は減ったものの、 品質は良好のようです♪ 標高850m という高地ならではの冷涼な気候が生み出す、ヴィラデスト・ワイナリーの フラッグシップ として名高い味わいをぜひ、味わって下さい!! ■ワイナリー資料より抜粋■ 『ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ』は 100%自社畑、厳選された最高品質のブドウ を使用しています。 また全量、フレンチオーク樽を使用して樽内発酵・熟成しました。 新樽比率は25%程度と控えめで、ブドウ本来の果実感を重視し、この土地ならではの 上質な酸味、凝縮感や余韻の長さ を感じて頂けるワインに仕上げています。 2017年は5月の降雹により、ブドウの収穫量は例年に比べて減少しました。 夏の終わりから、気温は低めながら、晴天で昼夜の寒暖差が大きい天候が続いたことから、ブドウの成熟も順調に進み、糖度が上昇すると同時に酸も保持されました。 シャルドネの収穫は10月上旬から中旬ですので、収穫期の好天の恩恵を十分に受け、 素晴らしいブドウを収穫することが出来ました 。 INFORMATIONNameVignerons Reserve Chardonnay Villa d'Este Wineryブドウ品種シャルドネ生産者名ヴィラデスト・ワイナリー産地日本/長野県/東御市RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! ヴィニュロンズ リザーヴ シャルドネ 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン S 新作入荷,新作入荷,HOT

ソーヴィニヨン ブラン 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン HOT,お得

INFORMATIONNameSauvignon Blanc Villa D'Est Gardenfarm And Wineryブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名ヴィラデスト・ワイナリー産地日本/長野県/東御市RegionJapan/Nagano/Toumi内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 各国首脳も堪能! 伊勢志摩サミットで供された 日本を代表するプレミアムワイン 5月26・27日と、伊勢志摩で開催された、 伊勢志摩サミット 。 国際ニュースでもよく見かける、各国の首脳たちが集うとあり、大きな注目を浴びました。 そのサミットの開催中に 出席者: G7首脳、欧州理事会議長、欧州委員会委員長 が参加した、5月26日の ディナーで供され 、彼らの喉を潤したワインを、ご紹介します! 長野県千曲川にある、ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリーの、 ヴィニュロンズ・リザーヴ・シャルドネ です! ヴィラデスト・ワイナリーは、エッセイスト、画家と、多彩な才能を発揮する、玉村豊男氏がオーナーのワイナリーです。 ■ワイナリーHPより抜粋■ ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、 風土を反映した、世界に発信できるワイン造り を目指します。 ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は 日本有数の小雨地帯 で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた 欧州系専用品種 から生まれるヴィラデストのワインは、 日本ワインコンクールの最高金賞 をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワイン と評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけ NAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその 先頭に立って 、小規模ワイナリーが集積する 新しい産地をつくる ことで、農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。 実は、個人的にも、玉村さんの書く文章が好きで、玉村さんがワイナリーを造るまでに至る話を書いた本なども読んでいました。 20年以上前 に、彼らが一からワイナリー立ち上げに着手したことや、ワインが出来ていくまでの話は、大変であったことは間違いありませんが、心躍る話でした。 先駆者のひとり である彼らが、品質を大事にした事は、それに続く、志の高い造り手の 勇気につながった のは、間違いないと思います。 そんなヴィラデストのワイン、ずっと気になりながらも、 『まずは、訪問してから』 という気持ちもあり、中々ご紹介する機会がなかった中、2016年2月、とある試飲会で、ヴィラデストのワインのカギとなる、醸造長小西さんにお会いし、試飲をしながらお話しているうちに、 『やっぱり紹介せねば!』 との思いで、お取引をスタートしたところ、今回の、 伊勢志摩サミットで要人たちにふるまうワイン として選ばれたという、朗報が舞い込んできました! ディナーでは… 鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース 伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに と合されたようですが、 ふくよかさとエレガントさ があいまった味わいは、ワインだけでももちろん楽しめます。 残念ながら、すでにワイナリー在庫も尽きてしまったようで、今回ご紹介分以降は、次回ヴィンテージになってしまいそうでが、メルローもまた、 高品質&魅力にあふれる ので、ぜひ、お試しください。 各国首脳も楽しんだ! ヴィラデストのフラッグシップワインです!! ソーヴィニヨン ブラン 2017 ヴィラデスト ワイナリー 白ワイン HOT,お得

仕合わせな赤 2017 仲村わいん 赤ワイン S 低価,爆買い

限定ワイン! そのワインと人柄に惹かれ、 全国にファン多数の仲村さん が手掛ける、仲村わいん工房から、 限定ワインが入荷しました! サンジョヴェーゼ、バルベラのイタリア系赤品種などに、メルローをブレンド。 その名も 『仕合わせな赤』! 日本語ラベルの美味しい国産ワイン は、親御さんへのプレゼントにもオススメです♪ INFORMATIONNameSiawase na Aka Nakamura Wine Factoryブドウ品種サンジョベーゼ、バルベラなどのイタリア系品種とメルローのブレンド生産者名仲村ワイン産地日本/大阪/羽曳野RegionJapan/Osaka/Habikino内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 造り手の努力により、年々魅力的なワインが増えている、日本ワイン。 そんな中でも、私達が、ぜひ皆様にご紹介したかったワインが、入荷しました! そのワインとは、大阪府羽曳野市で自社畑100%のドメーヌ・スタイルでワインを手掛ける、仲村わいん工房のワイン達です! 初めてそのワインを飲んだ時… と、驚きを隠せませんでした。 果実味が充実し、ちゃんと飲み応えがありながら、のど越しよく、まとまりがあり、ついついグラスが進む美味しさだったのです。 さらに、 という、なんとも斬新なワインのネーミングにも、興味がわかない訳がありません(笑) タカムラの所在地と同じ大阪府で、こんな魅力的なワインが生まれている事に、不思議な感覚と嬉しさがこみあげてきました♪ そんな訳で、まずは畑を訪問。 軽トラまでのサイズでしか登れない細い山道を、どんどん登って行った先にたどり着いたのは、見渡す限り自然に囲まれた、山の谷間。 山の空気に満ちた、人里離れた場所でした。 気を付けないと、転びそうな斜面もあるその場所に植えられているのは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとした品種が植えられています。 そして、山を降りて、お邪魔したワイナリーは、名実ともに、ガレージ・ワイナリー(笑) そんなガレージの中は、体の向きを変えて横歩きしないと通れないような場所もある中、手作りの機械などが置かれ、『選果は、ココで。』と、指差された場所は、ただの台でした(笑) でも、ここであの、ついついグラスを重ねたくなるワインが生まれるのです! ある意味、ワイナリーにお邪魔して、ますます謎は深まるばかり…(笑) そうなると、造り手の仲村さんにお会うしかない! その思い叶い、初めてお会いした時から、今までに何度かお会いしていますが、お互い、毎回、ワインの話が、お互い止まりません(笑) 実はこのワイン、大阪だけでなく、 以前、日本を代表する一流ソムリエの方とご一緒した際、仲村さんのワインを飲んだのですが、その際も、ソムリエの方が、大阪のワインと知り、驚かれていました。 そんなワインを、ついに皆様にご紹介する日がやってきました! 飲めば納得の美味しさ、大阪府羽曳野市のドメーヌ、仲村わいん工房です!! 仕合わせな赤 2017 仲村わいん 赤ワイン S 低価,爆買い

蝶 大阪メルローNV 仲村わいん工房720ml 赤ワイン 驚きの破格値,100%新品

大きなグラスで! 濃密なのに、滑らかな味わい は、日本ワインであることを、いい意味で忘れてしまいそうな美味しさです。 大きめのグラスで味わってほしい1本です! 【ブドウ品種】メルロー97%/ミツオ・レッド種3%のブレンド ■ワイン名(原語)/Butterfly Osaka Merlot NV Nakamura Wine Factory ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/メルロー97%/ミツオ・レッド種3%のブレンド ■生産者名/仲村わいん工房 ■産地/日本/大阪府 ■原産地呼称/ ■生産年/NV ■内容量/720ml 造り手の努力により、年々魅力的なワインが増えている、日本ワイン。 そんな中でも、私達が、ぜひ皆様にご紹介したかったワインが、入荷しました! そのワインとは、大阪府羽曳野市で自社畑100%のドメーヌ・スタイルでワインを手掛ける、仲村わいん工房のワイン達です! 初めてそのワインを飲んだ時… と、驚きを隠せませんでした。 果実味が充実し、ちゃんと飲み応えがありながら、のど越しよく、まとまりがあり、ついついグラスが進む美味しさだったのです。 さらに、 という、なんとも斬新なワインのネーミングにも、興味がわかない訳がありません(笑) タカムラの所在地と同じ大阪府で、こんな魅力的なワインが生まれている事に、不思議な感覚と嬉しさがこみあげてきました♪ そんな訳で、まずは畑を訪問。 軽トラまでのサイズでしか登れない細い山道を、どんどん登って行った先にたどり着いたのは、見渡す限り自然に囲まれた、山の谷間。 山の空気に満ちた、人里離れた場所でした。 気を付けないと、転びそうな斜面もあるその場所に植えられているのは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをはじめとした品種が植えられています。 そして、山を降りて、お邪魔したワイナリーは、名実ともに、ガレージ・ワイナリー(笑) そんなガレージの中は、体の向きを変えて横歩きしないと通れないような場所もある中、手作りの機械などが置かれ、『選果は、ココで。』と、指差された場所は、ただの台でした(笑) でも、ここであの、ついついグラスを重ねたくなるワインが生まれるのです! ある意味、ワイナリーにお邪魔して、ますます謎は深まるばかり…(笑) そうなると、造り手の仲村さんにお会うしかない! その思い叶い、初めてお会いした時から、今までに何度かお会いしていますが、お互い、毎回、ワインの話が、お互い止まりません(笑) 実はこのワイン、大阪だけでなく、 以前、日本を代表する一流ソムリエの方とご一緒した際、仲村さんのワインを飲んだのですが、その際も、ソムリエの方が、大阪のワインと知り、驚かれていました。 そんなワインを、ついに皆様にご紹介する日がやってきました! 飲めば納得の美味しさ、大阪府羽曳野市のドメーヌ、仲村わいん工房です!! 蝶 大阪メルローNV 仲村わいん工房720ml 赤ワイン 驚きの破格値,100%新品

キスヴィン ルビー 2015 赤ワイン 人気SALE,お得

メルロー、シラー、ピノノワールのブレンド。 熟成期間を15 ヶ月間と前年に比べ延ばし、より安定し落ち着いた味わいのワインとなった。 INFORMATIONNameKisvin Rubisブドウ品種ルビー生産者名キスヴィン・ワイナリー産地日本/山梨県/甲州RegionJapan/Yamanashi/Koshu内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating キスヴィン ルビー 2015 赤ワイン 人気SALE,お得