ヴォーヌ ロマネ ジュヌヴリエール 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン 新品,最新作

INFORMATIONNameVosne Romanee Les Genaivrieres J.Cacheux et Filsブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック カシュー エ フィス産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・ジュヌヴリエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Les Genaivrieres内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 既に名人の域! ブルゴーニュ好きの 強い味方! ブルゴーニュ好き にとって、最大の悩みは、贔屓の造り手の名が挙がるにつれ、入手だけでなく、価格も上がってしまいがちなこと(涙) 『昔は良かった…』 そんな風に、振り返らざるを得ない思いも、あるはず。 でも、そんな中、 確固たる地位 を得つつも、 安定した価格 で、ブルゴーニュ好きの心を捕えて離さない造り手も居ます。 その代表が、 ジャック・カシュー! ブルゴーニュきっての 人気村ヴォーヌ・ロマネ を拠点にしつつ、各キュベ、 価格と品質 のバランスがよく、 毎年安定 した造りで、根強いファンが沢山います!! そんなジャック・カシューを代表する、 最も人気 の1本といえば、ヴォーヌ・ロマネの 特級畑エシェゾー! 毎年、ジャック・カシューを高く評価している『リアルワインガイド誌』も、2008年、そして、特に、エシェゾーに関し、 賛辞 を送っています♪ ■『リアルワインガイド誌31号』より抜粋■ 銘酒エシェゾー は 圧巻の出来 で、エレガンス全盛時代への カウンターカルチャー たるワインと言えるだろう。 そして、今回特に強く思ったことは、パトリスは既に 名人の域 に達したのではないかということ。 味付けの妙といい、味わい バランスの絶妙さ といい、これは名人芸だ。 熟達の職人 のなせるワザだ。 しかも、驚くなかれ、 『銘酒』 と呼ばれ、 エシェゾー なのに、価格は8千円台という、 《超》のつく良心価格! これからの季節、こんなブルゴーニュをお供にゆったり過ごすなんて、 最高ですね♪ ブルゴーニュ好きの 強い味方 、ジャック・カシューです!! ヴォーヌ ロマネ ジュヌヴリエール 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン 新品,最新作

ブルゴーニュ ブラン 2016 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン 激安大特価,得価

INFORMATIONNameBourgogne Blanc Domaine Leflaiveブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ルフレーヴ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ ブラン 2016 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン 激安大特価,得価

ボンヌ マール グラン クリュ 2008 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S

INFORMATIONNameBonne Mares Grand Cru Roche de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/ボンヌ・マールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Bonnes Mare内容量750mlWA−/Issue −WS92/Issue Web Only - 2011※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ボンヌ マール グラン クリュ 2008 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S

ニュイ サン ジョルジュ 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 閉じ気味の中、 うっとりするような美しい赤黒果実香 にきれいな土が混じった、きっとメチャいい香り。 口に含むと前銘柄より酸が伸び、またそれに見合った美しい果実がミネラルとともに液体に詰まっている。そして、 やはり心地良い凝縮感 。 思いっきり、ナチュラルで、かつブルゴーニュしている味わいが見事だわ。 これもとても良く出来た村名ワイン 。冷涼感もたっぷり。 ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2038年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameNuits Saint Georges Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ニュイ サン ジョルジュ 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

モンテリー レ シャン フイヨ ブラン 2015 ポール ガローデ 白ワイン 新作登場,HOT

INFORMATIONNameMonthelie Les Champs Fulliot Blanc Paul Garaudetブドウ品種シャルドネ生産者名ポール・ガローデ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/モンテリー/レ・シャン・フイヨRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Monthelie Les Duresses/Les Champs Fulliot内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『まんまピュリニー』に、 ライバル登場!? 『まんまムルソー!』 ピュリニー・モンラッシェのブドウを95%使用という、贅沢仕様と、その美味しさで人気の高い、『まんまピュリニー』こと、フィリップ・シャヴィの、ブルゴーニュ・ブラン。 そんな中、強力なライバルが登場です! なんと、ムルソーから、 『まんま』 な、ACブルゴーニュが入荷しました〜!! 実際、飲みましたが… 『あ〜っ♪』 と、思わず、ニンマリしたくなるような、 個性がちゃんと感じられます。 円安の昨今、こんなワインが、この価格でご紹介できるのは、嬉しい限りです♪ それでは早速、ご紹介します! モンテリー レ シャン フイヨ ブラン 2015 ポール ガローデ 白ワイン 新作登場,HOT

コルトン シャルルマーニュ グラン クリュ 1995 ルイ ラトゥール 白ワイン S 2019,人気

極上の古酒! 最近は、 1995年物のブルゴーニュの古酒 って、なかなかお目にかかれないと思います。 そんななか、凄いのが入荷しました〜(^_^)v なんと、名門ルイ・ラトゥールの フラッグシップ でもある コルトン・シャルルマーニュ の1995年物! ワイン・アドヴォケイト誌の評価を調べてみると… 93〜95点 という高い評価をされています! 滅多な事ではお目にかかれない逸品 です。 ブルゴーニュの白がお好きな方は、迷わずお買い求め下さい! ■『ワイン・アドヴォケイト 110号(25th Apr 1997)』より抜粋■ Corton Charlemagne is Latour's flagship wine , as the Griotte Chambertin is to Claude Dugat and the Musigny Vieilles Vignes is to the Comte de Vogue. True to form, the 1995 is an outstanding effort . An extremely tight but super-ripe nose of sweet fruits is followed by a massive cascade of deep, sweet, intense, tropical fruits mixed with candied apples and red currants. This full-bodied, excellently structured wine has enormous depth and concentration, as well as a long finish (flavors of cassis, apples and a touch of lemon linger for 30 seconds or more). Hold it for 5 years and drink it over the subsequent 8. This note is the result of tastings I did in Burgundy between January 7 and January 29. Ratings with a range of scores in parentheses indicate the wine was tasted from cask, not bottle. At Louis Latour the wine making is entrusted to Jean-Pierre Jobard, the brother of Francois and Charles Jobard, two well-known names in Meursault. Jobard commented that the acid in 1995 reminded him of the 1988. Louis Latour is represented by a different importer in each state. ◆評価:93〜95点 ◆飲み頃予想:2002〜2010年 INFORMATIONNameCorton Charlemagne Grand Cru Louis Latourブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/アロース・コルトン/コルトン・シャルルマーニュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Aloxe Corton/Corton Charlemagne内容量750mlWA(93 - 95)/Issue 25th Apr 1997WS88/Issue Nov 15, 1997※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! コルトン シャルルマーニュ グラン クリュ 1995 ルイ ラトゥール 白ワイン S 2019,人気

ムルソー レ シュヴァリエール 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン tp

INFORMATIONNameMeursault Les Chevalieres Maison Roche de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ロッシュ ド ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー レ シュヴァリエール 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン tp

ヴォーヌ ロマネ 2016 ユドロ ノエラ 赤ワイン S 正規品,大人気

INFORMATIONNameVosne Romanee Hudelot Noellatブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ユドロ・ノエラ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee内容量750mlWA(88 - 90)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴォーヌ ロマネ 2016 ユドロ ノエラ 赤ワイン S 正規品,大人気

ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 大人気,お買い得

INFORMATIONNameBourgogne Alogote Philippe Pacaletブドウ品種アリゴテ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 大人気,お買い得

モンテリー ルージュ クロ デュ メ ガルニエ モノポール 2016 モンテリー デュエレ ポルシュレ 赤ワイン SALE,2019

INFORMATIONNameMonthelie Rouge Clos du Meix Garnier Monopole Monthelie Douhairet Porcheretブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ モンテリー ドゥエレ ポルシュレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/モンテリーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Monthelie内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating モンテリー ルージュ クロ デュ メ ガルニエ モノポール 2016 モンテリー デュエレ ポルシュレ 赤ワイン SALE,2019

ボーヌ一級レ グレーヴ 2005 ジョセフ ドルーアン 赤ワイン S tp 最安値,豊富な

『Outstanding!』 先日ブルゴーニュ好きの知り合いから… 『ブルゴーニュのプルミエ・クリュで飲み頃があれば、何ケースでも買いたいけど、なかなか無いんだよね…。』 と言われました。 確かに、グラン・クリュになるとお金さえ払えば、どんなヴィンテージでも手に入る。でも、プルミエ・クリュになると、熟成されることなく、ワイン好きがドンドン飲んじゃうから、 飲み頃のプルミエ・クリュに出会えることなんて、プロの私ですら殆どない 。 でも、そんな知人の要望をかなえるワインを、 見つけてきました〜(^_^)v しかも、今、世界中のワイン愛好家が最も信頼しているワイン評価サイトの1つ《burghound.com》が、 『Outstanding!』 と評価しているボーヌ プルミエ・クリュ レ・グレーヴの2005年物です! 見る人が見たら、ケースで買われてしまうので、 気になる方は、迷わず今すぐ お買い求め下さい! ■burghound.com 26号より抜粋■ Producer note: After 33 years with Maison Drouhin as the firm's technical director and winemaker, Mme Laurence Jobard has retired. She passes the torch to the 36 year old M. Jerome Faure-Brac. M. Faure-Brac is an enologist and his professional credentials include wine making stints in Champagne and Domaine du Clos Frantin, which is owned by Maison Bichot. Veronique Drouhin, who is also a trained enologist, will broaden her role within the company as it will be her responsibility to insure that the house style emphasizing finesse and elegance continues under M. Faure-Brac. As to 2005, Veronique Drouhin noted that 'we didn't have big yields as there was very early season hail damage in Echezeaux, Grands Echezeaux, Amoureuses and Musigny and because it was a very dry growing season in general, yields were barely average. But the quality is truly remarkable and it's honestly difficult to imagine how we could have obtained better grapes. Our enologist Laurence Jobard told me that she believes that 2005 is the best vintage she has ever made , which is saying something as she has been here for a long time now. We waited to pick and the excellent harvest conditions held up perfectly. In fact, they were so good that the weather held until the end of October. The fruit was very ripe as were the stems and we used 10 to 15% of them in most of the wines though a few have as much as 50%. I spoke with my father about what other vintages the 2005s might resemble and he believes that 1961 is a good parallel. Overall, I love the vintage and it's great in white as well and it's rare to have a vintage where both colors are equally good. ' (Dreyfus-Ashby & Co., New York, NY; UK agent is Dreyfus-Ashby with a number of additional sources, including Howard Ripley, Ballantynes of Cowbridge, Lea & Sandeman and Decorum Vintners). Tasting note: A deft touch of wood frames serious but not somber earth and mineral suffused red pinot and raspberry aromas that introduce dense, sappy and balanced flavors that culminate in a sleekly muscled and beautifully focused finish . This is a wine that should age for 20 years without any difficulty. In a word, impressive . Sweet spot Outstanding Tasted: Apr 01, 2007 Drink: 2013+ 評価:92点 INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Les Greves Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌ/レ・グレーヴRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune/Les Greves内容量750mlWA91/Issue 29th Jun 2007WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョゼフ・ドルーアン ジョゼフジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。 ボーヌ一級レ グレーヴ 2005 ジョセフ ドルーアン 赤ワイン S tp 最安値,豊富な

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ シェルボード ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 大人気,低価

INFORMATIONNameGevrey Chambertin Premier Cru Cherbaudes Vieilles Vignes V.V. Domaine Fourrierブドウ品種ピノ ノワール生産者名ドメーヌ フーリエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート ド ニュイ/ジュヴレ シャンベルタン/シェルボードRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Cherbaudes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 哲学者?詩人? 純粋主義者が造る 素晴らしいブルゴーニュ! 一部の人の楽しみで終わってしまうほど、日本への入荷もままならないので、ご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、 このまま知らずにいるのは、勿体無い と思います。 かと言って、さほど数がご用意出来ないのが、 本当に悩ましい というのも、正直なところ。 それが、1971年生まれの、ジャン・マリー・フーリエ氏が手掛ける、ドメーヌ・フーリエ。 一級と特級が、所有面積の70%を占めるという、恵まれた環境にあるフーリエ。 ジャン・マリー氏は、ボーヌのワイン学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通い、その後、アンリ・ジャイエ、父、オレゴンのジョセフ・ドルーアンの元での修行を経て、若干23歳の若さでドメーヌを継承しました。 『その誰でもない、自分だけのワイン造り、哲学がある。』 ジャン・マリー氏のその言葉に、 嘘が無い 事は、彼のワインが、証明しています。 【ワイン雑誌のコメント】 ジャン・マリー・フーリエは、 とことん純粋主義者 だった。 良いワインを造るための労力はいとわない。また、 商業主義を嫌い 、自分がやるべきこと、造るべきワインの スタイルを第一に 考えている。 (『リアル・ワイン・ガイド誌』21号より抜粋) ブルゴーニュ・ワインの権威 、クライヴ・コーツ氏が2008年に、英国の 『デキャンター誌』 で発表した… 『ブルゴーニュの新星とスーパー・スター』 という特集で、『ルフレーヴ』や、『アンヌ・グロ』などが選ばれた三ッ星に次ぐ、二ツ星ドメーヌとして、堂々、選ばれるほどの実力! 更に、 ロバート・パーカー氏 にも高い評価を受ける彼のワインは、日本だけでなく、世界的に引っ張りだこなのですが、これほどの世界的注目を浴びながら、 『純粋主義者』 で居続けるジャン・マリー・フーリエ。 そんなフーリエ氏に、どうしても会ってみたくなり、遂に、ドメーヌを 訪問する機会を得ました! 当日出迎えてくれたフーリエ氏。見るからに温和そうな顔立ちと、柔らかな話しぶり、会話の節々には、経験の豊富さ、聡明さが伺え、 まるで、哲学者か詩人ような空気を放っています。 ワインの酸化の話に触れた際は、化学式から始まり、コルクから保存に至るまでを語るその思いには、造り手としてだけでなく、いかに、飲み手に美味しく飲んでもらうかまでに気を配るその姿勢が伺えます。 【思い】 『畑での仕事を誠実に行う事で、ワインの出来は良くなる。 良い植物学者になれば、良いワインが出来る んだ。』 そう言いながらも、美しく整えられた清潔なセラーにも、 彼の仕事の丁寧さが随所に 感じられます。 一部の樽の表面に、蝋を塗り、酸化熟成の違いを見たり、通常より小さな樽で仕込む試みを行ったり、今の素晴らしい出来にも甘んじない、より良い物への拘りが伺えます。 訪問時、暫く不順な天候が続いた後、久しぶりに訪れた、昨日の晴天に… 『昨日、ワイン雑誌の取材が入っていたんだけど、どうしても畑に出る必要があったから、妻に取材を任せて、僕は畑に出た。申し訳なかったけど。』 世にも高い評価を受けるこの目の前の人の、 ただ純粋に、ワインの事を考えつつ、決して奢らないその人柄 に、今一度、彼のワインの純粋さは、彼そのものなんだと実感しました。 フーリエのワインは、ジャン・マリー・フーリエ氏本人の人柄と同じく、純粋で、 人の心を打つ 、素晴らしいワインであるという事。 ジャーナリストも、飲み手も、彼のワインを愛する人誰もが行き着くその答え。 訪問で見聞きしたそのひとつひとつは、フーリエ氏のワインが、何故、人の心を動かすのかを物語っていました。 今回の訪問で、最も印象的だったのは… お人柄を感じる話】 『 98点の取れるワインではなく 、1日目に美味しくて飲みきってしまい、2日目にもまた、同じそのワインを飲みたくなるようなワインを造りたい。 美味しいワインを見つけるなら、そのワインを街に並べて、一般の人に飲んでもらえば良いのさ。 ボトルが真っ先に空になったワイン、それが、一番なんだから。 』と、いう言葉です。 皆さんも、ジャン・マリー・フーリエ氏の 人柄を感じて頂けるのではないでしょうか。 世界各地で、メディアに取り上げられるフーリエですが、畑で、そして、セラーでの細やかな配慮ある仕事を、ひたすら真面目に行うフーリエ氏に見えているのは、 ただひたすら、彼のワインを愛し、飲んでくれる人の笑顔だけなのです。 そんなフーリエのワイン、初リリースも含め、入荷しました。 1人でも多くのお客様に、 フーリエの人柄 と、 ワインの美味しさ を感じてもらえたら嬉しいです。 ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ シェルボード ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 大人気,低価

マグナムボトル マコン ヴェルゼ 2016 ドメーヌ ルフレーヴ1500ml 白ワイン ワイン =750ml 8本と同梱可 限定SALE,品質保証

貴重なマグナム! ブルゴーニュ白ワインのトップ生産者、ルフレーヴのドメーヌもののマグナム・ボトルが入荷しました! 人数が集まった食事では、マグナム・ボトルの存在感はそれだけで華やぎますが、ワインがルフレーヴともなれば、 ゴージャスさは格段にアップします! ルフレーヴにしては、 かなりお手頃な価格帯 と言うのも魅力です!! INFORMATIONNameMacon Verze Domaines Leflaiveブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ルフレーヴ産地フランス/ブルゴーニュ/マコネ/マコンRegionFrance/Bourgogne/Maconnais/Macon内容量1500mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マグナムボトル マコン ヴェルゼ 2016 ドメーヌ ルフレーヴ1500ml 白ワイン ワイン =750ml 8本と同梱可 限定SALE,品質保証

ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ショーム 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 送料無料,セール

INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Les Chaumes Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・ショームRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Les Chaumes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ショーム 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 送料無料,セール

シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 限定SALE,爆買い

INFORMATIONNameChablis Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリRegionFrance/Bourgogne/Chablis内容量750mlWA(87 - 89)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 限定SALE,爆買い

ムルソー 2002 コシュ デュリ 白ワイン tp S 新品,得価

極上の熟成ムルソー! 恐らく、誰もが認める ブルゴーニュ最高峰の造り手 は、このコシュ・デュリだと思います。 誰もが、 『いつかは飲みたい!』 と憧れるものの、生産量が少ない為、お目にかかれる事すら少ない…(涙) そんなコシュ・デュリから… 16年熟成の極上ムルソーが入荷! これほどの 長期熟成を経たコシュ・デュリのムルソー に出会う事は、よほどの事が無い限り、無いと思います。 そんな訳で、 ブルゴーニュ愛好家 は、迷わずお買い求め下さい! 世界的な人気で、その価格も相当なものの、やはりその実力を味わえば、引く手数多なのも納得せざるを得ない生産者、コシュ・デュリ。 今回の1本も、香味や風味がこれ以上ないほどにたっぷりと詰まった、コシュ・デュリ感たっぷりの美味しさです! スモークしたナッツ や炒った栗、 レモンカードや澄ましバター 、少し焼いた肉の香りのような芳しさも感じる、 リッチかつ力強い香り がグッと立ち上がります。 味わいにも、これ以上ないほどに味わいが詰まっており、香りのニュアンスに加え、 カカオなどの芳しい風味 、たっぷりと塩味のあるミネラルが全体的に溶け込み、 長い長い余韻 に繋がります。 村名ムルソーでこの味わいですから、一級物だとどうなるのか… ぜひ味わってみて下さいね!! (2018年4月23日試飲) INFORMATIONNameMeursault Coche Duryブドウ品種シャルドネ100% 生産者名コシュ・デュリ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー 2002 コシュ デュリ 白ワイン tp S 新品,得価

ボーヌ プルミエ クリュ レ トゥーロン 2012 ルイ ジャド ドメーヌ 赤ワイン S 2019新款

INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Teurons Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌ/レ トゥーロンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune/Les Teurons内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ボーヌ プルミエ クリュ レ トゥーロン 2012 ルイ ジャド ドメーヌ 赤ワイン S 2019新款

サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シャン 2015 フィリップ パカレ 白ワイン tp 新作登場,2019

妖艶な香り! フィリップ・パカレって、赤ワインのイメージだと思いますが、 実は、白ワインも、最高に良いワイン揃い なのです♪ どの白ワインにも共通しているのが、 『飲み口の良さ』 だと思います。 口に含むと、 ス〜ッと染み渡る 。この感覚、ホント素晴らしいので、1人でも多くの ブルゴーニュ好き に味わって頂きたいと思います! 特に、この2015年は、 かなり出来が良い ので、数年寝かして置いたら、大化けすると思いますよ(^_^)v もちろん、今すぐ飲んでも美味しいですけどね〜♪ とにかく、 オススメです! ■輸入元様資料より抜粋■ 砂利の混じる粘土石灰土壌で、涼しさのある南向きの斜面に植わる平均樹齢45年ほどのシャルドネ。 妖艶な香り にライム、 ジンジャー を思わせるニュアンスがあり、 ミネラル豊富 で硬質なまっすぐな味わい。 INFORMATIONNameSaint Aubin Premier Cru Les Murges des Dents de Chien Philippe Pacaletブドウ品種シャルドネ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバン/レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シヤンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin/Les Murgers des Dents de Chiens内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シャン 2015 フィリップ パカレ 白ワイン tp 新作登場,2019

クロ ド ラ ロッシュ グラン クリュ 2012 ラ プス ドール 赤ワイン 豊富な,限定セール

INFORMATIONNameClos de la Roche Grand Cru La Pousse d'Orブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/モレ・サン・ドニ/クロ・ド・ラ・ロッシュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Morey St Denis/Clos de la Roche内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 30th Dec 2013 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! クロ ド ラ ロッシュ グラン クリュ 2012 ラ プス ドール 赤ワイン 豊富な,限定セール

シャブリ一級モンテ ド トネル 2006 フランソワ ラヴノー 白ワイン S tp J 高品質,定番

■蝋キャップについて■ こちらは 蝋キャップ の商品でございます。輸送途中で、既に 蝋が欠けているものや割れている ものもございます。 商品到着後の、返品交換はお受け致しかねますので、ご了承の上お買い求め下さい。 INFORMATIONNameChablis Premier Cru Montee de Tonnerre Francois Raveneauブドウ品種シャルドネ生産者名フランソワ・ラヴノー産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/モンテ・ド・トネルRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Montee de Tonnerre内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2015WS90/Issue Web Only - 2010 ※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4580373880462 間違いなく、 世界最高峰の シャブリの一つ! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この二人は、欠かせません!! シャブリきっての名手として知られる、フランソワ・ラヴノー! ワイン専門誌の『ワイナート誌56号』では… ■最低でも5年待つように■ 『顧客には 最低でも5年待つように すすめてますよ』 と、79年以来、父フランソワに代わってドメーヌを仕切るジャン・マリーがいう。 古樽を中心にした醸造から、しばしばヴァンサン・ドーヴィサとの近似性が指摘されるが、それもそのはずでヴァンサンとジャン・マリーは 従兄弟同士 。 しかし、相違点は当然あり、ラヴノーのほうが 樽熟期間はより長く 、シャブリでは稀な 18カ月 も樽に寝かせる。しかも、瓶詰め後もすぐさま売りに出すことはなく、しばしの間、 カーヴで瓶熟 。 〜中略〜 しかし、最後の最後にジャン・マリーが04年のヴァイヨンを開けてくれた。ラヴノーの真価を語るにはまだ若いが、少し熟成香も出始めている。 もしもより若いレ・クロやモンテ・ド・トネールを手に入れる機会に恵まれたら、 セラーの奥深くにしまい込み 、一度ワインの存在を忘れてしまうことだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) と、大絶賛されてます! 確かに、若くして飲むには、難しいラヴノーですが、昨年、とあるお店でグラスで飲んだ、ラヴノーのヴァイヨン2006は、若いながらも、時間と共に、 じわじわ と沸き上がる ミネラル感 、透明感と そこはかとないパワー には、驚くべきものがありました。 今回は、現在の最新ヴィンテージ2006年と合わせて、2001年のビュトーもご紹介します! 従兄弟のドーヴィサともども、こちらも 入手難…(;^^) セラーをお持ちの方は、やはり、 セラーの奥底 に入れて、 一度忘れてしまって下さい! セラーに、ラヴノーとドーヴィサが入っていたら 『むっ、やるな…』 と、思われること、確実です(笑) 区画にまでこだわりをもってワイン造りをする 町中の通りに面した家の軒先には腰をかがめて畑を耕す農夫の姿をかたどり、『フランソワ・ラヴノー、ヴィニュロン』と表示の看板が下がる。 ドメーヌ・フランソワ・ラヴノーはグラン・クリュのブランショ、ヴァルミュール、レ・クロとプルミエ・クリュはモンマン、ヴァイヨンとモンテ・ド・トネールに畑を所有する。最近シャブリACにも畑を購入し、ヴィンテージ2007年からワイン生産を始めたという。合計で8haを所有する。 収穫は手摘み、圧搾は房丸ごとと 古典的 だ。 モンマンはこのクリマ名のほか、フォレとビュットーのリューディ名入りのワインも造る。それぞれの生産本数は3000、5000、10000だ。 樽からヴィンテージ2007の試飲を薦められ、『モンマンのどれか一つを』と、答えたら、ジャン・マリー・ラヴノーは『モンマンはモンマンであって、フォレともビュットーとも個性は異なる。それは立地条件が異なるからだ。だから、すべてをブレンドしてモンマンにまとめることはしない。モンマンは斜面の下部の平らな土地に近いから、 フローラル で、斜面上にあるフォレのワインよりも優しい個性となる。ビュットーは白いキンメリッジャンの土壌が勝っている区画だから、 ミネラル感 が最も豊富だ。』と、区画にまでこだわりをもってワイン造りをすることを静かな口調だが、強調した。 3.5haと大きな所有面積のモンテ・ド・トネール。こちらも、このほかにヴィンテージによってシャプロのリューディ名入りのワインを1600本造る。 このシャプロの区画を含むモンテ・ド・トネールの一部は樽発酵を行う。 『モンテ・ド・トネールはタンクに入れる量が多いから、樽風味がワインに溶けやすいので、最大10%ぐらいの割合で新樽を用いている。』と言う。 その他のワインは、発酵をステンレスタンクで行い、その後オーク樽に移し、澱を入れずに12カ月以上の樽熟成を行う。用いるのは1年以上の使用樽だ。 地下セラーには、よく話題に上るシャブリ伝統のフイエットと呼ばれる小樽と228リットルのピエス樽がある。 『セラーの天井が両サイドでカーヴしているので、ピエスを置けないからフイエットがあるだけ』とあっさりとその理由を答えた。 シャブリらしく酸の豊富なヴィンテージだった2007年には樽発酵を行わないなど、作柄によって醸造方法を変える。 『 2006年は粘性 があり、シャブリらしからぬ、しなやかな特徴だった。 2007年は豊富な酸 が和らぎ、飲み頃になるまで待つ必要があるだろう。』と、ジャン・マリは言う。 瓶詰め前、タンクに貯蔵中のワインの試飲でも、2006年の特徴は確認できた。 モンマンにはふくよかな ヴォリューム感 、フォレにはしっかりとした ミネラル さ、ビュットーは特徴的なミネラルさに厚みがあり、ヴァイヨンは ヨード的なミネラル さが強く、シャプロは 軽やか で、モンテ・ド・トネールは新樽からか、 スモーキーさ が混ざり、ブランショは フローラルでエレガント 、ヴァルミュールは 硬いミネラル さがあるがリッチなストラクチュア、レ・クロは ミネラル さが凝縮し、 深い余韻 にシュクロジテ(甘み)がからむ。 『同じクリマあるいはリューディのワインでもヴィンテージによっても 特徴は変わる 。区画やヴィンテージに合わせて、仕事をするだけだ。』とジャン・マリはあくまでも淡々とした口調で言う。 (『ヴィノテーク2008年8月号』より抜粋 ) シャブリ一級モンテ ド トネル 2006 フランソワ ラヴノー 白ワイン S tp J 高品質,定番

クロ ド ヴージョ グラン クリュ 1995 メオ カミュゼ 赤ワイン tp S 送料無料,豊富な

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 23年熟成の貴重品! ワインのプロでもなかなかお目にかかれない、メオ・カミュゼの熟成物が入荷しました〜♪ なんと、1995年のクロ・ド・ヴージョ! 数に限りがあるので、気になる方は、早めに買った方が良いと思います!! ■burghound.comより抜粋■ Tasting note: (from a bottle opened at the domaine). Still quite deeply colored. A relatively inexpressive nose features relatively ripe, mostly black fruits and moderate secondary aromas that are followed by earthy, full and still solidly structured flavors and fine length though there is mild astringency present. This is denser than usual though it is also perhaps a touch less elegant too and I would suggest drinking the '95 Clos de Vougeot now and over the next decade as it risks drying out before its still firm tannins are fully resolved. To be sure, this is an enjoyable and admirably complex effort, just one where the balance is not likely to hold over time . Tasted: Nov 12, 2009 Drink: Now+ 評価:89点 INFORMATIONNameClos de Vougeot Grand Cru Meo Camuzet ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名メオ・カミュゼ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ド・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロ ド ヴージョ グラン クリュ 1995 メオ カミュゼ 赤ワイン tp S 送料無料,豊富な

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ ラヴォー サン ジャック 2014 デュガ ピィ 赤ワイン tp 爆買い,人気

当主もオススメ! 先日、初来日で話題を呼んだ、デュガ・ピィの当主、ロイク氏。 既にキャリア20年を誇り、畑に多くの時間を費やす彼が、話の中で強くオススメしていたのが、 ラヴォー・サンジャック でした。 『吹き下ろす風の影響で昼夜の寒暖差があり、 タンニンは丸く 、 フレッシュ感が保たれる 。 とてもポテンシャルの高い畑だけど、 600本しかないんだよ 。見つけたらぜひ、手に入れて欲しい。』 その思いの入れようは明らかです! INFORMATIONNameGevrey Chambertin Premier Cru Lavaux Saint Jacques Domaine Dugat Pyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名デュガ・ピィ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/ラヴォー・サン・ジャックRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Lavaut Saint Jacques内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating デュガピィ デュガ ピィ デュガピイ ブル好きの憧れ! 世界的な需要と、生産量が 全く釣り合いません(涙) 【造り手の状況】 『ドメーヌの規模も徐々に大きくなってはいるが、そのあまりに 殺到する需要 のため、ほとんど 焼け石に水状態 。』 (輸入元様資料より抜粋) と言われるほど、 あまりの人気の高さ に、市場で店頭に普通に並んでいる姿を見かける事は、 ごく稀 といえる、デュガ・ピィ。 畑での仕事 を何よりも大事にする、当主ベルナール氏をはじめとする、家族経営のドメーヌのワインは、もう長きにわたって、 世界がそのリリースを熱望するほどの存在 である事は、ブルゴーニュの中でも、 屈指の存在 だと言えるのではないでしょうか。 デュガ・ピィのワインを特徴づけているのは… 【デュガ・ピィの特徴】 ◇畑は、殺虫剤や化学肥料の類は 一切使用せず 、日々こまめな手入れを必要とする ビオロジークで耕作 。 ◇通常を超える 高密植度 。ジュヴレのプルミエ・クリュや、プティト・シャペル、シャンベルタン1万3000本という異例の数字。 ◇ 樹齢 は若くて20〜30年、ヴィエーユ・ヴィーニュとしているのは、50〜90年と 常軌を逸した古さ 。 ◇上記による、 低収量 は、豊作の年でも30ヘクトリットルを超えないほど。 ◇収穫後の 細心の注意 などなど…。 しかし、どんなに多くを語るよりも、彼のワインをひと口飲めば、世界から熱望されるその意味は、おわかり頂けるはず! そんな、 デュガ・ピィの2008年 が入荷しました!! 今こそ、手に入れるチャンスです!! ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ ラヴォー サン ジャック 2014 デュガ ピィ 赤ワイン tp 爆買い,人気

サヴィニー レ ボーヌ一級オー ジャロン ルージュ 2014 ルイ シュニュ 赤ワイン 得価,定番

『癒し系優しさに力強さが!』 ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ このワインにはルイ・シュニュの 癒し系優しさに力強さが加わっている 事が例年よりハッキリとしている。 INFORMATIONNameSavigny les Beaune Premier Cru Haut-Jarrons Rouge Louis Chenuブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・シュニュ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サヴィニー・レ・ボーヌ/オー・ジャロンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Savigny les beaune/Haut-Jarrons内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating サヴィニー レ ボーヌ一級オー ジャロン ルージュ 2014 ルイ シュニュ 赤ワイン 得価,定番

サヴィニー レ ボーヌ ルージュ 2016 シモン ビーズ 赤ワイン 高品質,新作

『お見事です。』 リアルワインガイド誌でも、絶賛されているシモン ビーズの2016年が、入荷しています♪ といっても、 生産量が少なかったので、入荷したのも、ごく少量…(汗) 気になる方は、是非お早めにお買い求め下さい! ■『リアルワインガイド誌63号』より抜粋■ 16年からはブルジョという区画名を取り、単なるサヴィニー・レ・ボーヌとする。千砂さんが様々なことを熟慮してのこと。ともかくふんありしたナチュラル香がたまらない。 口に含むと思いっきりナチュラル 。その梅やうま味出汁系の味わいがまたたまらない。そして16年の酸と心地よい凝縮感。 いやあ、美味しいです。お見事です 。 <18年04月試飲> INFORMATIONNameSavigny les Beaune Rouge Simon Bizeブドウ品種ピノ・ノワール生産者名シモン ビーズ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サヴィニー・レ・ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Savigny les beaune内容量750mlWA(89 - 91)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NHKで放映! 『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと 名門ドメーヌ 再起の闘い』 その 端正なスタイル で、ブルゴーニュ好きを魅了する、シモン・ビーズ。 当主パトリック氏のポリシーは… 『バランスがとれ、土壌毎のキャラクター及びヴィンテージの性格がよく出ているワインを生み出す事。』 と言われていました。 シモン・ビーズの定評は、そのワインの 奇をてらわない美味しさ が、ブルゴーニュ・ワイン好きにとって、大事な存在であり続けたから。 赤も白も、 透明感とミネラル感 を備え、各畑の個性を映し出すその味わいは、ブドウに正直な仕事をしないと出せない味わいです。 『艶やかなブルゴーニュを堪能したい!』 という方に、是非飲んで頂きたい造り手です。 そのパトリック氏が、2013年10月、61歳の若さで急逝、そのニュースを聞いた私たちも、 『この先、どうなるんだろう・・・ 』 と、一抹の不安を隠せませんでした。 彼の妻であり、日本人女性の千砂さんは、かねてから日本のワイン好きの間では知られた存在でしたが、その千砂さんと、パトリックの妹で、ヴォーヌ・ロマネのドメーヌ・ジャン・グリヴォに嫁いだマリエルが、ドメーヌの舵取りを行い、シモン・ビーズは、 歩みを止めることなく、困難を乗り越えました! その様子が、NHK《Eテレ》 ETV特集 『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと名門ドメーヌ 再起の闘い』 で放映されました。 【NHK特集】 ETV特集『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと名門ドメーヌ 再起の闘い』 歴史あるドメーヌに嫁ぎ 、職人気質の夫を支えてきた、ビーズ千砂さん。 急逝した夫との突然の別れという、抱えきれない苦しみの中、ドメーヌの今、そしてこれからを決めなければいけないという 現実と立ち向かった、2013年 。 そして、 前を向き、ドメーヌを守り続ける事を誓った 彼女を支えた、家族やスタッフに、多くの方が、心を打たれたのではないでしょうか。 千砂さんが、 『ドメーヌのマダム』から、『ヴィニュロン』へ 変わる年となった、2013年。 そして、 パトリック氏が手掛けた、2012年 。 どのワインにも、彼らの思い、 人生が詰まっています 。 放映を見て、シモン・ビーズのワインを飲みたいと思われた方も多かったようで、タカムラで販売していた、シモン・ビーズのワインは、放映後、ほとんど売り切れてしまいました…(汗) でも、 追加で入荷しました ので、ご紹介させて頂きます。 千砂さんと会われた方はお分かりでしょうが、話を聞けば、彼女は嫁いでから今まで、夫同様、 ドメーヌともに歩んで来た ことが、分かります。ちなみに、2015年に日本でお会いした千砂さんは、TVのとおり、飾らず、でも、自分をしっかり持っている、素敵な女性でした。 元々、 2008年からビオディナミを実践 するようになったのも、千砂さんがパトリック氏に提案したのがきっかけというのですから、そのセンスは、折り紙つきなのです。 更に、息子ユーゴ君は今、ドメーヌの跡取りになるべく、 勉強中だとか! この先、息子ユーゴ君も大きな力になっていくであろう、シモン・ビーズのワインを、 毎年味わって頂く方が増えるといいな と、こころから願っています。 シモン・ビーズのこれからに、 ますます期待して下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ ワイン造りは今も昔も変わらない。 白ワインは収穫後、ブドウをただちに圧搾し、12時間のデブルバージュ。小樽に移して発酵。クリマに応じて6〜12ヶ月の樽熟成を行う。 新樽率は15〜30%と比較的少なめ で、古い樽は5年ものまで使用する。 バトナージュは機械的には行わず、各樽の状態を見て判断するという。 赤ワインの醸造も古典的。 基本は100%全房である。 近年の例外は成熟の難しい区画のブドウを除梗した2007年と、大雨や雹に祟られ完全除梗を決断した2013年。 発酵には木桶を使い、柔らかな抽出のためピジャージュは足。その後、樽に移すが新樽率はきわめて低く、まったく新樽を使わないキュヴェも多い。 収穫翌年の1月から3月にかけてすべてのワインを瓶詰めする。 シモン・ビーズのワインの特徴は”端正”のひと言。 白は きれいな酸味が基調 でミネラルに富み、赤は しなやか ながらストラクチャーはしっかりしてる。いわゆる 過剰なところがないのがこのドメーヌの特徴 であり、料理と合わせるとじつにおいしく、その値ごろ感からもレストラン向けのワインといえるだろう。 サヴィニー レ ボーヌ ルージュ 2016 シモン ビーズ 赤ワイン 高品質,新作

モンテリー プルミエ クリュ レ デュレス ルージュ 2015 ポール ガローデ 赤ワイン

INFORMATIONNameMonthelie Premier Cru Les Duresses Rouge Paul Garaudetブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ポール・ガローデ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/モンテリー/レ・デュレスRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Monthelie Les Duresses/Les Duresses内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『まんまピュリニー』に、 ライバル登場!? 『まんまムルソー!』 ピュリニー・モンラッシェのブドウを95%使用という、贅沢仕様と、その美味しさで人気の高い、『まんまピュリニー』こと、フィリップ・シャヴィの、ブルゴーニュ・ブラン。 そんな中、強力なライバルが登場です! なんと、ムルソーから、 『まんま』 な、ACブルゴーニュが入荷しました〜!! 実際、飲みましたが… 『あ〜っ♪』 と、思わず、ニンマリしたくなるような、 個性がちゃんと感じられます。 円安の昨今、こんなワインが、この価格でご紹介できるのは、嬉しい限りです♪ それでは早速、ご紹介します! モンテリー プルミエ クリュ レ デュレス ルージュ 2015 ポール ガローデ 赤ワイン

ムーラン ア ヴァン クロ ド ロシュグレ シャトー デ ジャック 2016 ルイ ジャド 赤ワイン S 安い,大人気

INFORMATIONNameMoulin a Vent Clos de Rochegres Chateau des Jacques Louis Jadotブドウ品種ガメイ/ピノ ノワール生産者名ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/ボジョレー/ムーラン・ア・ヴァン/クロ・ド・ロシュグレRegionFrance/Bourgogne/Beaujolais/Moulin a Vent/Clos de Rochegres内容量750mlWA92/Issue 22nd Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムーラン ア ヴァン クロ ド ロシュグレ シャトー デ ジャック 2016 ルイ ジャド 赤ワイン S 安い,大人気

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ 2006 ラ プス ドール 白ワイン S tp 人気セール,大人気

ほど良い熟成感♪ ジェラール・ポテル氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなったというワイン好きは、多いと思います。 実際、私もそうでした…(汗) でも、 実は、今も凄いの造ってます♪ この2006年のレ・カイユレも、素晴らしい! 少量のみの入荷 なので、買えた人はラッキーかも〜♪ INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Les Caillerets Pousse d'Orブドウ品種シャルドネ生産者名プス・ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/レ・カイユレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Les Caillerets内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ 2006 ラ プス ドール 白ワイン S tp 人気セール,大人気

ピュリニー モンラッシェ 2017 ポール ペルノ 白ワイン SALE,定番人気

■輸入元様資料より抜粋■ 輝きのある緑がかったレモンイエロー。 新鮮な白桃等の熟した果実のジュース やレモンやライムなどの柑橘と白い花、 砂糖漬けハーブ 、スパイス等の要素が印象的。酸と果実味のバランスがほど良く、 テクスチャーのしっかりとしたキュヴェ 。 余韻も長く、気品があります。 村名ワインの枠を大きく越えた素晴らしいバランスとポテンシャルを持った傑作 です。 所有面積6.5ha。 INFORMATIONNamePuligny Montrachet Domaine Paul Pernotブドウ品種シャルドネ生産者名ポール ペルノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ 2017 ポール ペルノ 白ワイン SALE,定番人気

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン 2016 グロ フレール エ スール 白ワイン J S 2019,最新作

『これは見事に美味しいです。』 『彼の意気込みは本物だ』『今後がマジに楽しみだ。』 (《リアルワインガイド62号》より抜粋) と、2016年から独り立ちした息子、ベルナール氏のポジティヴな変化を高く評価されている、グロ フレール エ スール。 先日私も、オート・コート・ド・ニュイの赤白を試飲しましたが、確かに変わっています! 味わいの豊かさや細かさがグッと鮮明に! そんな2016年が入荷です! ■『リアルワインガイド誌64号』より抜粋■ 香りをひと嗅ぎした瞬間『おっ!これはいい』なのだ。 これは見事に美味しいです 。おすすめ。 柑橘のピール や カリン 、 白い花のブーケ や少し ブリオッシュ のようなニュアンス、 炒った栗 などの香ばしさなど、豊かでその質の高さをしっかりと感じる事が出来る香りと、味わいにも、香りの要素が旨味の層になって詰まっており、 酸味とミネラルのニュアンス がより豊かな風味を生み出し、 長く広がりのある余韻 が楽しめます。 一般的なオート・コート・ド・ニュイの枠にとどまらない ポテンシャルの高さ は、このドメーヌの確かな変化を感じさせてくれる美味しさです。 INFORMATIONNameBourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc Domaine Gros Frere et Soeurブドウ品種シャルドネ生産者名グロ・フレール&スール産地フランス/ブルゴーニュ/オート・コート・ド・ニュイRegionFrance/Bourgogne/Hautes Cotes de Nuits内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4997678105679 子供が、そのまま大人に?! ベルナール・グロは、 グロ一族の中でも、異色かも(笑) ご存知!ジャン・グロの息子ベルナール・グロが造るのが、このグロ フレール エ スールです。 90年代は、父のジャン・グロや、長男の ミッシェル・グロ ばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが 世界的 に評価が上がっています。 確かに飲んでみると、 噂に違わず素晴らしい出来栄え! その上、値段もかなりお手頃です♪ 長男のミッシェルと、次男ベルナールには直接会った事がありますが、全く性格が違い、 『ホントに兄弟なの?!』 と聞きたくなるくらいです。 『ワインの味には、造り手の人間像が反映される。』言われますが、次男ベルナール・グロに 会ってみると、『なるほど♪』 と思えます(笑) その人物像は如何に?! 【ベルナール・グロの人物像】 1:世の常に違わず、次男の彼は冗談好きでオチャメな性格。 2:子供がそのまま大きくなったような子供っぽさが残る。 3:その反面、急に考え込んでしまう事も。 4:ワインの味わいは、味わいのハッキリとした当世風。 5:新しい物好きで、好奇心旺盛。 上記写真のように、 興が乗ればピアノまで弾いちゃいます(笑) そんな彼が造るワイン、是非、味わってみて下さい。 奇才(?)ベルナール・グロさん セラーを拡張中!壁の裏側は、なんとロマネ・コンティのヴィレーヌさん宅です。 自分も畑に出ている事が良くわかる程、かなり彫りの深い手でした。 ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン 2016 グロ フレール エ スール 白ワイン J S 2019,最新作

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ モルジョ モノポール クロ ド ラ シャペル 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 最安値,格安

INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Morgeot Clos de la Chapelle Monopole Domaine Duc de Magenta (Louis Jadot) ブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/クロ・ド・ラ・シャペルRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Clos de la Chapelle内容量750mlWA(87 - 89)/Issue 31st Dec 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ モルジョ モノポール クロ ド ラ シャペル 2015 ドメーヌ デュック ド マジェンダ ルイ ジャド 白ワイン tp 最安値,格安

シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ ザムルーズ 2011 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン 100%新品,人気SALE

Sweet spot Outstanding! ブルゴーニュにはいろんな畑がありますが、毎年、非常に人気が高いのが、 プルミエ・クリュ(=1級畑)のレザムルーズ です。 実は、レザムルーズというフランス語は、 《恋人達》 という意味なので世界中のワイン愛好家達が、ちょっとしたイベントの時に、ご夫婦や、恋人が飲むのです♪ そんな 素敵な名前のワイン なので、是非、なにかのイベント用に1本お買い求め下さい! コレさえあれば、素敵な時間を過ごせること、間違いなしです(^_^)v ■burghound.com 49号より抜粋■ Note: from old vines of an indeterminate age Producer note: Frederic Mugnier described the 2011 as a 'vintage where the growing season largely mirrored that of 2007 with its very early start and hot spring. Because it was so dry people started thinking about parallels with 2003 and thus anticipated a very hot summer but that didn't happen and instead it was cool, wet and overcast. But the longer that I do this my thinking has evolved to the point that I am no longer convinced that plenty of sunshine with its concomitant heat is really the critical variable in achieving excellent quality fruit. Rather, I am becoming ever more persuaded that what is really important is the length of the cycle after the flowering because it is this that allows the proper phenolic development even if the weather itself is not necessarily favorable. There was some disease pressure though less than I would have expected given the conditions and even what there was really wasn't all that bad. For example we did have some botrytis but less than we had in either 2008 or 2010, two vintages that are generally regarded as having been pretty clean. There was of course some sorting required though these days every vintage is thoroughly sorted no matter how clean it is as there's always something that isn't exactly as you would prefer. Sugars were moderate as potential alcohols ranged between 12 and 13%. I did my usual vinification with a total cuvaison of 18 to 20 days. I did more punching down at the end as I now prefer to do it when the must is almost dry. As to the wines, despite the general resemblance to the 2007 growing season, the 2011s are not at all like the 2007s as they have better acidities and more depth of material as well.' The now in-bottle '10s have turned out marvelously, in particular the Amoureuses and Musigny and was the case in 2009, the Bonnes Mares is not far behind. (A Becky Wasserman Selection/Le Serbet, www.leserbet.com, Beaune, France; Veritas Imports, www.veritaswine.com, CA/NV/AZ/NM, Classified Wine & Spirits, LLC, www.classifiedwine.net, Austin, TX, Scott Paul Wines, www.scottpaul.com, Portland, OR, Martin Scott Wines, www.martinscottwines.com, NY/NJ/CT, Fine Vines, www.finevines.com, Chicago, IL, Classified Wine & Spirits, LLC, www.classifiedwine.net, Austin, TX, Augustan Wine, www.augustanwine.com, Miramar, FL, Cordon Selections, www.cordonselections.com, Seattle, WA, Small Potatoes Wine, www.smallpotatoeswine.com, Boise ID, Little Guy Wine, www.littleguywine.com, Dearborn, MI, Terra Nova Wines, www.terranovawines.com, Denver, CO, Wines Unlimited, www.winesunlimited.com, New Orleans, LA, Vineyard Road, www.vineyardroad.net, Framingham, MA, Atlanta Wholesale Wines, email david.forman@atlanta.com, GA, C'est Vin, LLC, 703/243-3559, Arlington, VA, Magnolia Spirits, gatkins@atkinsmachinery.com, SC; Berry Brothers & Rudd, www.bbr.com, UK, Howard Ripley, www.howardripley.com, UK and Haynes, Hanson & Clark, www.hhandc.co.uk, UK, O.W. Loeb, www.owloeb.com, UK). Tasting note: Relatively strong reduction gets in the way of a proper evaluation of the nose. By contrast there is a superb sense of energy and strikingly good detail to the penetratingly mineral-driven medium-bodied flavors that display an incredibly refined and ultra-pure mouth feel on the deeply complex and gorgeously persistent finish. This is a thing of beauty and textbook Amoureuses. Sweet spot Outstanding Tasted: Jan 14, 2013 Drink: 2023+ 評価: 92〜94点 INFORMATIONNameChambolle Musigny Premie Cru Les Amoureuses Jacques Frederic Mugnierブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック フレデリック ミュニエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レザムルーズRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Amoureuses内容量750mlWA92/Issue 30th Nov 2014 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』登場で、 ますます入手難! ブルゴーニュの名手が登場!! シャンボール・ミュジニーらしさ を引き出す名手として、その存在が知られているこの造り手。 残念ながら、 あまりに希少 すぎて、中々ご紹介が出来ませんが、今回、彼の代表作、ミュジニー98や、なんと、レザムルーズ97など、思わず 『ゴクッ』 と、喉がなる逸品が入荷しました〜!! 『神の雫』では、失われた記憶を取り戻そうとする、美人画家のために、ジャック・フレデリック・ミュニエの シャンボール・ミュジニー と、 ミュジニー が用意され、彼女の記憶を取り戻す糸口になる、大きな役割を果たし、その後、ますます 入手困難に…。 いまや、ブルゴーニュ・ファンが 密かに捜し求めるワイン のひとつとなってしまいました。 クリスマスの時期、このレザムルーズ(=日本語で『恋人達』の意)なら、どんなワイン通の女性だって、喜ぶのではないでしょうか♪ いずれも ごく少量の入荷 ですので、お早めに!! シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ ザムルーズ 2011 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン 100%新品,人気SALE

シャブリ プルミエ クリュ フルショーム 2015 シャンソン 白ワイン 2019,高品質

『渾身の1本です!』 その歴史は1750年に遡るという、 ブルゴーニュの老舗メゾン『シャンソン』 。 あのシャンパンのボランジェが新オーナーとなってからは、徹底したドメーヌ的なワイン造りを行い… 『劇的に復活!』 そんなシャンソンの実力が遺憾なく発揮された、このフルショームは、シャブリの中でも最高と評される 1級畑 です。 実際に試飲したところ、シャブリらしい豊かなミネラル感&グレートヴィンテージ2015年の恩恵を受けた、 熟した美味しさを存分に感じられました♪ まさに歴史と伝統が受け継がれた、 シャンソン渾身の1本です! 夏みかん や グレープフルーツのピール などの、程よく凝縮した柑橘の香りと、黄色い花、スモーキーなニュアンスが艶やかな印象で広がります。 味わいも、 シャブリらしいミネラル はしっかりと備えつつ、豊かさのある柑橘の果実が心地よい飲み心地を生み出しています。 プルミエ・クリュ ならではのミネラルの豊かさを備えつつ、2015年らしい 熟した美味しさ を堪能頂ける、早くからその魅力を発揮してくれる美味しさです。 INFORMATIONNameChablis Premier Cru Fourchaume Chanson Père & Filsブドウ品種シャルドネ生産者名シャンソン産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/フルショームRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Fourchaume内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ プルミエ クリュ フルショーム 2015 シャンソン 白ワイン 2019,高品質