シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ シャンガン 2016 ミッシェル ニーロン 白ワイン tp S お得,送料無料

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ ニエロンのワインは 洗練性と伝統性 、そして 温もりが混じり合っている 。その上で成り立った美しさだ。ミネラリーで上質感と粘性があり、果実はとてもクラシカルな印象のあるいい香り。口に含むと 酸がまたこの上なく美しい 。そこにミネラルが加わるからフレッシュで鮮明。加えてしっとりさもある。 本当にいいスタイルだなあ 、美味しいなあ。 ◆今飲んで:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Les Chamgains Michel Niellonブドウ品種シャルドネ生産者名ミッシェル・ニーロン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/レ・シャンガンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Les Chamgains内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating RWG誌曰く… 『14年のニエロンはバツグンだ。』 是非、お試し下さい! 魅力あふれる シャサーニュ・モンラッシェ を手掛ける、ミッシェル・ニーロンの2014年が入荷です! 『リアルワインガイド誌54号』でも、その 魅力を大絶賛! ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ いや、 美味しい 、柔らかい。 ポテンシャルが高い 。 スタイルがいい。 ともかく、14年のニエロンは バツグン だ。14年の 白ワインの出来の良さ を改めて思い知った次第。 ヴィンテージキャラとここのスタイルの相性がよく、 豊富なミネラル はとても柔らかく、 果実味のボリューム や酸の加減など絶妙としか言いようがない。 そして試飲時は閉じ気味だったがすぐに持っているパフォーマンスのほぼ100%を早くから発揮し、この素晴らしいワイン達をすぐに楽しめる。 そして羊の皮を被ったオオカミでもあり、柔らかいけど構造がしっかりしており 長熟もする 。 ミッシェル・クトー曰く 『生産量は満足できるものだった。きれいなブドウが採れ、 酸味と豊かさのバランス が取れていてボリューム感と余韻の長さもある。 シャルドネはとてもブルゴーニュらしい年と言える。 個人的に上手くいったと思っているのは ヴェルジェ 。』 知名度のある造り手の、充分な 上質感を備えた一級畑 でも1万円を超えないのは、 今どき貴重! ポテンシャル があるのに、早くから楽しめるスタイルというのも嬉しい限り♪ 手に入れるべきブルゴーニュ白 、入荷しました!! シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ シャンガン 2016 ミッシェル ニーロン 白ワイン tp S お得,送料無料

ミュジニー ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. グランクリュ 2007 コント ジョルジュ ド ヴォギュエ 赤ワイン tp J S 豊富な,限定セール

INFORMATIONNameMusigny Vieilles Vignes V.V. Grand Cru Comte Georges de Vogueブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Chambolle Musigny/Musigny内容量750mlWA95/Issue 29th Jun 2010WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0400003029464 ミュジニー ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. グランクリュ 2007 コント ジョルジュ ド ヴォギュエ 赤ワイン tp J S 豊富な,限定セール

モンラッシェ グラン クリュ 2006 メゾン ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 人気セール,限定SALE

INFORMATIONNameMontrachet Grand Cru Louis Latourブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! モンラッシェ グラン クリュ 2006 メゾン ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 人気セール,限定SALE

グリオット シャンベルタン グラン クリュ 2013 ジョセフ ロティ 赤ワイン S tp 正規品,定番

INFORMATIONNameGriotte Chambertin Grand Cru Domaine Joseph Rotyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ロティ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/グリオット・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Griotte Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《名門》 ジュヴレ・シャンベルタンから、 極上の2010年、到着! なんと、現当主のジョセフ・ロティ氏で23代目という、 ジュヴレ・シャンベルタンの名門 、ジョセフ・ロティ。 数々のグラン・クリュを持ち、クラシカルな味わいで、依然 高い評価 を受ける生産者の2010年が入荷いたしました! 非常に良い年となった、2010年のロティ。 クラシカルなスタイルを守りつつも、最近ではD.R.Cと全く同じ葡萄の選別機、プレス機などを新たに導入するなど、より 凝縮されたピュアな味わい を表現するなど、進化し続けており、現在も、その 揺るぎない品質の高さ は、広く知られるところとなっています。 今回は、この造り手の看板ワインである、ジュヴレ・シャンベルタンと、マイナーA.O.Cですが、かなり高い評価が高い『マルサネ』のロゼが入荷!! また、『リアルワインガイド誌』41号で… 『飲んでおくべき!』 と、言わしめた、《これを飲めば、ジョセフ・ロティ2010が判る》、ブルゴーニュ・ルージュも限定入荷! 是非、早めにお求め下さい!! ■『リアルワインガイド41号』より抜粋■ 0年のロティは結論から書くと、 とんでもなく素晴らしい品質 となった。 ここのスタイルである黒い風味の液体は濃いめで求心力があるが、10年というヴィンテージが更なる力を与えた。ともかく 力強く、複雑で、真ん中のあるワイン達ばかりだ 。 特にトップキュヴエであるシャルムやグリョットは 完全に10年を代表する品質 になっているが、決してこの2本ばかりを追う必要はない。 各マルサネや、村名ジュヴレを是非ゲットして飲んでみて欲しい。 10年という素晴らしいヴィンテージとロティの実力が分るから。 フィリップ・ロティ曰く『10年は 滑らかさと強さとフィネス 。ブドウは少量ながらも質の高いものが得られた。最初は滑らかさを感じたが、飲んでいるとフィネスと強さがあることを知った。10年はもちろん好きだ。また、果実のあらゆる要素が介まれており、それもいい、生産量は25〜30%減。』 グリオット シャンベルタン グラン クリュ 2013 ジョセフ ロティ 赤ワイン S tp 正規品,定番

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ モルジョ ブラン 2005 ルシアン ル モワンヌ 白ワイン tp S 赤字超特価,低価

INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Morgeot Blanc Lucien Le Moine ブドウ品種シャルドネ生産者名ルシアン・ル・モワンヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/レ・モルジョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Morgeot内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ モルジョ ブラン 2005 ルシアン ル モワンヌ 白ワイン tp S 赤字超特価,低価

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ マルトロワ 2016 ミッシェル ニーロン 白ワイン tp S 送料無料,大人気

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ やはり 洗練性と温もりが両立した魅惑の香り 。にしてもよく開いている。 RWGのレヴューはしょっちゅう「閉じ気味」とか「閉じてる」とか出てくるけど実際そうだし、他の評価本ではそれを一切無視して書いている。これだけ閉じたワインが多いのに、香りの単語のオンパレードだ。 その矛盾点をさらけ出すつもりもある。口に含むと味も開きまくり。なのでメチャクチャ美味しい。 塩っぽくてミネラリーで、果実感が実に的確で、酸が小気味よい 。 たまらんです 。 ◆今飲んで:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Clos de la Maltroie Michel Niellonブドウ品種シャルドネ生産者名ミッシェル・ニーロン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/クロ・ド・ラ・マルトロワRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Clos de la Maltroie内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating RWG誌曰く… 『14年のニエロンはバツグンだ。』 是非、お試し下さい! 魅力あふれる シャサーニュ・モンラッシェ を手掛ける、ミッシェル・ニーロンの2014年が入荷です! 『リアルワインガイド誌54号』でも、その 魅力を大絶賛! ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ いや、 美味しい 、柔らかい。 ポテンシャルが高い 。 スタイルがいい。 ともかく、14年のニエロンは バツグン だ。14年の 白ワインの出来の良さ を改めて思い知った次第。 ヴィンテージキャラとここのスタイルの相性がよく、 豊富なミネラル はとても柔らかく、 果実味のボリューム や酸の加減など絶妙としか言いようがない。 そして試飲時は閉じ気味だったがすぐに持っているパフォーマンスのほぼ100%を早くから発揮し、この素晴らしいワイン達をすぐに楽しめる。 そして羊の皮を被ったオオカミでもあり、柔らかいけど構造がしっかりしており 長熟もする 。 ミッシェル・クトー曰く 『生産量は満足できるものだった。きれいなブドウが採れ、 酸味と豊かさのバランス が取れていてボリューム感と余韻の長さもある。 シャルドネはとてもブルゴーニュらしい年と言える。 個人的に上手くいったと思っているのは ヴェルジェ 。』 知名度のある造り手の、充分な 上質感を備えた一級畑 でも1万円を超えないのは、 今どき貴重! ポテンシャル があるのに、早くから楽しめるスタイルというのも嬉しい限り♪ 手に入れるべきブルゴーニュ白 、入荷しました!! シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ クロ ド ラ マルトロワ 2016 ミッシェル ニーロン 白ワイン tp S 送料無料,大人気

シャルム シャンベルタン グラン クリュ 2011 カミュ 赤ワイン S 得価,人気セール

《超》良心価格! 《いぶし銀》 という言葉がまさにピッタリの、ブルゴーニュの老舗、カミュ。 《ワイナート誌》の《シャンベルタン特集》でも大々的に取り上げられる存在ながら、かねてから特に、 グランクリュの良心的価格 は驚くべきものでしたが、この数年、更にその感が強まったため、他国の買占めがあり、現地ストックもかなり少なくなったそうです(汗) そんなカミュの2011年ものシャルム・シャンベルタンが入荷しました! 熟成による芳しさと、シャルムらしい陰影のある風味を備えた味わいは、 カミュ好きにはたまらないと思います!! しかも、今どき1万円を切る信じがたい 『超』をたくさんつけたい良心価格! お見逃しなく!!! INFORMATIONNameCharmes Chambertin Grand Cru Camusブドウ品種ピノ・ノワール生産者名カミュ産地フランス/ブルゴーニュ/コート ド ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャルム・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Charmes Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャルム シャンベルタン グラン クリュ 2011 カミュ 赤ワイン S 得価,人気セール

シャブリ グラン クリュ ヴォデジール 2015 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S tp 安い,大得価

INFORMATIONNameChablis Grand Cru Vaudesir Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ヴォデジールRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Vaudesir内容量750mlWA89-91/Issue 31st Aug 2016WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ヴォデジール 2015 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S tp 安い,大得価

オーセイ デュレス ブラン レ クレ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 赤字超特価,限定セール

■ワイン名(原語)/Auxey-Duresses Les Crais 2013 Domaine de Chassorney ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/ドメーヌ・ド・シャソルネイ ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCオクセイ・デュレス ■生産年/2013 ■内容量/750ml ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!! オーセイ デュレス ブラン レ クレ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 赤字超特価,限定セール

シャンベルタン グラン クリュ 1970 ジャック プリウール 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り tp S

INFORMATIONNameChambertin Grand Cru Jacques Prieurブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック・プリウール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Chambertin Clos de Beze内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャンベルタン グラン クリュ 1970 ジャック プリウール 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り tp S

ミュジニー ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. グランクリュ 1990 コント ジョルジュ ド ヴォギュエ 赤ワイン tp S 大人気,人気SALE

ヴォギュエの看板ワイン! コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエを代表する看板ワイン は、特級畑のボンヌ・マール、ミュジニー、一級畑のシャンボール・ミュジニー・レザムルーズなどいくつもありますが、やなり 大本命の《看板ワイン》 といえば、このミュジニー・ヴィエイユ・ヴィーニュ(=古木)ではないでしょうか? そんな ヴォギュエのミュジニーV.V. が、今なら在庫あります! ブルゴーニュ愛好家 なら、誰もが欲しがる逸品なので、早めに確保しておいた方が良いかも…。! ■『ワイン・アドヴォケイト E2002(1st Feb 2002)』より抜粋■ This wine demands another 6-7 years of cellaring. Oddly, about three years ago it was giving signs of maturing quickly, but it has now completely shut down. The Bordeaux-like, saturated dense ruby/purple color is followed by a tight-fisted nose and flavors of black fruits, underbrush, minerals, smoke, and new oak . Although extremely concentrated, the wine is broodingly backward, and not fun to drink ... yet. This loaded effort should prove to be one of the longest-lived red Burgundies made in the last twenty years. Anticipated maturity: 2010-2025. Drink Date 2010 - 2025 評価:96点 INFORMATIONNameMusigny Vieilles Vignes V.V. Grand Cru Comte Georges de Vogueブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コント ジョルジュ ド ヴォギュエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ミュジニー ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. グランクリュ 1990 コント ジョルジュ ド ヴォギュエ 赤ワイン tp S 大人気,人気SALE

ヴァン ド フランス スキン コンタクト ブドー 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S

品種樹齢土壌ピノノワール60年平均粘土質・石灰質テイスティング・コメント グリオット、キルッシュ、クレソン、トマト、ビーツ、ハイビスカスティー、プラリネの香り。ワインはしなやかかつ芳醇でコクと深みがあり、しっとりと染み入る濃厚な果実味に優しくキメ細やかなタンニンがきれいに溶け込む! ちなみに! 収穫日は2016年10月7日。収量は8hL/ha!スキンコンタクトのコンセプト、醸造方法は前述のコンブ・バザンと同じ!名前はブドーだが実際ブドーのブドウは入っていない!オークセイ・デュレス、HCBピュイ・ド・ショー、サヴィニー・レ・ボーヌの霜の被害に遭ったブドウがアッサンブラージュされたスーパー・ブドー! INFORMATIONNameVin de France Skin Contact Bedeau Domaine de Chassorneyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマン/コンブ・バザンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Romain/Combe Bazin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!! ヴァン ド フランス スキン コンタクト ブドー 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S

ニュイ サン ジョルジュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2015 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン 格安,人気SALE

『素晴らしい村名ワイン。』 ■『リアルワインガイド誌60号』より抜粋■ 香りは試飲時は閉じ気味。それでも ナチュラルなふんわり感とミネラルの締まり感 が分かる。 そして目もしっかり詰まっている。 果実がほぐれた時は 素晴らしい村名ワインとなる 。 今飲んで:90+点 ポテンシャル:92点 飲み頃予想:2022〜2048年■輸入元様資料より抜粋■ 2009年に取得した村の北側、ヴォーヌ・ロマネ寄りの区画、Les Argillats, Les Charmottes, Aux Chouillets Saint Julien産で平均樹齢は67年。30%を除梗せず全房で発酵。新樽比率30%。■『リアルワインガイド誌60号』より抜粋■ 天才と言えるほどの頭脳を持ち、ワイン造りの名職人でもあるニコラ・ポテルのドメーヌとメゾンの 15年は大成功だ 。 ドメーヌの1本目のACブルの銘酒メゾン・デューの香りをひと嗅ぎした瞬間にそれが分かった。 暑くてワイン造りが難しかったこの15年に『何のことは無いよ』と言わんばかりの いつものナチュラルなふんわりとしたいい香りが漂う 。 そして口に含むと例年より目が詰まっていて味わいがよりしっかりしている。 『旨っ!』と思わず唸ってしまった 。 心から素晴らしいドメーヌ と思う。 INFORMATIONNameNuits Saint Georges Vieilles Vignes V.V. Domaine de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Nuits Saint Georges内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ニュイ サン ジョルジュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2015 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン 格安,人気SALE

ピュリニー モンラッシェ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 超激得,新品

■輸入元様資料より抜粋■ 輝きのある緑がかったレモンイエロー。 新鮮な白桃等の熟した果実のジュース や レモンやライム などの柑橘と白い花、 砂糖漬けハーブ゛ 、スパイス等の要素が印象的。 酸と果実味のバランスがほど良く、テクスチャーのしっかりとしたキュヴェ 。 余韻も長く、気品があります。 村名ワインの枠を大きく越えた 素晴らしいバランスとポテンシャルを持った傑作 です。 所有面積6.5ha。 INFORMATIONNamePuligny Montrachet Domaine Paul Pernotブドウ品種シャルドネ生産者名ポール ペルノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ピュリニー モンラッシェ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 超激得,新品

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ル カイユレ 2015 ラ プス ドール 白ワイン 100%新品,定番

INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru Le Cailleret La Pousse d'Orブドウ品種シャルドネ生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/ル・カイユレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Le Cailleret内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ル カイユレ 2015 ラ プス ドール 白ワイン 100%新品,定番

クレマン ド ブルゴーニュ ブリュット メトード トラディショネルNVポール ガローデ 泡 白 限定SALE,品質保証

INFORMATIONNameCremant de Bourgogne Brut Methode Traditionelle Paul Garaudetブドウ品種モンテリーのピノ・ノワール70%/ムルソーのシャルドネ30%生産者名ポール・ガローデ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『まんまピュリニー』に、 ライバル登場!? 『まんまムルソー!』 ピュリニー・モンラッシェのブドウを95%使用という、贅沢仕様と、その美味しさで人気の高い、『まんまピュリニー』こと、フィリップ・シャヴィの、ブルゴーニュ・ブラン。 そんな中、強力なライバルが登場です! なんと、ムルソーから、 『まんま』 な、ACブルゴーニュが入荷しました〜!! 実際、飲みましたが… 『あ〜っ♪』 と、思わず、ニンマリしたくなるような、 個性がちゃんと感じられます。 円安の昨今、こんなワインが、この価格でご紹介できるのは、嬉しい限りです♪ それでは早速、ご紹介します! クレマン ド ブルゴーニュ ブリュット メトード トラディショネルNVポール ガローデ 泡 白 限定SALE,品質保証

ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ブリュレ 2014 ジャック カシュー 赤ワイン tp S 人気,お得

『14年の魅力が詰まりまくった1erだ。』 リアル・ワイン・ガイド誌55号で、下記のように評価されてます♪ 『14年の魅力が詰まりまくった1erだ。』 『ともかくビックリするほど柔らかく複雑な味わい。』 数に限り があるので、ブルゴーニュ愛好家は、お早めにお買い求め下さい♪ ■『リアルワインガイド誌55号』より抜粋■ 1erになっても柔らかさは変わらず、複雑性と奥行きが増したとてもいい香り。 しかしエレガントだなぁ 。 口に含むと各要素と味わいの調和がほぼとれているからメチャ美味しい。少々の果実の硬さがが残るが近いうちに美しく開くだろう。 ともかくビックリするほど柔らかく複雑な味わい。14年の魅力が詰まりまくった1erだ。 <16年06月試飲> ・今飲んで:92点 ・ポテンシャル:93点 ・飲み頃予想:今〜2040年 INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Les Brulees Jacques Cacheuxブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック・カシュー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・ブリュレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Les Brulees内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 既に名人の域! ブルゴーニュ好きの 強い味方! ブルゴーニュ好き にとって、最大の悩みは、贔屓の造り手の名が挙がるにつれ、入手だけでなく、価格も上がってしまいがちなこと(涙) 『昔は良かった…』 そんな風に、振り返らざるを得ない思いも、あるはず。 でも、そんな中、 確固たる地位 を得つつも、 安定した価格 で、ブルゴーニュ好きの心を捕えて離さない造り手も居ます。 その代表が、 ジャック・カシュー! ブルゴーニュきっての 人気村ヴォーヌ・ロマネ を拠点にしつつ、各キュベ、 価格と品質 のバランスがよく、 毎年安定 した造りで、根強いファンが沢山います!! そんなジャック・カシューを代表する、 最も人気 の1本といえば、ヴォーヌ・ロマネの 特級畑エシェゾー! 毎年、ジャック・カシューを高く評価している『リアルワインガイド誌』も、2008年、そして、特に、エシェゾーに関し、 賛辞 を送っています♪ ■『リアルワインガイド誌31号』より抜粋■ 銘酒エシェゾー は 圧巻の出来 で、エレガンス全盛時代への カウンターカルチャー たるワインと言えるだろう。 そして、今回特に強く思ったことは、パトリスは既に 名人の域 に達したのではないかということ。 味付けの妙といい、味わい バランスの絶妙さ といい、これは名人芸だ。 熟達の職人 のなせるワザだ。 しかも、驚くなかれ、 『銘酒』 と呼ばれ、 エシェゾー なのに、価格は8千円台という、 《超》のつく良心価格! これからの季節、こんなブルゴーニュをお供にゆったり過ごすなんて、 最高ですね♪ ブルゴーニュ好きの 強い味方 、ジャック・カシューです!! ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ レ ブリュレ 2014 ジャック カシュー 赤ワイン tp S 人気,お得

ジュヴレ シャンベルタン オー ゼトロワ 2013 バンジャマン ルルー 赤ワイン S 大人気,正規品

■ワイン名(原語)/Gevrey-Chambertin Aux Etelois Benjamin Leroux ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/バンジャマン・ルルー ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■内容量/750ml 2019年1月23日ジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派 ブルゴーニュの造り手の中で『赤も白も上手』とあのジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派、バンジャマン ルルー氏がご来店下さいました! コントアルマン時代から頭角を現し、すでにその実力が知られていたバンジャマン ルルー氏。彼の独立時に心躍らせた方も多いのではないでしょうか。 自社畑も持ちつつ、買いブドウで手掛けるネゴスものも併せて30ほどのキュベを造っているバンジャマン氏。 『多いのでは?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが『ブルゴーニュでワイン造りをしているんだし、そのチャンスがあるんだから当然の流れだよ。』とのコメントに納得です。しかも、1キュベ多くて900本までなので、大量生産のネゴスとは全く違う方向性で、《バンジャマン ルルーならではのワイン》を手掛けています。 彼のワインは、村名ワインでもプルミエ・クリュの若木などが使われている事も多いそうで、『若木って何歳位まで?』と、聞くと、『15年』とのこと。多くの人にとっては5年くらいまでを若木と言うと思いますが、彼にとってここにも妥協はありません。しかも、もっとびっくりするのは『じゃ、古木は?』と、聞くと『90年』と・・・恐るべし、バンジャマン。 2016年は、霜の影響などで生産量が極端に落ちた地域もあったものの、結果的に収穫出来たブドウは素晴らしいものになり、優れた生産者は魅力的なワインを生み出しています。もちろん彼もその一人。2016年の生産量の少なさについても自然相手の仕事ゆえ仕方ないことと受け止め、前に進んできたようです。 自ら多くは語りませんが、話を聞いているとそのワインの品質の高さの理由に気付かされる、バンジャマン ルルー氏のワイン。 是非皆さんも飲んでみて下さいね! ジュヴレ シャンベルタン オー ゼトロワ 2013 バンジャマン ルルー 赤ワイン S 大人気,正規品

ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン

INFORMATIONNameVosne Romanee Vieilles Vignes V.V. Maison Roche de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ ド ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2014 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン

ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ アン リュ ド ショー 2015 ベルトラン アンブロワーズ 赤ワイン 高品質,品質保証

『15年は別格!』 リアルワインガイド誌58号で、大絶賛されているベルトラン・アンブロワーズの2015年。 飲んでみると、確かに、どれも 素晴らしい出来映えです♪ なかでも、このニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・アン・リュ・ド・ショーは… 『例年もよく出来ているが、15年は別格かも。』 と、 大絶賛 してます! 価格も手頃なので、コレは数本買っておくべきかもしれませんよ♪ ■『リアルワインガイド誌58号』より抜粋■ 口に含むと液体は 心地よく凝縮 しており、熟して丸いタンニンが骨格を形成してる。 例年もよく出来ているが、 15年は別格 かも。 INFORMATIONNameNuits Saint Georges 1er Cru En Rue de Chaux Bertrand Ambroiseブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ベルトラン・アンブロワーズ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ/アン・リュ・ド・ショーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges/En Rue de Chaux内容量750mlWA/Issue WS/Issue ※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュの隠れた優良生産者 最近すごく気になっているドメーヌ。 当主は、あの高名なドメーヌ・ショパン・グロフィエの ダニエル・ショパンの弟子です。 この小さなドメーヌは、まだまだ名前は出てきていないが必ずブルゴーニュの名醸造家の仲間入りすることは間違いないと思います。 これから 絶対 に注目すべき造り手の一人である事は、間違いありません。 1987年設立。ブルゴーニュのドメーヌにしては、歴史の浅い造り手ながら、その造りが評判を呼び、 確実なファンを掴んでいるのが、このベルトラン・アンブロワーズです。 以前は、ノン・フィルターにより、濃厚で、インパクト第一の香り、味わいのワインを生み出す印象が強かった、ベルトラン・アンブロワーズですが、年々、艶やかさ、フィネス、エレガントさを兼ね備えたワインを生み出すようになり、そのワインは、円熟期を迎えつつある気がします。 そんなベルトラン・アンブロワーズから、何と、クレマンを含む、ヴァラエ ティ豊かなワイン、をご紹介します。 ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ アン リュ ド ショー 2015 ベルトラン アンブロワーズ 赤ワイン 高品質,品質保証

シャルム シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2004 ドメーヌ ペロ ミノ 赤ワイン 旧ラベル tp S 人気定番,お買い得

※シャルム・シャンベルタン2004年は、ラベル違いで2種類ございますが中身は同じです。 将来は、スーパースターに! ロバート・パーカー氏の著書に、 『将来スーパースターになる可能性を秘めている』 と書かれているのを見て、物凄く期待してペロ・ミノを訪問したのが2001年の事でした。 あれから15年以上の月日を経ましたが、彼は、まさにブルゴーニュのスーパースターになりつつあります。そして、あと10年もすれば、彼は、 間違いなくスーパースターになっている と思います。 まだペロ・ミノのワインを飲んだ事のない人は、是非、お試し下さい。 なぜ、ワイン業界の人々が彼の事をこのように評しているか分かると思います 。 ■ワイン・スペクテイター誌より抜粋■ Issue May 15, 2007 Tasting Note Charming and fluid, this silky red boasts cherry and iron aromas and flavors. Well-balanced and elegant , already showing good integration and harmony. Best from 2008 through 2018 . 210 cases made. 評価:91点 ■burghound.com21号より抜粋■ Note: from a 1.5 ha parcel situated directly across from Domaine Rousseau's parcel of Chambertin Producer note: The always frank Christophe Perrot-Minot said that 'hail was a definite factor in 2004 both in terms of delaying the maturity of the hardest hit vineyards and adding enormously to the amount of sorting work that was necessary. Imagine if you will that the harvest took us 40% longer than usual because of how carefully we had to sort. The hail didn't hit everywhere but we had definite issues in Charmes, Mazoyeres and Cazetiers. Just to give you an idea, it normally takes me one-half day to harvest Mazoyeres. In 2004, it took me a day and a half because of all the painstakingly slow work. We literally picked berry by berry. Still, if you were willing to go the effort, there was healthy and very ripe fruit there among the under ripe and dried berries. We picked between the 27th of September and the 14th of October. The sugars were excellent and I did not chaptalize any of my wines. Between the hail in some parts and the careful sorting work, I brought in between 25 and 30 hl/ha, which isn't much in what was a relatively generous vintage. The phenolics were not as ripe in some cases and thus I was careful not to over extract and in fact, I decided to use no press wine at all. As I explained on your last visit, I am moving toward a more elegant style as I'm now looking for more finesse in my wines . And in keeping with this, I am convinced that the key in 2004 was to vinify carefully and eliminate the press wine. 2004 can be quite a fine vintage, particularly for the medium term.' One aspect of these '04s is that they are distinctly ripe and it's clear that the delayed harvest relative to most of the Cote d'Or paid handsome dividends as the underlying phenolics here are among the ripest that I encountered, particularly when you consider that the range here runs from Gevrey to Nuits. And it's also clear that Perrot-Minot's wines are indeed moving toward increasing elegance and detail with more refined tannins and better balance . The malos, like many cellars in 2004, were extended at this address and I was told that many of them did not finish until October with the inevitable result that some wines were reduced and gassy. The wines are to be bottled in December and January without fining or filtration. (Martine's Wines, Novato, CA; La Reserve, H&H Bancroft, Goedhuis & Co., Berkmann Wine Cellar, Bordeaux Index and Connolly's Wine Merchant, all UK). Tasting note: As is usually the case with these two terroirs, this is decidedly richer but not finer or more elegant with fresh earthy red fruit aromas that offer excellent complexity in the form of underbrush, anise and game notes that complement the round, delicious, forward and intense medium full flavors that offer sneaky length as they do a slow build from the mid-palate on back. Indeed, this is one of those wines which seems to disappear relatively quickly on the finish only to reappear 10 seconds later. In sum, admirable if not extraordinary quality here in a relatively accessible style. Tasted: Jan 01, 2006 Drink: 2012+ 評価:90〜92点 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、粘土質石灰質の土壌だが、粘土質は僅かで石灰質が豊富、東南向きの斜面で、 特級たる風格に満ちたポテンシャルの高い区画 。 贅沢さを感じるほどリッチ で、華やかで繊細な風味を備えた風格ある味わい。 エレガントさもあり、 スミレや麝香 、 トリュフ 、 サクランボ といったフレーバーが豊富。非常に複雑で、骨格のしっかりとしたワイン。 INFORMATIONNameCharmes Chambertin Grand Cru Vieilles Vignes V.V. Domaine Perrot Minotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ペロ・ミノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャルム・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Charmes Chambertin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャルム シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2004 ドメーヌ ペロ ミノ 赤ワイン 旧ラベル tp S 人気定番,お買い得

ヴィレ クレッセ コトー ド レピネ 2016 アンドレ ボノム 白ワイン 驚きの破格値,本物保証

さらに濃密! 樹齢90〜95年!! ルフレーヴやコント・ラフォンなどが著名なコートドールの生産者も進出し、今では、その品質の高さが知られる事となった、 マコネ地区 。 その真価を世に知らしめた造り手のひとつが、この アンドレ・ボノム である事は、反論の余地はありません。 そのアンドレ・ボノムから、 《樹齢90〜95年》の上級キュベ が入荷しました! 2016年の 入荷数はかなり少ないようなので 、お見逃しなく! ■輸入元様資料より抜粋■ 09年から新リリースの上位キュヴェ。 樹齢は90〜95年 (1923年頃植樹) 僅か10畝のみ0.3ha所有。 25−30hl/ha低収量。赤粘土質土壌。 例年なら600L程度生産可。生産数は表ラベルに記載。蝋キャップ/重量ボトル。 樽熟24カ月 新樽比25%。プレトル・ド・カンテーヌ(樹齢100年)と同じ醸造法ですが、 カンテーヌよりもさらに濃密で力強い印象 。 INFORMATIONNameVire Clesse Le Coteau de l'Epinet Andre Bonhommeブドウ品種シャルドネ生産者名アンドレ ボノム産地フランス/ブルゴーニュ/マコネ/ヴィレ クレッセRegionFrance/Bourgogne/Maconnais/Vire Clesse内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 極上の白ならコレ! コレを知ってたら、あなたは 間違いなく、ワイン通です!! ブルゴーニュ地方南部に広がる、マコン地区、そのブドウ栽培の歴史は古く、今から1600年前にも遡る事が出来ます。 同じくブルゴーニュの主要白ワイン生産地である、コート・ド・ボーヌが 『偉大な白』 を生み出す事で知らているのに比べ、マコンは 『お手頃で、質の良い、デイリー・ワイン』 を多く産出する地域として、既に多くのファンを持っています。 例えば、仲の良い、人の家にブラッと遊びに行く。 そんな時、選ぶ1本として、この、マコンのワインは活躍してくれます。 マコンの中で、一際、優れた地域として扱われているのが、マコン・ヴィレです。 その実力は? かつて、ワイン好きが必ずチェックしていると言われる 『ブルータス誌』のワイン特集号 403号の 『3000円以下のフランス・ワイン、美味しいのは、どれ?』 と、銘打たれた 特集 からも一目瞭然。 ソムリエ衆7名による、3000円以下の、フランス産シャルドネばかり34本をブラインド・テイスティングした中で、 なんとっ! 1位、2位を独占 したのが、マコン・ヴィレのワインだったのです。 そのマコン・ヴィレの生産者の中で、必ずトップに名前が上がり、別格的存在とされているのが、この、先の、『ブルータス誌403号』で、トップに輝いた『同地区の生産者達も認める、小規模で、偉大な生産者』アンドレ・ボノムです。 『最高の地区の一つに数えられる。』 〜マコン・ヴィレについて〜 マコンの中で、 最高の地区 の一つに数えられる。 特に、アンドレ・ボノム、ジャドなど。 (ヒュー・ジョンソン氏の『ポケット・ワイン百科辞典』より抜粋) 『並外れた優美さを持っている。』 常に、変わりなく、質の良いワインを生み出すマコン・ヴィレの中でも、アンドレ・ボノムとアンリ・ゴイヤールのものは、 特に、並外れた優美さ を持っている。 (トムスティーブンソン氏『ニュー・サザビーズ・ワイン百科辞典』より) 『マコン・ヴィレ=アンドレ・ボノム』と思ってしまうほど、この地域を 代表する生産者 であり、実際、私も、ボノムなら、安心して買い求める事が出来ると思っています。 何と、『若木』と名付けられたものでさえ、 樹齢40年 。 普通、40年なら『古木』を名乗れるはずなのに、 何と、太っ腹な…。 ですが、このアンドレ・ボノム。先の、ブルータス誌に書かれていたように、 『同地区の生産者達も認める、 非常に小さな偉大なドメーヌ 。』 なのです。 そう、小さい。 なので、常に、簡単に、手に入る訳ではないのが悲しい(だから今回も入荷数が少ない)ですが、ぜひ、ぜひ、一度お試し下さい。 マコン・ヴィレと言えばアンドレ・ボノム! ワイン好きを自認するならば、コレは外せませんよ!! ■■ 輸入元様資料より抜粋 ■■ 1957年に創立 されたこのドメーヌは、現在ではアンドレ・ボノーム氏の娘婿エリック氏によって運営されています。 『良いワインは良いぶどうから造られる』 というポリシーのもと、昨今のバイオ技術に頼る事なく、あくまで ナチュラルな製法 にこだわり、日々畑を耕し 良いぶどう が収穫できるよう努力を続けています。(1980年以降は化学肥料を使用していません) マコネはもちろん白ワインの生産者の中でも特に 秀逸な生産者 として数えられ、開放的で エキゾチック 、また 洗練されたスタイル は白ワインに求める要素を全て満たしているといっても過言ではありません。 数々の 世界的なコンクール で賞賛を受けており、その安定した素晴らしい造りは、海外の超有名レストランなどの プロが認める 数少ないドメーヌです。 ヴィレ クレッセ コトー ド レピネ 2016 アンドレ ボノム 白ワイン 驚きの破格値,本物保証

ジュヴレ シャンベルタン キュベ クール ド ロワ トレ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2015 デュガ ピィ 赤ワイン tp S 2019,人気セール

超古木! ジュヴレ・シャンベルタンに居を構える、 ブルゴーニュ屈指の実力派生産者 のひとつ、デュガ・ピィ。 もう説明不要の造り手ですよね♪ そんなデュガ・ピィから、 超古木 のキュベ・クール・ド・ロワ・トレが、入荷しています! アッという間に完売 しそうな予感が…(汗) 【ワインの詳細】 『本拠地ジュヴレには デュガ=ピィ独自の銘柄 がある。 ジュヴレ=シャンベルタンのクール・ド・ロワはリュー=ディの名ではなく、 樹齢50年から90年になる古木 を中心に、好立地にある区画をセレクションしたワインに付けた名称。』 (輸入元様資料より抜粋) ■burghound.com 69号より抜粋■ Producer note: Bernard Dugat's son Loic has now completely taken over the domaine though Bernard continues to help out. The younger Dugat noted that the domaine is now certified as organic though it doesn't represent any change in viticultural philosophy as the domaine has been farmed this way for years. As to the 2016 growing season, the younger Dugat noted that 'it was really bizarre in a sense because I suffered frost losses in some vineyards yet others were sufficiently abundant that I actually did a green harvest to drop fruit and particularly so in Mazis! Chambertin by contrast was hit pretty hard. We managed the mildew attack without too much trouble though it was essential to be precise with your treatment regimen. After that the growing season was really pretty easy to manage and we picked from the 21st to the 28th of September. The fruit was immaculately clean and ripe with potential alcohols in the low 13% range so there was essentially no chaptalization. Yields were variable but on average they came in at 21 hl/ha or about 20% less than is normal for us. As usual we utilized a very high proportion of whole clusters that ranged from 50 to basically 100%. The malos took a very long time to finish and several of them still haven't. I like the style of the wines a lot as they're fresh and refreshing plus each appellation expresses itself clearly .' The Dugat-Py team almost never misses and I found their 2016s to be superb. If you like old school wines that are built-to-age, these are for you. In fact, they are so structured that I underscore what I have said in the past: the Dugat-Py wines are constructed for the very long haul. As such, in my view, it is largely pointless to open them young but if you can't resist then be sure to allow them plenty of time in a decanter first. Dugat also said that his 2015s, seven of which are revisited below, were bottled in February and March 2017 without fining or filtration. Lastly, the 2016 La Perrière and the Evocelles were not presented because they had not fully completed their malos. (The Sorting Table, www.thesortingtable.com, CA, USA; Lea & Sandeman, www.leaandsandeman.co.uk, Tanners Wine, www.tanners-wines.co.uk, Uncorked Ltd, www.uncorked.co.uk and Thorman Hunt & Co., www.thormanhunt.co.uk, all UK). Tasting note: A distinctly reserved though equally ripe nose speaks of cassis, poached plum and plenty of earth. I very much like the lovely sense of vibrancy and punch to the delicious but quite serious middle weight flavors that brim with dry extract on the sappy and mineral-driven finish. The old vines are very much in evidence and despite this being quite firmly structured, it's not so firm that it couldn't be enjoyed after 5-ish years or so. This is not a refined Gevrey villages but it is certainly a wine of high quality . Outstanding Tasted: Jan 15, 2018 Drink: 2030+ Note: from vines of 50 to 100+ years of age situated in Epointures, Combe du Dessus, Jouise, and Les Marchais; vinified with 70% of the stems 評価:91点 INFORMATIONNameGevrey Chambertin Cuvee Coeur de Roy Tres Vieilles Vignes V.V. Domaine Dugat Pyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名デュガ・ピィ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin内容量750mlWA(88 - 90)/Issue 31st Dec 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating デュガピィ デュガ ピィ デュガピイ ブル好きの憧れ! 世界的な需要と、生産量が 全く釣り合いません(涙) 【造り手の状況】 『ドメーヌの規模も徐々に大きくなってはいるが、そのあまりに 殺到する需要 のため、ほとんど 焼け石に水状態 。』 (輸入元様資料より抜粋) と言われるほど、 あまりの人気の高さ に、市場で店頭に普通に並んでいる姿を見かける事は、 ごく稀 といえる、デュガ・ピィ。 畑での仕事 を何よりも大事にする、当主ベルナール氏をはじめとする、家族経営のドメーヌのワインは、もう長きにわたって、 世界がそのリリースを熱望するほどの存在 である事は、ブルゴーニュの中でも、 屈指の存在 だと言えるのではないでしょうか。 デュガ・ピィのワインを特徴づけているのは… 【デュガ・ピィの特徴】 ◇畑は、殺虫剤や化学肥料の類は 一切使用せず 、日々こまめな手入れを必要とする ビオロジークで耕作 。 ◇通常を超える 高密植度 。ジュヴレのプルミエ・クリュや、プティト・シャペル、シャンベルタン1万3000本という異例の数字。 ◇ 樹齢 は若くて20〜30年、ヴィエーユ・ヴィーニュとしているのは、50〜90年と 常軌を逸した古さ 。 ◇上記による、 低収量 は、豊作の年でも30ヘクトリットルを超えないほど。 ◇収穫後の 細心の注意 などなど…。 しかし、どんなに多くを語るよりも、彼のワインをひと口飲めば、世界から熱望されるその意味は、おわかり頂けるはず! そんな、 デュガ・ピィの2008年 が入荷しました!! 今こそ、手に入れるチャンスです!! ジュヴレ シャンベルタン キュベ クール ド ロワ トレ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2015 デュガ ピィ 赤ワイン tp S 2019,人気セール

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ ベック ア ヴァン 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン お得,定番

INFORMATIONNameBourgogne Haute Cote de Nuits Rouge Bec a Vent J.Cacheux et Filsブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック カシュー エ フィス産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 既に名人の域! ブルゴーニュ好きの 強い味方! ブルゴーニュ好き にとって、最大の悩みは、贔屓の造り手の名が挙がるにつれ、入手だけでなく、価格も上がってしまいがちなこと(涙) 『昔は良かった…』 そんな風に、振り返らざるを得ない思いも、あるはず。 でも、そんな中、 確固たる地位 を得つつも、 安定した価格 で、ブルゴーニュ好きの心を捕えて離さない造り手も居ます。 その代表が、 ジャック・カシュー! ブルゴーニュきっての 人気村ヴォーヌ・ロマネ を拠点にしつつ、各キュベ、 価格と品質 のバランスがよく、 毎年安定 した造りで、根強いファンが沢山います!! そんなジャック・カシューを代表する、 最も人気 の1本といえば、ヴォーヌ・ロマネの 特級畑エシェゾー! 毎年、ジャック・カシューを高く評価している『リアルワインガイド誌』も、2008年、そして、特に、エシェゾーに関し、 賛辞 を送っています♪ ■『リアルワインガイド誌31号』より抜粋■ 銘酒エシェゾー は 圧巻の出来 で、エレガンス全盛時代への カウンターカルチャー たるワインと言えるだろう。 そして、今回特に強く思ったことは、パトリスは既に 名人の域 に達したのではないかということ。 味付けの妙といい、味わい バランスの絶妙さ といい、これは名人芸だ。 熟達の職人 のなせるワザだ。 しかも、驚くなかれ、 『銘酒』 と呼ばれ、 エシェゾー なのに、価格は8千円台という、 《超》のつく良心価格! これからの季節、こんなブルゴーニュをお供にゆったり過ごすなんて、 最高ですね♪ ブルゴーニュ好きの 強い味方 、ジャック・カシューです!! ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ ベック ア ヴァン 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン お得,定番

コルナス 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 以前から造っていたが、 そのほとんどを自家消費用としていた 。それを11年から本格的に造り始めてリリース。ちなみに南なので、遅霜の被害には遭わなかった。 香りは閉じまくりだけど口に含むとこんな日なのに味わいがクッキリ。フツーの日だったら一体どーなるんだろう。というくらい味が乗っている。 そして 南の暑苦しさは皆無のエレガントなスタイル 。もちろん 豊かでありながら過剰さは一切ない。うめ〜〜。 ◆今飲んで:89点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameCornas Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ローヌ/コルナスRegionFrance/Rhone/Cornas内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 コルナス 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

オークセイ デュレス ブラン レ クレ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S HOT,安い

品種樹齢土壌シャルドネ88年〜98年泥土石灰状の粘土質テイスティング・コメント リンゴ、パパイヤ、マンゴスチン、アカ シア、ハチミツ、火打石の香り。ワイン は上品かつフルーティーでフィネスと 透明感があり、ダシのように澄んだ旨 味エキスに緻密でチョーキーなミネラ ルが綺麗に溶け込む! ちなみに! 収穫日は2016年9月28日。収量は12 hL/ha!霜とベト病の影響で1樽分し かできなかった。レ・クレは区画名で 名前の通り畑の土壌がチョーク(クレ) 質で石灰が多い。畑面積は0.25 ha。 新樽100%!(前年の新樽と古樽の 比率は30:70) INFORMATIONNameAuxey Duresses Blanc Les Crais Domaine de Chassorneyブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/オーセイ・デュレス/レ・クレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Auxey Duresses/Les Crais内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!! オークセイ デュレス ブラン レ クレ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S HOT,安い

ビアンヴニュ バタール モンラッシェ グラン クリュ 2003 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り tp S

貴重な熟成物! 極上のブルゴーニュの白ワインは、 熟成を経てこそ本領を発揮 します。 では、何年くらい熟成させたら良いのでしょうか? その疑問に対する答えは、とても難しい…。10年ほど熟成させたら、確かに熟成のニュアンスは出るけれど、 10年 では、まだまだ 《若い》 と思います。 そういう意味では、この2003年物も、まだまだ若いのですが、 10年以上の熟成 を経たルフレーヴって、滅多に出てこないので、 かなり貴重です! しかも、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ♪ ブルゴーニュ好き なら、絶対に見逃せませんよ〜(^_^)v INFORMATIONNameBienvenue Batard Montrachet Grand Cru Domaine Leflaiveブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ ルフレーヴ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Bienvenues Batard Montrachet内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 29th Apr 2005/td>WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ビアンヴニュ バタール モンラッシェ グラン クリュ 2003 ドメーヌ ルフレーヴ 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り tp S

ラドワ一級ラ コルヴェ ルージュ 2014 ニュダン 赤ワイン 数量限定,限定セール

INFORMATIONNameLadoix Premier Cru La Corvee Rouge Domaine Nudantブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ニュダン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ラドワ・セリニRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Ladoix Serrigny内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『ワイナート誌』も絶賛! コレは、まさに… ブルゴーニュのライジング・スター! 『ワイナート誌』73号で取り上げられた、ブルゴーニュの ライジング・スター達 。 コラボ企画として、タカムラ実店舗で、この号のライターである、柳忠之氏にセミナーを行って頂くという、貴重な機会がありました! その際、特徴のひとつとして挙げられたのが、今まで、あまり注目されることのなかったブルゴーニュの村から、素晴らしいワインを生み出す人が、生まれ、その村の魅力に光が当たり始めていること。 価格は比較的抑えめでありながら… 『知っている人だけが得をする♪』 という魅力溢れるワインを楽しむことが出来るのも、こういった村だかたこそ。 その話を聞きつつ、つい数日前に出会った、このワインの事を、思わずにいられませんでした。 そのワインとは、ラドワ・セリニー村に居を構える、 ドメーヌ・ニュダン です! コート・ド・ボーヌの中でも、コート・ド・ニュイに近い場所にある、この村。あまりピンとこないかもしれませんが、あの、 コート・ド・ボーヌ唯一の特級 である、コルトンの丘が属する村のひとつです。 1983年生まれの若き当主、ギョーム氏いわく… 【若き当主の言葉】 『ラドワと名乗れる時代になっても、大手ネゴシアンが、その売りやすさから、長年、コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュとして売っていたので、ラドワが認識されるようになるのが遅かった。』 との事ですが、だからこそ、私達にとっては… 『掘り出し物が見つかるチャンス!』 その村を拠点とする、ニュダン。実は、初代ギヨーム・ニュダンは最後のブルゴーニュ大公シャルル豪胆公の時代に、アロース・コルトンですでにブドウを栽培していたという、長い歴史を持つ家系です。 ラドワはもちろん、コルトン・シャルルマーニュなども手掛けているのですが、今回の来日に合わせ、バック・ヴィンテージ含み、お手頃なものから、特級まで、様々なワインを飲む機会があったのですが、値上がり傾向のブルゴーニュにあって、 嬉しい発見 となりました♪ ブルゴーニュでは、ジャンテ・パンショなど、そして、海外での経験も積んだ、ギョーム氏は… 【若き当主の言葉】 『もともと、父の代から自然な栽培を行っていたので、大幅な路線変更をした訳ではないけど、自分が判断する立場になり、畑でも、造りでも、より細部に拘った仕事を心がけるようになった。 それによって生まれた結果を、自分がコメントするのは控えるけど、周りの造り手や業界の人は、良くなったと言ってくれるよ。』 との事。 実際、試飲したところ、インパクト勝負ではなく、かといって、はかなさを前面に出すのではなく、それぞれのワインに、それぞれの魅力が表現されていました。 当日、店頭で試飲販売に数時間だけ立って頂いたのですが、実際に飲んで、お客様が選ばれるワインが、それぞれバラバラだったのも、 それぞれの魅力が備わっている が故ではないでしょうか。 比較的酸がしっかりと感じられる、ブルゴーニュ好きが、 食事とともに楽しみたくなる ような、そんな味わいが印象的な、ニュダンのワイン。 特に、オート・コート・ド・ニュイ・ブランの豊富なミネラルには… 『下手な一級シャブリより、こっちの方がいい!』 と、思わせられたほど! しかも、特級のコルトン・ブレッサンも、 お値打ち感があり と、お手頃〜特級まで、それぞれに お勧めしたい美味しさ でした♪ 私も、飲む事がなければ、決してご紹介する機会がなかったと思いますが、 出会えてよかった と、思います♪ しかも、今回、嬉しいことに、2008年や2010年ものも含んだご紹介が実現! ぜひ、その 魅力を堪能して下さい!! ラドワ一級ラ コルヴェ ルージュ 2014 ニュダン 赤ワイン 数量限定,限定セール

ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2016 オレリアン ヴェルデ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ V・Rの流麗で端正で的確な香り一杯のはずなんだけど、やはり閉じ気味なので本来性の10%くらいしか出てこない。 口に含むと閉じ気味なのに美味しい。 優しく美味しい 。開いたとき、または日時が異なるときならメチャ美味しいことが良く分る液体のニュアンス。 うま味の塊の、薄旨エキス系ミネラリーワイン。たまらんです。 ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲)■輸入元様資料より抜粋■ 銘譲地ヴォーヌロマネ、標高330m東向き斜面、粘土石灰土壌で育つピノをステンレスタンクで発酵、 樫樽でマロラクティック発酵後18 ヶ月熟成 しました。 雹の影響を受けた16年は例年より収穫を遅らせ9月中旬に行いました。鮮やかなルビーの色調、 スミレ や 黒胡椒 、 スパイスの香り を感じます。 ベリーのコンフィチュールの濃厚な旨味と優しい酸が体に沁み入る柔らかく美しい逸品 です。 INFORMATIONNameVosne Romanee Vieilles Vignes V.V. Aurelien Verdetブドウ品種ピノ・ノワール生産者名オレリアン ヴェルデ産地フランス/ブルゴーニュ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Vosne Romanee内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 自然体の完成度 上品な味わいが絶妙の 若手実力派ブルゴーニュ! 『リアルワインガイド誌54号』で… ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ さあ、久しぶりの 大褒め殺し大会 が始まる。 多分これは 07年のフーリエ以来 じゃないかと思うし、こうやって紹介するとこのドメーヌ&メゾンに一時的に人気が集中して、ひと段落するとそれで終わりになるかもしれない事が真剣にイヤなんだけれど、 しっかり紹介せずにはいられないワイン達 なので、それまでフツーに購入出来ていたワインが突然買えなくなってしまう事も覚悟して書く(しかない)。 という冒頭からはじまり、紹介された、オレリアン・ヴェルデが、 大変なことになっています! 本当に、輸入元さん在庫が、見る見るうちに ほぼ完売 してしまったのです(汗) ■『リアルワインガイド誌54号』より抜粋■ ともかくワインは 凄まじいパフォーマンス と『これだよ、これ!』という、 清く正しいブルゴーニュ のスタイルで、そこにナチュラル感が加わっているからもう大変。 しかも価格はお手頃ときたもんだから、 胸を張って堂々と褒め殺したい 。 何もかもが素晴らしいワイン達 であり、ブルゴーニュの 格付けの意味がどこかへ吹っ飛んでしまう というか、意味をなさないとまで言いたくなるワイン達なのだ。 ともかく騙されたと思って飲んでみ。 タカムラでも今までにも、時々ご紹介させて頂いていたので、 この注目度ぶり が嬉しいような、複雑なような… そんなわけで、 限られたキュベ ですが、今回確保できた分を、ご紹介します! フーリエ以来の褒め殺しっぷり! オレリアン・ヴェルデです! ■『輸入元様資料』より抜粋■ コートドールの中心ニュイサンジョルジュ村から西に約10キロ、山道を走り抜けるとARCENANT(アルスナン)村に到着します。 1604年からこの地に住む ヴェルデ家は、父アラン・ヴェルデが 1971年よりビオロジック農法を開始 し、ブルゴーニュの中でも自然栽培の先駆者として知られています。 オレリアンは18歳からの3年間、モーターバイクレースの フランスナショナルチームの選手として活躍 していましたが、危険がつきまとう仕事であったため以前から興味のあったワイン造りに舵取りを変更、 22歳で成人向けのワイン育成コースに入門 します。 ビオロジックさらにビオディナミ農法を学ぼうと研修先に選んだのは、 ギィ・ボサールとマルク・アンジェリ 、父から受け継いだ伝統をベースに 更なる自然志向 を深めて来ました。アランのブドウで初めて醸造を手がけたのが2003年、翌年には引退を決意したアランから、オート・コート・ド・ニュイの畑とアルスナンの醸造所が受け渡されました。 2004年ヴィンテージで鮮烈なデビューを果たしたオレリアンは、ブルゴーニュの若手造り手の中でも 実力派として認識されるようになり 、多くの愛飲家の期待を一身に受けワイン造りに邁進してきました。2008年にはブドウ購入が大変難しいとされる ヴォーヌロマネの畑 を幸運にも引き継ぐ機会に恵まれるなど、コートドールでのワイン造りにも情熱を傾けています。 「私より強い自然志向」と父のアランも太鼓判を押す オレリアンは、畑には自然肥料しか与えないことで土中の生命を活発化させ、そこから生まれるブドウの視覚、聴覚、味覚など 官能特性を引き出し ワインに表現しています。高収量を避けるためブドウ樹は短く剪定、初夏には太陽の光を取り込むため部分的に葉摘みを行い、厳選した選果のもと手摘み収穫します。 2008年には最適な衛生状態を保つため 醸造所を新装 しました。温度管理付のステンレスタンクを導入し、キュヴェゾン(浸漬)時のmout(果もろみ)の温度を完璧に保つことを重要視しています。キュヴェゾンで色とタンニンを最大限に抽出する代わりに、タンニンが出過ぎないようピジャージュは控えています。これらの作業は目が離せないので時間を要しますが、むやみやたらなブルゴーニュワインの価格高騰を疑問視するオレリアンは 「だからこそ品質と価格が見合ったワイン造りをするべきだ」 と言います。 醸造所の投資額は目を見張るもので、覚悟を据えたオレリアンの眼差しは2007年に会ったときよりも数倍光り輝き、また揺るぎないものへと変化していました。 繁忙期に家族の手を借りるぐらいで ほとんどの作業を一人でこなし 休みなしに働くオレリアン。伝統と革新を地で行く、 これからがますます楽しみな生産者 です。 肩肘張らない 自然体の完成度 で、綿密なミネラル感、伸びやかな酸、 上品な味わいが絶妙のシンフォニーを奏でます 。伝統的なオート・コート・ド・ニュイは言うまでもなく、ニュイ・サン・ジョルジュを代表とするコートドールのプリミエクリュと村名ワインは、その年々の気候条件を考慮し、それぞれの テロワールのキャラクターを見事に表現 しています。 ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2016 オレリアン ヴェルデ 赤ワイン

モンテリー プルミエ クリュ ル メ バタイユ 2000 ドメーヌ モンテリー ドゥエレ ポルシュレ 赤ワイン S 新作,お買い得

INFORMATIONNameMonthelie Premier Cru Le Meix Bataille Domaine Monthelie Douhairet Porcheretブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/モンテリー/ル・メ・バタイユRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Monthelie/Le Meix Bataille内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating モンテリー プルミエ クリュ ル メ バタイユ 2000 ドメーヌ モンテリー ドゥエレ ポルシュレ 赤ワイン S 新作,お買い得

モレ サン ドニ一級モン リュイ ザン 2012 フレデリック コサール 赤ワイン S tp 定番人気,安い

INFORMATIONNameMorey Saint Denis Premier Cru Les Monts Luisants Frederic Cossardブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フレデリック・コサール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/モレ・サン・ドニ/レ・モン・リュイザンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Morey St Denis/Les Monts Luisants内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フレデリック・コサール コサール ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネイ モレ サン ドニ一級モン リュイ ザン 2012 フレデリック コサール 赤ワイン S tp 定番人気,安い

ブルゴーニュ ルージュ 2017 ナイマ&デヴィッド ディドン 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 茎まで熟してから収穫 。全房のままエナメルタンクに投入し、足で踏んで破砕。 野性酵母のみで発酵 。 マセラシオンは2週間程度。発酵終了後、垂直式プレスで圧搾し、一部はアッサンブラージュする。 古いトノーで9ヶ月間熟成してからボトリング 。 バラの花びら や 野イチゴ 、土や少し湿った感じの香り、 スパイスや梅 などの香りがやさしく広がります。 味わいにも、ふわりとした質感の中に、香り同様のニュアンスがあり、 やさしい質感 ながら、味わいは口の中いっぱいに広がり、そのまま 心地よい余韻 へと繋がります。少しくぐもった感じはあるものの、 風味、香味になんとも魅力的なもの を感じさせてくれる美味しさです。 INFORMATIONNameBourgogne Rouge Naima & David Didonブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ナイマ&デヴィッド・ディドン産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ ルージュ 2017 ナイマ&デヴィッド ディドン 赤ワイン