イタリア

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ コレクション リミテッド リリース No.16 2014 ファルネーゼ 赤ワイン tp

極上の限定品! その勢いはとどまるところを知らない、イタリア・ワインの風雲児、ファルネーゼから、上級ワイン、エディツィオーネを更に選りすぐって生み出された、 限定ワイン が入荷しました! この限定ワインは… ◆『エディツィオーネの為に選ばれた最高の畑から、さらに選りすぐりの葡萄だけを使って造られる特別なワインです!』 名前に、《コレクション》《リミテッド・リリース》と付けられている通り、厳選に、厳選を重ねて選ばれた限定品なのです! このワインには… ・『深くて複雑なアロマ』 ・『フレッシュではじけるような果実味』 ・『ヴェルヴェットのようなしなやかなタンニン』 そんなファルネーゼの考える、プレミアムな味わいが詰まっています! 数に限り があるので、ファルネーゼ好きは、迷わずお買い求め下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 葡萄は通常より1ヶ月ほど遅らせ、樹の上で乾燥させてから収穫します。 丁寧に除梗します。アルコール発酵と醸しはステンレスタンクで25日から30日間、マロラクティック発酵はフレンチバリック、そのまま同じ樽で18ヶ月熟成させます。 透けて通らないほど濃い紫色 。チェリーやカシスのリキュール、そしてミントなど様々なハーブ、さらにシナモンやクローヴなどのスパイス、ココアやリコリス、そしてミネラル要素が感じられる深くて複雑なアロマがあります。 素晴らしい骨格、 ヴェルヴェットのようにしなやかなタンニン があり濃厚ながら、フレッシュで弾けるような果実味があります。いつまでも続く長く心地よい余韻が感じられます。 今飲んでも美味しく 、 さらに長期熟成出来る ポテンシャルを持っています。 ■ワイン名(原語)/Edizione Cinque Autoctoni Collection Limited Release No.16 Fantini ■ブドウ品種/モンテプルチアーノ33%/プリミティーヴォ30%/サンジョヴェーゼ25%/ネグロアマーロ7%/マルヴァジア ネーラ5% ■生産者名/ファルネーゼ ■産地/イタリア/アブルッツォ/プーリア ■内容量/750ml 1万本以上の中の第一位っ! 在庫がなくなる前に、飲んで欲しい。 ≪最も価値あるワイン≫に選ばれてワインが この価格というのは、本当にビックリっ!! バジリカータ州NO.1生産者!

エディツィオーネ チンクエ アウトークトニ コレクション リミテッド リリース No.16 2014 ファルネーゼ 赤ワイン tp —— 5,300円

イタリア

ケイル 2016 トゥア リータ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ テラコッタ(伝統的な素焼き陶器)で造るシラー100% のケイル 2016年VTが今回リリースとなります。 2004年に植えられた約0.9haのシラー畑で造られ、元々シラーは還元傾向の熟成環境を好む品種で、テラコッタ(素焼き陶器)にて6ヵ月間閉鎖された還元環境で長期マセラシオン、熟成を行うことで、樽熟成より、 より品種のキャラクターを表現した造り になります。 陶器と言っても左の写真の通り 密閉容器 となりますので、アンフォラを使用したワインに多く見られる汚染臭や酸化は皆無です。 他のワインとコンセプトが違い、また 女性的なワイン ということから、ラベルも特別に同画家 ラファエッロ・デッラ・ローザ氏が新しく描いた女性がモチーフ となっています。 デキャンタ 97点 ジェームス・サックリング 95点 INFORMATIONNameKeir Tua Ritaブドウ品種シラー100%生産者名トゥア リータ産地イタリア/トスカーナRegionItaly/Toscana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『絶対欲しい!』 そう思わずには いられなかったです♪ 『お願いします!』 『入荷したらどうしても欲しいんですっ!!』 と、事ある毎に、( かなりしつこく )言い続け、待ち続けたトゥア・リタのワインが、やっと入荷しました! 実は、 2002年夏頃、あるレストランで 、ブラインドで出されたワインがトゥア・リタのものでした。 その時の、 衝撃に近い驚きと感動 。 『絶対欲しい!』 と、思わずにはいられないくらいの物でした。 トゥア・リタは、初リリースが1992年。 当初は、あの、 天才 ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ氏 が関わっていました。 【ワイン専門誌のコメント】 『情熱は只者ではない。』 ここは、1992年が初リリースと言う 、設立されたばかりの小さなワイナリーだ。しかし、最初から 最高品質のスーパー・トスカンのみを輸出向けに造る。 『でも、初リリースがガンベロ・ロッソで評価され、イタリア市場でも人気が出ました。今は国内販売と輸出が半々です。』 元々は、ピオンビーノ市でTVゲームのディストリビューターをしていたご主人は、1984年に、オリーブと麦、ほんの少しのサンジョベーゼとトレビアーノが植えてあったこの土地を 趣味のつもりで購入 した。 『以前から農業には興味があったので、思い切ってワイン造りを生業とする事に決めました。しかし、自分達は新参者ですから、人と同じ事をしていてはダメで、良質の物を少しだけ造る為に、カベルネとメルローを選んだんです。』 そして88年にカベルネとメルローを植えて、トゥア・リタは始まったのである。 その後、若干28歳だった天才ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ と同郷の縁もあって契約。メルロー100%のレディガッフィを造るアイデアは、彼が92年に思いついた物だと言う。 『ルカ・ダットーマは、最近、忙しくなりすぎたので、98年をもって契約を解消し、今は、ステファノ・キオッチリがワイン・メーカーです。 彼は、私達の他に30ものワイナリーを見ていますが、15日間に1回、必ず来て、多くのアドバイスをしてくれます。 ワイン造りのスタイルはそのまま継承し、ただ、細部を向上させていくようにしています。 ワイン・メーカーが代わった時に、違うスタイルにすると失敗する物です。』 トゥア・リタの成功を見て、最近では、他のワイナリーがカベルネとメルローを植えているそうだが、彼らの 先見の明 、商売のセンス、そして、 何より情熱は只者ではない。 既にガンベロ・ロッソの常連であり、益々評価が高まるワイナリーであろう。 まだ、彼らのワインを飲んだ事が無ければ、ぜひ試して欲しいものだ。 (ワイナート誌4号28ページより抜粋) ホントに、ぜひ、試して欲しいんです。 でも、 残念ながら数が少ない…。 幸運にも 手に入れられた方は、出来るだけ多くの人と飲んで、幸せを分かち合って下さい。 ■輸入元様資料より抜粋■ トゥア・リータは当時、全国的に全く無名であったトスカーナ州、スヴェレートの地に1984 年に土地を購入し1988 年にブドウを植樹しました。その後、1992 年に待望の初めて瓶詰めしたワインがリリースされました。 当時トスカーナ海岸線の超一流ワインと言えばサッシカイア、オルネライアぐらいしかありませんでしたが、その時代に彗星のごとく現れ、しかも スヴェレート というボルゲリ地区のものではないこのワインは 業界を席巻 し、メルローで造るレディガフィが ワインスペクテイター誌 (1997 年) ワインアドヴォケイト誌 (2000 年)にて 100 点を獲得 。 トスカーナのワインのトップ として注目され続けています。

ケイル 2016 トゥア リータ 赤ワイン —— 11,300円

イタリア

トゥア リータ シラー ペル センプレ 2016 トゥア リータ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ ヴィルジリオとリータ夫妻で 『世界レベルのワインを造りたい』 という情熱を持って始まったワイナリーはレディ・ガフィ、ジュストのようにメルローやカベルネ・ソーヴィニョンで一躍脚光を浴びることとなりました。 その後すぐに植えられたのがシラーで当時はあまり注目されていませんでした。 しかし2005年を過ぎてからの躍進が凄まじく、今日では レディガフィに並ぶ彼らのフラグシップワイン と称されるまでになりました。 すべて順調に向かっていたワイナリーでしたが、2010年にオーナーであるヴィルジリオ氏が亡くなってしまいます。当時ワインに名前が無く、氏が愛したシラーに、 追悼の意を込めてシラー ペル・センプレ(永遠に) という名前を付けました。2015年、2016年、2017年は非常に暑い年となったため、スヴェレートでは 素晴らしいシラーが造られています 。 ジェームス・サックリング 96点 INFORMATIONNameTua Rita Syrah Per Sempre Tua Ritaブドウ品種シラー100%生産者名トゥア リータ産地イタリア/トスカーナRegionItaly/Toscana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『絶対欲しい!』 そう思わずには いられなかったです♪ 『お願いします!』 『入荷したらどうしても欲しいんですっ!!』 と、事ある毎に、( かなりしつこく )言い続け、待ち続けたトゥア・リタのワインが、やっと入荷しました! 実は、 2002年夏頃、あるレストランで 、ブラインドで出されたワインがトゥア・リタのものでした。 その時の、 衝撃に近い驚きと感動 。 『絶対欲しい!』 と、思わずにはいられないくらいの物でした。 トゥア・リタは、初リリースが1992年。 当初は、あの、 天才 ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ氏 が関わっていました。 【ワイン専門誌のコメント】 『情熱は只者ではない。』 ここは、1992年が初リリースと言う 、設立されたばかりの小さなワイナリーだ。しかし、最初から 最高品質のスーパー・トスカンのみを輸出向けに造る。 『でも、初リリースがガンベロ・ロッソで評価され、イタリア市場でも人気が出ました。今は国内販売と輸出が半々です。』 元々は、ピオンビーノ市でTVゲームのディストリビューターをしていたご主人は、1984年に、オリーブと麦、ほんの少しのサンジョベーゼとトレビアーノが植えてあったこの土地を 趣味のつもりで購入 した。 『以前から農業には興味があったので、思い切ってワイン造りを生業とする事に決めました。しかし、自分達は新参者ですから、人と同じ事をしていてはダメで、良質の物を少しだけ造る為に、カベルネとメルローを選んだんです。』 そして88年にカベルネとメルローを植えて、トゥア・リタは始まったのである。 その後、若干28歳だった天才ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ と同郷の縁もあって契約。メルロー100%のレディガッフィを造るアイデアは、彼が92年に思いついた物だと言う。 『ルカ・ダットーマは、最近、忙しくなりすぎたので、98年をもって契約を解消し、今は、ステファノ・キオッチリがワイン・メーカーです。 彼は、私達の他に30ものワイナリーを見ていますが、15日間に1回、必ず来て、多くのアドバイスをしてくれます。 ワイン造りのスタイルはそのまま継承し、ただ、細部を向上させていくようにしています。 ワイン・メーカーが代わった時に、違うスタイルにすると失敗する物です。』 トゥア・リタの成功を見て、最近では、他のワイナリーがカベルネとメルローを植えているそうだが、彼らの 先見の明 、商売のセンス、そして、 何より情熱は只者ではない。 既にガンベロ・ロッソの常連であり、益々評価が高まるワイナリーであろう。 まだ、彼らのワインを飲んだ事が無ければ、ぜひ試して欲しいものだ。 (ワイナート誌4号28ページより抜粋) ホントに、ぜひ、試して欲しいんです。 でも、 残念ながら数が少ない…。 幸運にも 手に入れられた方は、出来るだけ多くの人と飲んで、幸せを分かち合って下さい。 ■輸入元様資料より抜粋■ トゥア・リータは当時、全国的に全く無名であったトスカーナ州、スヴェレートの地に1984 年に土地を購入し1988 年にブドウを植樹しました。その後、1992 年に待望の初めて瓶詰めしたワインがリリースされました。 当時トスカーナ海岸線の超一流ワインと言えばサッシカイア、オルネライアぐらいしかありませんでしたが、その時代に彗星のごとく現れ、しかも スヴェレート というボルゲリ地区のものではないこのワインは 業界を席巻 し、メルローで造るレディガフィが ワインスペクテイター誌 (1997 年) ワインアドヴォケイト誌 (2000 年)にて 100 点を獲得 。 トスカーナのワインのトップ として注目され続けています。

トゥア リータ シラー ペル センプレ 2016 トゥア リータ 赤ワイン —— 18,400円

イタリア

バルバレスコ リゼルヴァ 1957 ボルゴーニョ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameBarbaresco Riserva Borgognoブドウ品種ネッビオーロ生産者名ボルゴーニョ産地イタリア/ピエモンテ/バルバレスコRegionItaly/Piemonte/Barbaresco内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ好きに! 伝統を守り続ける エレガント・バローロ♪ 『今度ね、良いバローロが入って来るんですよ!』 数ヶ月前、営業さんからこんな話を聞いた時には、まさか、今回のような嬉しい出会いになるとは、思いもしませんでした。 でも、つい先日、試飲の機会があり、エレガントな香りの立ち上り方、しなやかな質感、ジューシーな酸味、品の良い柔らかみを帯びたタンニンに、ひと口飲んで、 完全ノックアウト…(驚) そして、トップ・キュベのカンヌビを飲んで、確信しました。 『ブルゴーニュっぽい♪』 ブルゴーニュ好きの私のツボにはまった、このバローロ。 絶対、ブルゴーニュ好きのお客様に、喜んで頂けると考えていたところ、目の前で一緒に試飲していた営業さんが言いました。 【プロの評価】 『ブルゴーニュみたいでしょ。マッチョなバローロばかりじゃなく、こういう エレガント・バローロ 、良いですよね!』 そう、やっぱりそうなんです! ブルゴーニュ好き の皆様に、是非飲んで頂きたいバローロなんです!! このワインの造り手、ちょっと長いですが、フラテッリ・セリオ・エ・バッティスタ・ボルゴーニョと言います。 19世紀の終わりから、バローロの丘で、ワイン造りを行っている、名門で、実は 『何で今まで、日本に入ってなかったか、不思議。』 というほどの存在なのだとか。 優れたバローロの代表格、カンヌビに3haの畑を持つ、この造り手。伝統的スタイルにこだわり… 『バローロにバリックなんて、ありえない!』 と、 大樽での熟成 は勿論のこと、今では珍しい、 木製樽(Tin)での発酵 を行っているそうです。 そんな、昔ながらの良さを守り続けて生み出されたバローロは、香り、味わい、タンニン共にしなやかさがあり、何ともエレガント。そして、 品があります。 バローロを買ってみたけど、固くてマッチョで、飲み頃がまだまだ…なんてご経験のある方もいらっしゃると思いますが、彼らのワインは、大樽でゆっくりと寝かせる事で、全体にしなやかに、調和の帯びた味わいになっているので、 今すぐ、美味しく飲めます。 美しい酸を備えた美味しさは、熟成のポテンシャルもあり、現地を訪問した営業さんは、2001年物を飲んで美味しかったため、いつか、譲ってもらおうと考えていると教えてくれました。 しかも、バローロにしては、 価格も良心的! 家族経営で、伝統的な造りを続ける彼ら。なんと、造り手さんは市長さんでもあるそうで、商売っ気が強くないようで、私達には嬉しい限りです♪ 嬉しい事尽くめのバローロ、いち早く皆様に、ご紹介させて頂きます。 ブルゴーニュ好きに! 伝統を守り続けるエレガント・バローロ!!

バルバレスコ リゼルヴァ 1957 ボルゴーニョ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S —— 24,400円

イタリア

バローロ ピエ ルペストリス 2012 カッペッラーノ 赤ワイン S

INFORMATIONNameBarolo Pie' Rupestris Cappellanoブドウ品種ネッビオーロ生産者名カッペッラーノ産地イタリア/ピエモンテRegionItaly/Piemonte内容量750mlWA−/Issue −WS96/Issue Feb 28, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating バローロの 偉大な造り手 『カッペッラーノ』 ■輸入元様資料より抜粋■ 1870年創業のカッペッラーノはもともとセッラルンガに60ha以上の畑を有する 大規模なワイナリー だった。 自社畑のブドウにとどまらず、買いブドウでもワインを造っていたが、 ブドウの“目利き” にも長けていて、 『カッペッラーノが買ったブドウ』 という言葉が、 そのブドウの品質の高さを保証するもの と認識されていた。 今現在は、 バローロを代表するクリュであるガブッティ を中心に数ヘクタールの畑を持つのみで、4種類のワインを生産。 現当主のアウグストは、畑でのアプローチや醸造哲学は父のイズムを完全に踏襲してはいるが、天才肌だった父テオバルドがワイナリーに遺していった数々の“混沌”を何年もかけ整理しつつ、 自身のアイデアを持ち込みワイナリー内のマイナーチェンジを図っている 。

バローロ ピエ ルペストリス 2012 カッペッラーノ 赤ワイン S —— 7,100円

イタリア

バローロ リゼルヴァ カンヌビ 1964 フラテッリ セリオ エ バティスタ ボルゴーニョ 720ml 瓶汚れあり 赤ワイン tp S

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ■ワインの状態について■ 経年に伴い、液面が低い状態でございます。 ご了承の上、お買い求め下さい。 ■瓶口について■ キャップ・ネックシールが異なるものがありますが、ボトルのご指定は出来ません。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 ブルゴーニュ好きに! 19世紀の終わりから、バローロの丘で、ワイン造りを行っている、名門で、 『何で今まで、日本に入ってなかったか、不思議。』 というほどの存在が、このフラテッリ セリオ エ バティスタ ボルゴーニョ。 非常に古風なバローロ で、ジワッと体に染み渡ります♪ ブルゴーニュ好き にオススメしたい熟成バローロです! INFORMATIONNameBarolo Riserva Cannubi Fratelli Serio & Battista Borgognoブドウ品種ネッビオーロ生産者名フラテッリ・セリオ・エ・バッティスタ・ボルゴーニョ産地イタリア/ピエモンテ/バローロRegionItaly/Piemonte/Barolo内容量720mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ好きに! 伝統を守り続ける エレガント・バローロ♪ 『今度ね、良いバローロが入って来るんですよ!』 数ヶ月前、営業さんからこんな話を聞いた時には、まさか、今回のような嬉しい出会いになるとは、思いもしませんでした。 でも、つい先日、試飲の機会があり、エレガントな香りの立ち上り方、しなやかな質感、ジューシーな酸味、品の良い柔らかみを帯びたタンニンに、ひと口飲んで、 完全ノックアウト…(驚) そして、トップ・キュベのカンヌビを飲んで、確信しました。 『ブルゴーニュっぽい♪』 ブルゴーニュ好きの私のツボにはまった、このバローロ。 絶対、ブルゴーニュ好きのお客様に、喜んで頂けると考えていたところ、目の前で一緒に試飲していた営業さんが言いました。 【プロの評価】 『ブルゴーニュみたいでしょ。マッチョなバローロばかりじゃなく、こういう エレガント・バローロ 、良いですよね!』 そう、やっぱりそうなんです! ブルゴーニュ好き の皆様に、是非飲んで頂きたいバローロなんです!! このワインの造り手、ちょっと長いですが、フラテッリ・セリオ・エ・バッティスタ・ボルゴーニョと言います。 19世紀の終わりから、バローロの丘で、ワイン造りを行っている、名門で、実は 『何で今まで、日本に入ってなかったか、不思議。』 というほどの存在なのだとか。 優れたバローロの代表格、カンヌビに3haの畑を持つ、この造り手。伝統的スタイルにこだわり… 『バローロにバリックなんて、ありえない!』 と、 大樽での熟成 は勿論のこと、今では珍しい、 木製樽(Tin)での発酵 を行っているそうです。 そんな、昔ながらの良さを守り続けて生み出されたバローロは、香り、味わい、タンニン共にしなやかさがあり、何ともエレガント。そして、 品があります。 バローロを買ってみたけど、固くてマッチョで、飲み頃がまだまだ…なんてご経験のある方もいらっしゃると思いますが、彼らのワインは、大樽でゆっくりと寝かせる事で、全体にしなやかに、調和の帯びた味わいになっているので、 今すぐ、美味しく飲めます。 美しい酸を備えた美味しさは、熟成のポテンシャルもあり、現地を訪問した営業さんは、2001年物を飲んで美味しかったため、いつか、譲ってもらおうと考えていると教えてくれました。 しかも、バローロにしては、 価格も良心的! 家族経営で、伝統的な造りを続ける彼ら。なんと、造り手さんは市長さんでもあるそうで、商売っ気が強くないようで、私達には嬉しい限りです♪ 嬉しい事尽くめのバローロ、いち早く皆様に、ご紹介させて頂きます。 ブルゴーニュ好きに! 伝統を守り続けるエレガント・バローロ!!

バローロ リゼルヴァ カンヌビ 1964 フラテッリ セリオ エ バティスタ ボルゴーニョ 720ml 瓶汚れあり 赤ワイン tp S —— 17,500円

イタリア

ラモレスカ ロッソ 2016 ラモレスカ 赤ワイン

『まるで映画のような人生!』』 濃いけど滑らか! なんと、あまりの暑さにこの年は葉が枯れてしまったため、いつもより熟度が上がったという2016年。 実際飲むと、濃いタンニンの力強さはあるものの、 ジューシーな酸と滑らかさ があり、飲み心地よくかつ 、スパイシーさやミネラル 、 フローラルなニュアンス など、ただ熟しただけではない事がしっかりと感じられます。 発酵の際に温度管理もしないそうですが、導かれるようにシチリアに移り住んだフィリッポには、シチリアワインの神様が味方してるようです(笑) 白だけじゃなく、 赤もオススメです! ■輸入元様資料より抜粋■ 9月20日から10月15日に収穫。 プラスティックの発酵桶を開放し、温度管理せず自然に発酵。マセレーションは最大30日間。8ヶ月セメント槽、4ヶ月使い古しのバリックで熟成。 ネロ・ダーヴォラ60%/フラッパート30%/グルナッシュ10% INFORMATIONNameLamoresca Rosso Lamorescaブドウ品種ネロ・ダーヴォラ60%/フラッパート30%/グルナッシュ10%生産者名ラモレスカ産地イタリア/シチリア/サン・ミケーレ・ディ・ガンツァリアRegionItaly/Sicilia内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《まるで映画のような人生》 移動距離2300kmが生んだ奇跡! 『noma』初採用シチリア・ワイン!! 『世界のベストレストラン』 に輝き、その後も常に新たなチャレンジで世界を魅了し続けるレストラン 『noma』 。 料理のみならず、ワインリストでも注目される彼ら。日本での期間限定営業の際も、日本酒にもこだわりを見せるなど、そのセンスはさすがです。 そんな『noma』が、グラスワイン用に シチリア・ワインとして初採用 したのが、今回ご紹介する、『ラモレスカ』の白ワインです! そんな名誉に預かったラモレスカの造り手フィリッポ。一体、何世代続く伝統ある造り手かと思いきや… なんと、ベルギーで大人気トラットリアを経営していたのに、 自らワイン造りをするために2,300kmを超えシチリアにUターン 、試行錯誤の末、 あの『noma』も認めるワイン を生み出すほどの造り手になったそうなんです! お店も順調で順風満帆だったフィリッポ訪れた、運命の出会い。 その人とは、今やシチリアの造り手でも ひときわ存在感を放つ造り手 となった、 フランク・コーネリッセン でした。 『当時、 シチリアに高品質なワインは無かった。ベルギーでインポーターをしていたフランク・コーネリッセンと出会い、シチリアに興味を持った。』 2005年、シチリアのシラクーサ、パッキーノのブドウ畑を購入、既にエトナに移住していたフランク・コーネリッセンに醸造を依頼、そのワインをベルギーにある自らのトラットリアで提供するのが、フィリッポの計画でした。 ところが、フランク・コーネリッセン自らが自分の畑を買い増し、自身のワイン造りに費やす時間が増えてしまったため、フィリッポの醸造にまで手が回らないという事態が発生… この窮地に直面した際、人によりそれぞれの選択肢があると思いますが、フィリッポはなんと、ベルギーの店を売却、シチリアに移住し、 自らワイン造りをスタート してしまったのです! 順調だった店を手放し、全く環境の違う2300kmも離れた土地に移り住むなど、おそらく自分の家族なら、大反対すると思われるこの決断(笑)、 今思えば、フィリッポの決断が正しかった事は明らかですが、ワイン造りは素人の彼、もちろん最初からうまく行くわけはなく、最初は苦労が多かったようです。 ですが、シチリア・ワインに魅せられ、ベルギーで多くの顧客にその魅力を伝えてきた彼を、シチリア・ワインの女神は見捨てませんでした! シチリアの中心、乾燥が激しくアフリカ大陸と近い厳しい環境のため、ブドウ畑は稀、オリーブ、サボテン、小麦の栽培が主という『サン・ミケーレ・ディ・ガンツィリア』で、 畑は完全有機栽培 、 自然環境を守りブドウを育てる という、ある意味、ワイン造りの経験があれば投げ出してしまいそうな状況で、こつこつと経験を重ね、自らのワインのスタイルを確立していくのです。 こうして、シチリアのような暑い地でも、フィリッポ自身が 『毎日飲みたい』軽快さの中に味わい深さを備えたワイン を手掛けるようになりました。 そんなフィリッポのワインに目をとめたのが、『noma』! 映画のような話ですが、実話なので、フィリッポが実際に手掛けたワインが飲めます! 移動距離2300kmが生んだ奇跡!『noma』がグラス・ワインに初採用したシチリア・ワインです!!

ラモレスカ ロッソ 2016 ラモレスカ 赤ワイン —— 3,400円

イタリア

ロダーノ 2016 トゥア リータ 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ オーナーのリータさんが愛した白ワイン。トゥア・リータファンの中では もはや幻ともいえる代物 です。 例年3つのブドウがほぼ均等にブレンドされていますが、2015年に引き続き2016年は暑い年となりブドウの収穫量が減少したため、強烈な日差しに弱いリースリングがやや少なめに。 シャルドネ 、 ゲヴェルツ の割合が増加したことで例年より 骨格がしっかりしていて余韻が長いワイン になりました。 INFORMATIONNameLodano Tua Ritaブドウ品種シャルドネ40%/ゲヴュルツトラミネール40%/リースリング20%生産者名トゥア・リータ産地イタリア/トスカーナRegionItaly/Toscana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『絶対欲しい!』 そう思わずには いられなかったです♪ 『お願いします!』 『入荷したらどうしても欲しいんですっ!!』 と、事ある毎に、( かなりしつこく )言い続け、待ち続けたトゥア・リタのワインが、やっと入荷しました! 実は、 2002年夏頃、あるレストランで 、ブラインドで出されたワインがトゥア・リタのものでした。 その時の、 衝撃に近い驚きと感動 。 『絶対欲しい!』 と、思わずにはいられないくらいの物でした。 トゥア・リタは、初リリースが1992年。 当初は、あの、 天才 ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ氏 が関わっていました。 【ワイン専門誌のコメント】 『情熱は只者ではない。』 ここは、1992年が初リリースと言う 、設立されたばかりの小さなワイナリーだ。しかし、最初から 最高品質のスーパー・トスカンのみを輸出向けに造る。 『でも、初リリースがガンベロ・ロッソで評価され、イタリア市場でも人気が出ました。今は国内販売と輸出が半々です。』 元々は、ピオンビーノ市でTVゲームのディストリビューターをしていたご主人は、1984年に、オリーブと麦、ほんの少しのサンジョベーゼとトレビアーノが植えてあったこの土地を 趣味のつもりで購入 した。 『以前から農業には興味があったので、思い切ってワイン造りを生業とする事に決めました。しかし、自分達は新参者ですから、人と同じ事をしていてはダメで、良質の物を少しだけ造る為に、カベルネとメルローを選んだんです。』 そして88年にカベルネとメルローを植えて、トゥア・リタは始まったのである。 その後、若干28歳だった天才ワイン・メーカー、 ルカ・ダットーマ と同郷の縁もあって契約。メルロー100%のレディガッフィを造るアイデアは、彼が92年に思いついた物だと言う。 『ルカ・ダットーマは、最近、忙しくなりすぎたので、98年をもって契約を解消し、今は、ステファノ・キオッチリがワイン・メーカーです。 彼は、私達の他に30ものワイナリーを見ていますが、15日間に1回、必ず来て、多くのアドバイスをしてくれます。 ワイン造りのスタイルはそのまま継承し、ただ、細部を向上させていくようにしています。 ワイン・メーカーが代わった時に、違うスタイルにすると失敗する物です。』 トゥア・リタの成功を見て、最近では、他のワイナリーがカベルネとメルローを植えているそうだが、彼らの 先見の明 、商売のセンス、そして、 何より情熱は只者ではない。 既にガンベロ・ロッソの常連であり、益々評価が高まるワイナリーであろう。 まだ、彼らのワインを飲んだ事が無ければ、ぜひ試して欲しいものだ。 (ワイナート誌4号28ページより抜粋) ホントに、ぜひ、試して欲しいんです。 でも、 残念ながら数が少ない…。 幸運にも 手に入れられた方は、出来るだけ多くの人と飲んで、幸せを分かち合って下さい。 ■輸入元様資料より抜粋■ トゥア・リータは当時、全国的に全く無名であったトスカーナ州、スヴェレートの地に1984 年に土地を購入し1988 年にブドウを植樹しました。その後、1992 年に待望の初めて瓶詰めしたワインがリリースされました。 当時トスカーナ海岸線の超一流ワインと言えばサッシカイア、オルネライアぐらいしかありませんでしたが、その時代に彗星のごとく現れ、しかも スヴェレート というボルゲリ地区のものではないこのワインは 業界を席巻 し、メルローで造るレディガフィが ワインスペクテイター誌 (1997 年) ワインアドヴォケイト誌 (2000 年)にて 100 点を獲得 。 トスカーナのワインのトップ として注目され続けています。

ロダーノ 2016 トゥア リータ 白ワイン S —— 4,700円

イタリア

箱入り バローロ キナート 2013 カッペッラーノ500ml 甘口

■輸入元様資料より抜粋■ セッラルンガ・ダルバに本拠地を置くカッペッラーノ。 100年以上の歴史を持つバローロ屈指の名門 であり、第2世代に当たるジュゼッペ・カッペッラーノの時代に、 独創的なバローロ・キナートを発明 したことでも有名です。 これがその、 一子相伝で造られる元祖バローロ・キナート です。 キナノキの樹皮、クローブ、ニガヨモギ、シナモン、サトウキビ糖等を葡萄由来のアルコールに溶かし込み、バローロに加えて造られるもの。 甘く複雑な香りと独特の甘苦い味わいの中に、ベースである バローロの優雅さ がしっかり生きています。 ■輸入元様資料より抜粋■ ピエモンテの偉大な生産者カッペッラーノ が造るバローロがベースのリキュールです。カッペッラーノの 熟成したバローロが主原料 なんですよ!めちゃくちゃ贅沢だと思いませんか??ちなみに今回のロットは2013年のバローロが使われております。 1870年創業のカッペッラーノは、バローロの一部の地域に60ヘクタールというとんでもない広さの畑を所有していました。今ではほとんどを手放し数ヘクタールの畑で、現当主アウグストによって4種類のワインが造られています。 バローロ キナートは、薬剤師であった2代目のジュゼッペが生み出した、バローロをベースに砂糖、スピリッツ、キナノキの樹皮、ルバーブやリンドウの根、カルダモンの種などのハーブやスパイスを漬け込んだ薬効酒(リキュール)で、 一子相伝 、 門外不出の手書きのレシピノート に則って、造り始めた当時から使われている機材を用いて生産されています。ワイナリーには1905年や1947年などの歴代キナートのボトルが飾られ、 カッペッラーノの長い歴史を象徴する存在 となっています。 キナノキは南アフリカが原産地のアカネ科キナノキ属の常緑高木(または小高木)で、樹皮からマラリアの特効薬となるキニーネが生産されるため、世界中に広がりました。元々の効果として強壮、健胃、解熱、鎮静などがあり、彼らの地域でも150年前から、 滋養強壮によく効く常備薬用酒 として生み出され、根強いファンを獲得してきました。なんか聞いたことがありますね、そう、 『家庭に1本!』薬用養命酒みたい です。 味わい的には、スパイシーなバローロというよりはイタリアのリキュールのアマーロの方がイメージに近いかもしれません。 特徴的なスパイスの香り 、力強いバローロの味わいとリッチな中盤、そしてキナートの最も美しい部分! 様々な要素が複雑に絡み合っているのに澄み切っている余韻! なかなか終わらない、、、どこまで続くんだーー、、、、悶絶です!も・ん・ぜ・つ。。。こんなに素晴らしいお酒をヴィナイオータで取り扱えることが光栄を通り越して、もう誇りです、誇り(涙)!! もちろんそのまま飲んでもらうのが一番ですが、僕のお気に入りは キナートのソーダ割りにバニラアイスをちょこっと 。「大人のコーラフロート」の完成です!!!笑っちゃいますがホントにめちゃくちゃ美味しい!!あとは チョコレートとも相性抜群 です! 元気100倍!イタリアン・エナジードリンク!!バローロ キナート! 是非お試しください!! レンガ色がかった色を見て、『あ、ネッビオーロ』という第一印象を抱きます。薬草系の香りは、スパイシーで、ミンティーで、香ばしさもり、 ヨモギ や、 蜜 、 樹皮の香り などなどとても複雑。薬草風呂に入っているような感覚にも(笑) トロっとした口当たり に粘性はたっぷりと感じられ、苦味や酸味が各々に表現され、香り同様の複雑さと、どこか、 温かみを感じる味わい にしばし浸れます。 (2018年5月2日試飲) INFORMATIONNameBarolo Chinato Cappellano ブドウ品種ネッビオーロ生産者名カッペッラーノ産地イタリア/ピエモンテ/バローロRegionItaly/Piemonte/Barolo内容量500mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating バローロの 偉大な造り手 『カッペッラーノ』 ■輸入元様資料より抜粋■ 1870年創業のカッペッラーノはもともとセッラルンガに60ha以上の畑を有する 大規模なワイナリー だった。 自社畑のブドウにとどまらず、買いブドウでもワインを造っていたが、 ブドウの“目利き” にも長けていて、 『カッペッラーノが買ったブドウ』 という言葉が、 そのブドウの品質の高さを保証するもの と認識されていた。 今現在は、 バローロを代表するクリュであるガブッティ を中心に数ヘクタールの畑を持つのみで、4種類のワインを生産。 現当主のアウグストは、畑でのアプローチや醸造哲学は父のイズムを完全に踏襲してはいるが、天才肌だった父テオバルドがワイナリーに遺していった数々の“混沌”を何年もかけ整理しつつ、 自身のアイデアを持ち込みワイナリー内のマイナーチェンジを図っている 。

箱入り バローロ キナート 2013 カッペッラーノ500ml 甘口 —— 4,600円

イタリア

送料無料 レ ヴァカンツェ シャルドネ フリッツァンテ デル ヴェネトNV12本セット 微発泡 白 同梱不可 送料無料 代引き手数料 クール便は別途費用が掛かります

送料無料! 存分に楽しんで頂くために、 12本セット をご用意しました。 独り占めもよし、プレゼントして、 皆で楽しむもよし♪ お得に美味しく 、お楽しみ下さい!! ご 購 入 の 前 に スパークリング用の、マッシュルーム型コルクでは無く、スティルワインのコルクですので、抜栓の際は、以下の点にお気をつけ下さい。 ・コルクが圧縮により多少固くなっております。 ・微発泡のため、急にコルクが飛び出す恐れがあります。 『2日酔いになりにくい。』RiverTees様 さっぱり 飲みやすく、とても美味しい。 2日酔いになりにくい。 『箱買いフリツァンテ』 じじぃ87様 デイリーワインとしても みんなでワイワイでも気軽に楽しめる ワインですね。 ほのかな 青リンゴの香り とフリツァンテならではの 優しい炭酸 が食事を選ばず飲めますよ。 ■ワイン名(原語)/Le Vacanze Chardonnay Frizzante del Veneto NV Cantina d'Autore ■色/泡・白(微発泡) ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/カンティーナ・ダウトーレ ■産地/イタリア/ヴェネト ■原産地呼称/IGT ■生産年/NV ■内容量/750ml 癖になりそう♪ プチプチ泡に、 やみつき間違いなし! 『ヴァカンス』 と聞くと、心地よい響きに、 リゾート気分 を思い浮かべずにはいられないはず。 誰もが待ちわびる、ヴァカンスを、 日常に楽しめる1本 が、入荷しました! その名も『ヴァカンツェ(=イタリア語のヴァカンス)』という、シャルドネから造られた、 イタリアの微発泡フリッツァンテです!! 通常のスパークリング・ワインが 『シュワシュワ〜』 だとすると、それよりも優しく 『プチプチ♪』 っとした、白ワインとスパークリング・ワインの 良いとこどりな美味しさ が楽しめる、フリッツァンテ。 アペリティフや、前菜、魚介類との相性はもちろん、食事を通してもOK。キュッと冷やして飲むと、 飲み過ぎ注意の美味しさです 。 しかも、使われているブドウは、あの、世界的に有名な白ワインの産地、北イタリア・ヴェネト州 ソアーヴェ地区のシャルドネ を使用しているというのですから、飲まずにいられるわけ、ありません。 心地よいクリーミーさと、フレッシュさ、のど越しの良さなど、 白ワインの魅力を存分に堪能させてくれる 、微発泡ワインなんです! 既に、 一部巷で人気の1本 が、遂にタカムラにも入荷です!! ヴァカンスにはそうそう行けなくても、冷蔵庫を開ければ、『ヴァカンツェ』が待ってるなんて、最高かも♪ その名も『ヴァカンツェ』! 楽園気分を毎日味わって下さい!!

送料無料 レ ヴァカンツェ シャルドネ フリッツァンテ デル ヴェネトNV12本セット 微発泡 白 同梱不可 送料無料 代引き手数料 クール便は別途費用が掛かります —— 10,100円